FC2ブログ

PySimpleGUI 学習:グラフ表示

2021-03-03 :  PCクリニック
前回(2021-02-24)の記事:
PySimpleGUI 学習:プログラムの雛形
に続いて、
PySimpleGUI27.py を使っての、グラフを表示する方法を纏めた。


先月(2021-02-10)の記事:
PySimpleGUI ってどうかな?」で書いた、
Tkinterを使うのであればPySimpleGUIを使ってみたらという話

  ・・・・・
  ・・・・・
  ・ PySimpleGUIでグラフを描く
   ・ PySimpleGUIのみでグラフを書く方法と・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
へ行き、

  ・・・・・
  ・・・・・
  PySimpleGUIでグラフを利用する場合は大まかに言って2通りあります

   ・ graph-elementを使って描画する
   ・ matplotlibを埋め込んで描画する
  ・・・・・
  ・・・・・
から、
1番目のページへ行き、

いろいろ眺めていたら、
  Trinket / Demo Programs
  Graph Element - Sine Wave
に辿り着いた。

ここに載っている「main.py」
# import PySimpleGUIWeb as sg
# import PySimpleGUIQt as sg
import PySimpleGUI27 as sg # PySimpleGUI を PySimpleGUI27 に。
import math

SIZE_X = 200
SIZE_Y = 100
NUMBER_MARKER_FREQUENCY = 25

def draw_axis():
graph.draw_line((-SIZE_X,0), (SIZE_X, 0)) # axis lines
graph.draw_line((0,-SIZE_Y), (0,SIZE_Y))

for x in range(-SIZE_X, SIZE_X+1, NUMBER_MARKER_FREQUENCY):
graph.draw_line((x,-3), (x,3)) # tick marks
if x != 0:
graph.draw_text( str(x), (x,-10), color='green', font='Algerian 15')
# numeric labels

for y in range(-SIZE_Y, SIZE_Y+1, NUMBER_MARKER_FREQUENCY):
graph.draw_line((-3,y), (3,y))
if y != 0:
graph.draw_text( str(y), (-10,y), color='blue')

sg.change_look_and_feel('DarkAmber') # let's add a little color

# Create the graph that will be put into the window
graph = sg.Graph(canvas_size=(400, 400),
graph_bottom_left=(-(SIZE_X+5), -(SIZE_Y+5)),
graph_top_right=(SIZE_X+5, SIZE_Y+5),
background_color='white',
key='graph')
# Window layout
layout = [[sg.Text('Example of Using Math with a Graph', justification='center', size=(50,1), relief=sg.RELIEF_SUNKEN)],
[graph],
[sg.Text('y = sin(x / x2 * x1)', font='Algerian 18')],
[sg.Text('x1'),sg.Slider((0,200), orientation='h', enable_events=True,key='_SLIDER_')],
[sg.Text('x2'),sg.Slider((1,200), orientation='h', enable_events=True,key='_SLIDER2_')]]

window = sg.Window('Graph of Sine Function', layout)

while True:
event, values = window.read()
if event is None:
break
graph.erase()
draw_axis()
prev_x = prev_y = None
for x in range(-SIZE_X,SIZE_X):
y = math.sin(x/int(values['_SLIDER2_']))*int(values['_SLIDER_'])
if prev_x is not None:
graph.draw_line((prev_x, prev_y), (x,y), color='red')
prev_x, prev_y = x, y
これで、
一応グラフ表示は可能だが、些か行数が多い!




「PySimpleGUIでグラフを描く」のページに、


  公式のグラフ関係のサンプルについて

  PySimpleGUIはサンプルファイルが多くて、
  実装の参考になるもので役に立つサンプルがたくさんあります。

  ・ 公式のデモ

   ・ ・・・<URL>・・・

  ・ 公式のデモ2

   ・ ・・・<URL>・・・

  この中から個人的に役に立つ面白いと感じたサンプルを紹介します


  matplotlibとの連携

  ・・・・・
  ・・・・・

  ・ ・・・<URL>・・・

   ・ matplotlibとの連携です。
     matplotlibを使ったデモはほかにもいくつかあります


この、<URL> つまり、
  https://github.com/
  PySimpleGUI/PySimpleGUI/blob/master/DemoPrograms/Demo_Matplotlib.py
に行った。

#!/usr/bin/env python
from matplotlib.ticker import NullFormatter # useful for 'logit' scale
import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
from matplotlib.backends.backend_tkagg import FigureCanvasTkAgg
import PySimpleGUI27 as sg ##### Python 2.7版
import matplotlib
################################ matplotlib.use('TkAgg')

"""
Demonstrates one way of embedding Matplotlib figures into
a PySimpleGUI window.
Basic steps are:
* Create a Canvas Element
* Layout form
* Display form (NON BLOCKING)
* Draw plots onto convas
* Display form (BLOCKING)

Based on information from: https://matplotlib.org/3.1.0/・・・.html
(Thank you Em-Bo & dirck)
"""


# ------------------ PASTE YOUR MATPLOTLIB CODE HERE --------------
#
# # Goal is to have your plot contained in the variable "fig"
#
# # Fixing random state for reproducibility
# np.random.seed(19680801)
#
# # make up some data in the interval ]0, 1[
# y = np.random.normal(loc=0.5, scale=0.4, size=1000)
# y = y[(y > 0) & (y < 1)]
# y.sort()
# x = np.arange(len(y))
#
# # plot with various axes scales
# plt.figure(1)
#
# # linear
# plt.subplot(221)
# plt.plot(x, y)
# plt.yscale('linear')
# plt.title('linear')
# plt.grid(True)
#
# # log
# plt.subplot(222)
# plt.plot(x, y)
# plt.yscale('log')
# plt.title('log')
# plt.grid(True)
#
# # symmetric log
# plt.subplot(223)
# plt.plot(x, y - y.mean())
# plt.yscale('symlog', linthreshy=0.01)
# plt.title('symlog')
# plt.grid(True)
#
# # logit
# plt.subplot(224)
# plt.plot(x, y)
# plt.yscale('logit')
# plt.title('logit')
# plt.grid(True)
# plt.gca().yaxis.set_minor_formatter(NullFormatter())
# plt.subplots_adjust(top=0.92, bottom=0.08, left=0.10,
# right=0.95, hspace=0.25, wspace=0.35)
# fig = plt.gcf()
#


fig = matplotlib.figure.Figure(figsize=(5, 4), dpi=100)
t = np.arange(0, 3, .01)
fig.add_subplot(111).plot(t, 2 * np.sin(2 * np.pi * t))

# ------------------ END OF YOUR MATPLOTLIB CODE --------------------

# ------------------ Beginning of Matplotlib helper code --------------

def draw_figure(canvas, figure):
figure_canvas_agg = FigureCanvasTkAgg(figure, canvas)
figure_canvas_agg.draw()
figure_canvas_agg.get_tk_widget().pack(side='top',fill='both',expand=1)
return figure_canvas_agg

# ------------------ Beginning of GUI CODE ----------------------------

# define the window layout
layout = [[sg.Text('Plot test')],
[sg.Canvas(key='-CANVAS-')],
[sg.Button('Ok')]]

# create the form and show it without the plot
window = sg.Window('Demo Application - Embedding Matplotlib In PySimpleGUI', layout, finalize=True, element_justification='center', font='Helvetica 18')

# add the plot to the window
fig_canvas_agg = draw_figure(window['-CANVAS-'].TKCanvas, fig)

event, values = window.read()

window.close()
これなら、これまで<紙>が行っているコード流に近い。
(一部<紙>の知らなかったコードもあるが)
そもそもの問題であった、
  「could not find or load the Qt platform plugin "windows"」
のエラーも起こらない。


この流儀(?)を学習しよう。



手始めに、(<紙>にとって)分かりやすいコードにしてみた:
# -*- coding: utf-8 -*-

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
from matplotlib.backends.backend_tkagg import FigureCanvasTkAgg
import PySimpleGUI27 as sg ##### Python 2.7版
import matplotlib

'''
Demo. one way of embedding Matplotlib figures into a PySimpleGUI.
Basic steps are:
* Create a Canvas Element
* Layout form
* Display form (NON BLOCKING)
* Draw plots onto convas
* Display form (BLOCKING)
'''

# ------------------------ PASTE YOUR MATPLOTLIB CODE HERE ----------
fig = matplotlib.figure.Figure(figsize=(5, 4), dpi=100)
t = np.arange(0, 3, .01)
fig.add_subplot(221).plot(t, 2 * np.sin(2 * np.pi * t))
fig.add_subplot(224).plot(t, np.exp( t))
# ------------------------ END OF YOUR MATPLOTLIB CODE ---------------

# ------------------------ Beginning of Matplotlib helper code ----------
def draw_figure(canvas, figure):
figure_canvas_agg = FigureCanvasTkAgg(figure, canvas)
figure_canvas_agg.draw()
figure_canvas_agg.get_tk_widget().pack(side='top',fill='both',expand=1)
return figure_canvas_agg

# ------------------------ Beginning of GUI CODE ------------------------
# define the window layout
layout = [[sg.Text('Plot test')],
[sg.Canvas(key='-CANVAS-')],
[sg.Button('Ok')]]

# create the form and show it without the plot
window = sg.Window('Demo Application', layout, finalize=True,
element_justification='center')

# add the plot to the window
fig_canvas_agg = draw_figure(window['-CANVAS-'].TKCanvas, fig)

event, values = window.read()

window.close()
これが、基本的なコード例かな?



本日はここまで。


PySimpleGUI の学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201211
スポンサーサイト



PySimpleGUI 学習:プログラムの雛形

2021-02-24 :  PCクリニック
前回(2021-02-17)の記事:
PySimpleGUI 学習:PySimpleGUI27 導入
に続いて、
PySimpleGUI27.py を使ったプログラムの雛形を纏めた。


先ずは、前回のコードの復習:
=============================================
# -*- coding: utf-8 -*- # ファイルのコードは、UTF-8

import PySimpleGUI27 as sg # Python 2.7 版

layout = [ # “レイアウト”定義
[sg.Text('Python GUI')],
[sg.Text(u'名前', size=(15, 1)), sg.InputText('hogehoge')],
[sg.Text(u'住所', size=(15, 1)), sg.InputText('dokoka')],
[sg.Text(u'電話番号', size=(15, 1)), sg.InputText('xxx-xxx-xxx')],
[sg.Submit(button_text=u'実行ボタン')]
]

window = sg.Window(u'住所を入力', layout) # “ウィンドウ”生成

while True: # “イベントループ”
event, values = window.read()
if event is None: # 'None' は、クローズボタン
print('exit') # コンソール出力
break
if event == u'実行ボタン':
show_message = u"名前:" + values[0] + u'が入力されました。\n'
show_message += u"住所:" + values[1] + u'が入力されました。\n'
show_message += u"電話番号:" + values[2] + u"が入力されました。"
print(show_message) # コンソール出力

sg.popup(show_message) # ポップアップ出力

window.close() # 終了処理
=============================================
コメント:
 ■ “ウィンドウ”に登録する“レイアウト”は、
   入れ子のリスト、即ち、各行に配置するエレメントを
   リストの形で用意する。

 ■ “イベントループ”:プログラムは、イベント駆動型である。
   “window.read()”で、イベントの発生を待機し、
   発生した「イベント」に応じた処理を実行する。

   “read メソッド”の戻り値は、
   ( イベント名, エレメントからの戻り値 )
   の形のタプルである。



(<紙>の)参考資料:
Tkinterを使うのであればPySimpleGUIを使ってみたらという話
に載っている、
  ・・・・・
  ・・・・・
  日本語のPySimpleGUIの解説
  ・・・・・
  ・・・・・
  「(外部サイト)・・・GUIアプリを作ってみた ~その3~ イベント処理
を参考に、

handler”を使う方法:
==========================================
# -*- coding: utf-8 -*- # ファイルのコードは、UTF-8

import PySimpleGUI27 as sg # Python 2.7 版

# -------------------------------------------------------------------
def ok_func():
print xn,yn

def submit_func():
up_text = zn*2
# 内容の更新はエレメントのkeyの値に「.update("文字列")」を入れる。
window['Input-1'].update(up_text)

# -------------------------------------------------------------------
IN = open( 'IN_File', 'rt' )
wf = IN.read()
IN.close()
ww = wf.split( '\n' ) # 改行で区切る(改行文字は含まれない)
( xn, yn, zn ) = map( int, ww[4].split()[1:4] )

up_text = zn

# -------------------------------------------------------------------
# 使いたい関数とkeyをセットにして辞書にするだけ
handler = {
'-OK-': ok_func,
'Submit': submit_func,
}

layout = [
[sg.Text('Sample Text') , sg.InputText(zn, key='Input-1') ],
[sg.Button('OK', key='-OK-')],
[sg.Submit(), sg.Cancel()]
] # 'Submit', 'Cancel'というButtonが標準で用意されている。

window = sg.Window('Sample', layout=layout)

while True:
event, value = window.read()
if event in [None, 'Cancel']:
break

function = handler[event] # handlerからevent対応関数を呼び出す
function()

window.close() # 終了処理
===========================================



本日はここまで。


PySimpleGUI の学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201210

PySimpleGUI 学習:PySimpleGUI27 導入

2021-02-17 :  PCクリニック
前回(2021-02-10)の記事:
PySimpleGUI ってどうかな?」の
最後に書いている、
ブックマークした:
 「PySimpleGUI-readme.ja.md at master
には、

  ・・・・・
  ・・・・・

  インストール

  PySimpleGUIをインストールする一般的に2つの方法があります。

   1. PyPIからpipでインストールする
   2. PySimpleGUI.pyファイルをダウンロードして、
     アプリケーションのフォルダに配置します

  ・・・・・
  ・・・・・

とある。

<紙>の環境は、“Anaconda”の“Python 2.7”なので、
pipは避けたい。標準はcondaなので、やってみたが、
“AVG”で邪魔されたり、インストールに時間が掛かる。

また、基本的に“Python 3”用ダ。


何とか、単一のPySimpleGUI.pyファイルを探したが、なかなか見つからない。


・・・・・・・・・・


やっとのことで、
PySimpleGUI27 2.4.1 - PyPI
に辿り着いた。

「PySimpleGUI27-2.4.1-py3-none-any.whl (250.8 kB)」
じゃなくて、
PySimpleGUI27-2.4.1.tar.gz (399.0 kB)」
の方ですね。

この書庫の中の“PySimpleGUI27”フォルダの中にある、
PySimpleGUI27.py”1つでOK。


テストしたサンプルコードは、“psgui01.py”
これは、前回記事の最後に書いている、
ダウンロードした、PDF文書「PySimpleGUI入門」の2ページ目にある。

但し、
import文は、「import PySimpleGUI27 as sg」とし、
print関数を、printにして、
文字定数は、「u'イベント:」の様に書き換えた。

これは、いけそうダ。


最後に、当該PDF文書から抜粋。
===================================================================
2.1 使用方法の概略
 Python 処理系で PySimpleGUI を利用するには,先ずライブラリを読み込む.
   import PySimpleGUI as sg

 PySimpleGUI では GUI の構成要素をウィジェットと呼び,
 これらのインスタンスを必要に応じて生成し組み合わせることで GUI を構築する.
 また,他のツールキットと同様に,PySimpleGUI でもイベント駆動型のプログラミ
 ングのスタイルで GUI アプリケーションを構築する.

2.1.1 ウィジェットの配置
 GUI のウィンドウは Window オブジェクトであり,
 これを生成するとウィンドウが表示される.
 また使用する個々のウィジェットは Window オブジェクトに登録する.
 このとき,Window オブジェクトに登録するウィジェット群はリストの形で用意:

 ■ ウィンドウに登録するウィジェットのリスト
   [ [1 行目のウィジェット 1, 1 行目のウィジェット 2, …],
    [2 行目のウィジェット 1, 2 行目のウィジェット 2, …],
                        … ]
 このように入れ子のリスト,すなわち,各行に配置するウィジェットを
 リストにして更にそれらを要素とするリストの形でウィジェット群を用意する.

 ■ Window オブジェクトの生成
   Window( タイトル, ウィジェットのリスト )

 これを実行することで GUIのウィンドウである Window オブジェクトが生成される.

 ウィジェット:PySimpleGUI 以外の GUI ツールキットにおいてはコンポーネント
        あるいはコントロールと呼ばれることがある.

2.1.2 イベントループ
 イベント駆動型プログラミングは次のような流れで実現される.

 1. イベント発生の待機
 GUI からイベントが発生するのを待ち続ける.イベントが発生すれば次に進む.

 2. イベントに応じた処理(コールバック)の実行
 イベント発生源のウィジェットや,発生したイベントの種類から.
 行うべき処理(イベントハンドラ)を選択して実行する.処理が終われば1.に戻る.

 発生したイベントは,Window オブジェクトに対して read メソッドを
 実行することで受信する.read メソッドの戻り値は

   (イベント名, ウィジェットからの戻り値)

 の形のタプルである.
 実際にはこのような戻り値から実行すべき処理を判断して起動する.
 「ウィジェットからの戻り値」は辞書オブジェクトであり,
 実装されたウィジェット群の値が辞書オブジェクトの形で得られる.
 read メソッドの戻り値の扱いに関しては後の「3.2.1.1」で例を挙げて説明する.

 ウィンドウのクローズボタンがクリックされるとそれがイベントとなり,
 イベント名として None が得られる.

2.1.3 GUI プログラムの終了
 処理を終了するには Window オブジェクトに対して close メソッドを実行する.


この GUI は文字列「これは PySimpleGUI を使ったサンプルプログラムです.」
を表示し,その下に 2 つのボタン
「Quit」「OK」を備え,「Quit」or クローズボタンをクリックすると終了する.
これを実装したものが psgui01.py である.
===================================================================



本日はここまで。


PySimpleGUI の学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201209

PySimpleGUI ってどうかな?

2021-02-10 :  PCクリニック
“Tkinter”を使った“WinPython”GUIプログラムで、
更に、“matplotlib”で画像やグラフを表示しようとすると、
以前は正常に動いていたのだが、最近の“Anaconda”では、

  「could not find or load the Qt platform plugin "windows"」

と云った様なエラーメッセージが出て、終了してしまう。


これへの対処法を探して見ると、

  システム環境変数:QT_PLUGIN_PATH を設定する。
  と直る。

とあった。

なので、<紙>の場合は、

  D:\TOOL\Anaconda2\Library\plugins

を設定した。

これで、エラーなく動くようになった。



ところが、・・・・・

<紙>は“コーデック内蔵の無料メディアプレーヤー”として、
SMPlayer」を使っているのだが、
上記の“システム環境変数”設定が原因で、逆に、
SMPlayerの方で上記のエラーメッセージが出る???


そこで、
「Python Tkinter Matplotlib Qt windows」と検索していたら、

Qiita @dario_okazaki 2020年11月16日に更新
  「Tkinterを使うのであればPySimpleGUIを使ってみたらという話
   Python GUI Python3 Tkinter PySimpleGUI
を見つけた。

“Python3”とあるのは、些か気になるが、
“PySimpleGUI” は大いに気になった。

記事の書き出しは、

  ページを読んでできるもの

  ・ Pythonで以下の入力内容のGUIが簡単に作れます

  ・ 基本的な入力(テキストボックス、チェックボックス)
    ・ テキストボックスにはデフォルトで入力が、
     チェックボックスにはチェックが入っています
    ・ 入力された内容をポップアップで表示する

  ・・・・・
  ・・・・・

  問題なのは以下のところです。

  ・・・・・
  ・・・・・

  Tkinterはウィジェットを配置する際はまず自分が何(ラベル、ボタン、
  テキストボックス etc)を設定します。
  そしてそのあとに配置する場所を指定します。

  Tkinterでグリッドレイアウトを用いる際は、grid関数にrow, columnを
  使ってレイアウトを調整します。
  今回は縦×横が3×2のレイアウトなのでまだいいですが、
  例えば5×10などウィジェットが増えていくと、コードを
  ぱっと見ただけではレイアウトがよくわからなくなります。

  PySimpleGUI

  PySimpleGUIは2018年から開発が始まったライブラリーです。

  ・ github
    PySimpleGUI / PySimpleGUI
   ・ https://github.com/PySimpleGUI/PySimpleGUI

  ・ 公式ドキュメント
    PySimpleGUI : Python GUIs for Humans
   ・ https://pysimplegui.readthedocs.io/en/latest/

  Tkinter、Qt、WxPython、Remiのラッパーで公式では
  もとのライブラリーで書く場合と比べて、コード量が2分の1から
  10分の1程度でかけると書いてあります。
  私自身も実際に書いてみてTkinterで書くよりもはるかに短いコード量で
  かけると思いました。

  最大の特徴は、リストを使用して、UIのレイアウトを配置することです。
  実際に使用して見ましょう。

  インストール方法はpipで簡単にインストールできます

  ・・・・・
  ・・・・・

これは、少々学習してみよう。


実は、
6年前(2015-03-15)の記事:
Python 学習:GUI アプリ は PyQt4 に決め
で書いている:
  テキスト・ファイルを入力として、“PyQt4”のプロフラムを出力する。
は、
それ以前の、
  テキスト・ファイルを入力として、“Tkinter”のプロフラムを出力する。
ものの移植版であった。

今回見つけた“PySimpleGUI”は、
この自作のものより、はるかに使いやすくしたものの様だ。



幾つか、参考になるページをブックマーク:
 「PySimpleGUI: The Simple Way to Create a GUI With Python
 「PySimpleGUI
 「PySimpleGUI-readme.ja.md at master
そして、
 K-TechLabo の「PySimpleGUI入門」PDF文書:
        k-techlabo.org/www_python/PySimpleGUI.pdf
 をダウンロードさせて頂いた。



本日はここまで。


PySimpleGUI の学習を続ける。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201207

Excelのファイルは、“ZIP書庫”だった

2021-02-03 :  PCクリニック
昨年11月21日付で、
“Yahoo! JAPAN”の記事詳細から、“Infoseekニュース”で、

  「知らなかった!」「これは便利」 Excelファイルを「zip」にして
  解凍すると画像を取り出せる方法

なる記事を見つけた。

今となっては、消えている。

でも、“ねとらぼ”で見つけることが出来る。

    2020年11月21日 19時15分 公開
  「知らなかった!」「これは便利」 Excelファイルを「zip」にして
  解凍すると画像を取り出せる方法 (1/2)

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2011/21/news043.html

  他のWordやPowerPointでも使える便利な方法。


  Excelファイルの拡張子を「zip」にして解凍(展開)すると、
  貼り付けられた画像を取り出せる方法がTwitterで
  「知らなかった」「すごい!」と話題になっています。

  ・・・・・
  ・・・・・



それで、
古い版の Excel で作った“.xls”ファイルで試してみた。


  “Workbook”と云う名のサイズの大きなファイルはあったが、・・・


この“.xls”ファイルを、
「LibreOffice」の“Calc”で、“.xlsx”に変換してやってみた。


確かに、
当該記事にある如く、

  ・・・・・
  ・・・・・

  「xl」フォルダ内の「media」フォルダに画像がまとめられ・・・

  ・・・・・
  ・・・・・

の通りだった。



なお、当該記事の後半には、

  ・・・・・
  ・・・・・
   ちなみにWordファイル(拡張子が「.docx」)やPowerPoint(拡張子が
  「.pptx」)でも同様の方法が使えるのを確認しています。
  また「.xls」といった以前の標準ファイル形式(末尾に「x」が付かないもの)
  は、一度開いてから現在の標準ファイル形式で保存し直せば、
  同じ方法が使えるといった声が寄せられています。
  ・・・・・
  ・・・・・

ともありました。



これは、知っておいて損ではないですネ。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201121,1231

Windows 10 バージョン 20H2 へのアップデートは失敗だった

2021-01-27 :  PCクリニック
前回(2021-01-20)の記事:
Windows 10 バージョン 20H2
では、

メインマシン:Windwos 10 Pro では、

  ・・・・・
  ・・・・・
  リブート後に、もう1件出てきた。
  これは、“準備が出来たら実行する”とかと云った表示が出ていたが、
  さして気にせず、実行を開始した。
  途中、バージョン“20H2”とかの表示があった様だった?
  ・・・・・
  ・・・・・

と云うことで、
図らずもバージョンアップを行ってしまった。


しかし、
程なくして、(<紙>にとっては)非常に重要なアプリを使おうとした。

しかし、既存プロジェクトに、新たなフォルダを作成しようとしたところ、
完全にフリーズして、二進も三進も行かなくなった。

アプリの修復を試みたが、結果は変わらず。

いろいろ、調査したが、解決策は見つからない。


これでは、仕事が出来ないので、
アップデートを無かったことにしようとして、
検索した。


Windows 10 20H2にアップデート後、前のバージョンに戻す方法
【更新日:2020.11.24】

前のバージョンのWindows10に戻す方法

猶予は10日!Windows 10 2004を以前のバージョン/ビルに戻す方法

と云った記事が見つかった。


要するに、
  “Windows 10”において、バージョンを“1909”から、
  “20H1”即ち“2004”や、“20H2”にアップグレードした場合、
  元に戻せるのは、10日以内に限る。
と云うことですね。


早速、“躊躇なく”元に戻すことにした。
メインマシンも、サブマシンも。
サブは、2004 即ち以前 20H1 と云っていたもの。

どちらのマシンも、1909 に戻った。
これで、上記重要なアプリも、元通り使えるようになった。

但し、メインマシンの「IME」の“IMEは無効です”表示も元に戻った。
(実際は、有効なのだが)

なお、“~ - ショートカット”は、付加されないままであった。



これ:“20H2”に対応しないアプリがあるかも知れないことは、
知っておいて損ではないですネ。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

210120

Windows 10 バージョン 20H2

2021-01-20 :  PCクリニック
2台あるPCの内、
Windowsアップデートが、どうしても手動に出来ない方が、
勝手に長時間の更新を行って、その後処理にも長時間掛かった。

ここで、
メインPC(手動更新に設定している)は、前回更新から4ヶ月経っている様なので、
これを機に更新することにした。

最初に9件だったか、とりえず更新した。

リブート後に、もう1件出てきた。
これは、“準備が出来たら実行する”とかと云った表示が出ていたが、
さして気にせず、実行を開始した。
途中、バージョン“20H2”とかの表示があった様だった?


この更新処理が長すぎて、結果的に、1日中、マシンが使えなかった。

途中、外出している間は、サスペンドしていたが、
多分、トータルで6時間以上掛かった様だった。



ここで、
初めに更新したPCのバージョンを確認して見たら、“2004”だった。


メインPCで、先ず良くなったことは、
  Windows 10 にアップグレードした時から、
  “インジケーター領域の[IME]アイコン”が、
  「IMEが無効です」となっていて、変更できない。
  でも、一応日本語入力は可能であった。
これが、直ったのである。
キッチリ正常に表示されるようになった。

一方で、悪くなった(?)ことは、
ドラッグ&ドロップで、“ショートカット”を作ったとき、
「~ - ショートカット」と付加される設定が元にもどった。



それで、
20H2”について、検索してみた。

“@IT”の 2020年11月12日 05時00分 公開 記事:
Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)の変更点まとめ
  Windows 10の秋の機能アップデート「Windows 10 October 2020 Update
  (バージョン20H2)」の提供が開始された。
  新機能は少ないものの、細かい改良が行われている。
  Windows 10のバージョンごとのサポート期間なども含め、
  主な変更点をまとめてみた。

が見つかった。

但し、
  この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。
とのことです。


それで、

  Windows 10 October 2020 Updateのバージョン表記が変更に
  Windows 10のバージョン表記が変更になり、
  これまでの「西暦下2桁+完成月2桁」から「西暦下2桁+半期表記」となった。
  このため、October 2020 Updateのバージョンは、
  「Windows 10 バージョン20H2」となる。

  ・・・・・
  ・・・・・


  ここでは20H2についての概要と新機能について解説を行う。


  バージョン表記が変わる
    上記の通り。


  秋の機能アップデートは短時間で更新できる
   但し書き:
    前述のように短時間で機能アップデートが完了できるのは、
    20H1がインストールされているPCのみで、それ以前の
    Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)や
    May 2019 Update(バージョン1903)は、
    通常の機能アップデートと同様に、再起動時に進行状態をパーセントで示す、
    時間のかかる機能アップデートとなる。


  サポート期間を延ばすために20H2を適用すべきバージョンは?


  新機能は少なめ


  [コントロールパネル]と[Windowsの設定]アプリの変更


  [スタート]メニューがテーマに対応


  Chromium版Microsoft Edgeが正式な同梱アプリになった


  その他の変更点

    「集中モード」は通知の煩わしさが改善

    「タブレットモード」は20H1での変更をブラッシュアップ


  ・・・・・
  ・・・・・


まあ、特段の問題はなさそうだ。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

210116

NIMS 物質・材料データベース (MatNavi) からのメール

2021-01-13 :  理科部 部活
昨年11月20日に、
「◆重要◆NIMS物質・材料データベース (MatNavi)よりお知らせ」メールが届いた。


内容は、

 ■──────────────────────────────────■
   MatNaviユーザ登録・認証システム移行に関するお知らせ
 ■──────────────────────────────────■

 【1】ユーザの再登録について
  2020年11月30日18:00 (JST)に現在のMatNaviユーザ登録システムは停止します。
 これに伴い、現システムにご登録いただいたユーザ情報につきましては、
 全て破棄され、ユーザ登録は無効となります。
 つきましては、下記の日時以降にユーザの再登録をお願い致します。
  ◯ 2020年12月1日 15:00 (日本時間)よりユーザ登録が可能となり、
 引き続きMatNaviがご利用いただけます。 

 【2】Javaアプレットを使用したサービスの終了について
  安全性の観点から、各ブラウザにおける動作性やセキュリティの担保が難しい
 Javaアプレットを使用した下記サービスの提供は終了いたします。
 (なお、Javaアプレット不使用であるデータシートの閲覧は引き続き可能です。)
  1)クリープデータシート (CDS)のファクトデータベース
  2)疲労データシート (FDS)のファクトデータベース
  3)CCT線図データベース (CCTD)のJavaアプレットによるCCT図表示

 【3】一部サービス業務の終了について
   以下のデータベースにつきましては、当初の目的を果たしましたので、
 サービス業務を終了致します。長らくのご愛顧をありがとうございました。
  1)中性子反応データベース (NeuTran)
  2)界面熱伝達率データベース (ITC)
  3)金属組織データベース (Kinso)
  4)溶接熱履歴シミュレーション

 【4】一部データベースの移行
  下記のデータベースにつきましては、他の関連データとの連携の容易さなど、
 更なる利便性向上のために、Materials Data Repository (MDR)*
  (https://mdr.nims.go.jp/)に移行致します。
  1)放射性物質の除去・回収技術のためのデータベース (READS)
  2)傾斜機能材料データベース (FGMs Database)

 ■──────────────────────────────────■
 * Materials Data Repository (MDR) 
  MDRは、NIMS公式の材料データリポジトリであり、NIMSを中心とする研究関連
 機関の論文を始めとして、各種材料データ、計測データ、さらに論文に付随する
 バックデータを収集・整理・保存すると同時にその活用を目指すものです。
 すなわち、材料研究ユーザにとっては、使いやすデータベースが整備され、
 AIやMI関連のユーザにとっては使い易いデータセットの構築が可能となり、
 データ駆動型研究を加速させる事ができます。言い換えれば、MDRを起点として、
 これらを統合化することにより、マテリアル研究開発におけるデータを活用した
 研究開発の効率化・高速化・高度化が図れます。
 このMDRではどなたでも目的の試料・装置・手法などからデータを検索し、自由
 に閲覧やダウンロードしてデータを利用することができます。
 なお、ご利用に際してユーザ登録は不要で、利用料も無料です。
 ぜひ、ご利用ください。

  Materials Data Repository (MDR):
  https://mdr.nims.go.jp/

だった。


なので、
(昨年)12月1日に、再度のユーザ登録を行った。
(パスワードは変えて、長くした。)


確認の為、
前回の“リニューアル”時の記事(2010-07-10):
MatNavi リニューアル
で試したのと同じ「SiO2」で検索してみたら、
前回(16件)だったが、倍の32件見つかった。


これからも、時々利用させて頂こう。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201120,1201

Windows 7 マシン を Windows 10 にアップグレード (2)

2020-12-30 :  PCクリニック
昨年末(2019-12-20)、同名の記事:
Windows 7 マシン を Windows 10 にアップグレード
を書いている。

  ・・・・・
  ・・・・・

  そこで、
  現状使っているPCを、Windows 10 にアップグレードすることにした。

  手始めに、上書きでアップグレードする。

  作業手順は?

  丁度イイ記事を見つけた:
  「終了しているWindows 10への無償アップグレードを無料でやる方法!」
     これは、今年8月5日の記事?

  基本的に、
  当該記事のママ。

   ● まだ無料でWindows 10にアップグレードできる
     ・2016年に終了とアナウンスされていたが、・・・


   ● アップグレード前に確認しておくことは?
     ・ライセンス認証されたWindows 7 ・・・


   ● Windows 10へアップグレードする
     ・システムイメージをバックアップしておこ・・・


  最初は、ここまで。

  ・・・・・
  ・・・・・



今回、仮想環境(VMware Workstation Player)で、
Windows 10 マシンが欲しくなった。

疾うの昔に、無料でWindows 10にアップグレードできる期限が切れている。

だが、
仮想マシンは、ライセンス認証された Windows 7 である。

やってみることにした。


インストーラーは、2019年7月14日に作成しておいた、ブータブルUSBメモリ。

これで、仮想マシンにインストールしようとしたが、
残念ながら、USB媒体が読めなかった(ドライバが無い?)

それでは、と、仮想マシン(Windows7)を立ち上げ、
USBメモリをホストにマウントして、
USBメモリ内“x64”フォルダだけを丸ごと、仮想マシンにコピーした。

この“x64”フォルダ内の“setup.exe”(タイムスタンプは2019.06.12)で、
(アップグレード)インストールを実行。

“全て引き継ぐ”として、所要約25分。


正常に立ち上がったので、
・VMWare Tools をアップグレード。
・画面サイズを、1680x968 に設定。

ライセンスは、・・・認証済み ダ!


やはり、“Windows 7”からなら、
(仮想マシンだからか?)“Windwos 10”に無償でアップグレード出来る?



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201115

Hyper-V から、VMware Workstation Player に

2020-12-16 :  PCクリニック
今年初め(2020-02-05)の記事:
WSL じゃなくて、Hyper-V ダ!
で書いたマシンについて、

仮想化環境:Hyper-V を、
その後(2020-05-06)の記事:
Windows 10 HOME マシンに仮想化環境を導入
で書いたマシンと、同じもの、
すなわち「VMware Workstation Player」に乗り換えることにした。

一番の理由は、
VMware Workstation Playerをインストールした、
つまり、サブPCに合わせることだが、・・・・・

Hyper-Vでは、
仮想マシンのOSによっては制限がある。
仮想マシンのコピーは単純では無い。
等々。

そこで、
先ずは、Hyper-Vのアンインストール:
Hyper-Vアンインストール手順(Hyper-V機能の削除)
を参照させてもらった。

リブート後、
VMware Workstation Playerをダウンロードした。
サブPCの時は 15.5.1 だったが、15.5.6 になっていた。(8月17日時点)

インストール時には、
  ・“拡張キーボード”を追加し、
  ・“評価なんたら”は削除した。

リブート後、
サブPCから、
 ・Windows 7 マシン
 ・Windows XP マシン
をコピーし、Player に取り込んだ。

VM の Windows 7 を立ち上げ、VMware Tools をアップデートした。

VMマシンには、特段の問題はなかった。


これで、2台の実機に同じ VM が存在できる。



以上、VMware Workstation Player の学習でした。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200817

R 学習:install.packages は何をしているのか

2020-12-02 :  PCクリニック
3ヶ月前(2020-09-23)の記事:
Active Perl 学習:ppm は何をしているのか
で書いた、
  現行マシン(Windows 7 x64 マシン)
  と、
  ネットワークに繋がっていない、同等のマシン:(Windows 7 x64 マシン)
  Perl 処理系が入っていない。
  この新たなマシンに、現行マシン相当の Active Perl 処理系を入れたい。

で、Active Perl をインストールした。

しかし、
幾つかの Perl プログラムは、R を利用しており、
そのマシンには、言語処理系もインストールされていた。


しかも、その R は、基本機能だけでなく、

以下の3つのパッケージも追加されていた。

 ・pixmap: Bitmap Images (“Pixel Maps”)
 ・pracma: Practical Numerical Math Functions
 ・rgl: 3D Visualization Using OpenGL

これらのパッケージについては、

よく使う R のパッケージ一覧 - Qiita

  R のパッケージについて
  R のパッケージは CRAN からダウンロードできます。
  CRAN は R 本体や各種パッケージをダウンロードするためのサイトで
  全世界にミラーが存在します。 Perl でいう CPAN のようなものですね。


  R パッケージインストール方法
  次のコードでインストールできます。
   install.packages('パッケージ名')


にある如く、
install.packages を使ってインストールした。



では、install.packages は、何を行っているのか?
代わりに、手作業で出来ないか?


そこで、
現行マシンにある、R 処理系を調べてみた。
インストールディレクトリは、“C:\TOOL\R”である。

どうも、“C:\TOOL\R\library”フォルダが問題?
ここに、
 ・pixmap
 ・pracma
 ・rgl
を初め、
R処理系の初期インストール時ではない日付のフォルダが42ヶもある。

そう云えば、
pracmaパッケージの説明には、
Reverse depends: 項目に、
数えるのが嫌になるほど、多くのモジュールが載っていた。

なので、
この42ヶのフォルダを丸ごとコピーすれば、・・・・・?


と云うことで、

インストーラでインストール後にコピーすれば良さそう?



で、やってみた。


“pixmap”も“pracma”も、一例だが使えた。



以上で、 の学習は終了???



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200911

Active Perl、Anaconda、そして GSL Shell

2020-11-18 :  PCクリニック
以前(2020-09-23)の記事:
Active Perl 学習:ppm は何をしているのか
では、
  現行マシン(Windows 7 x64 マシン)
  と、
  ネットワークに繋がっていない、同等のマシン:(Windows 7 x64 マシン)
  Perl 処理系が入っていない。
  この新たなマシンに、現行マシン相当の Active Perl 処理系を入れたい。

また、2020-10-21 の記事:
Anaconda 学習:conda は何をしているのか
では、
  上記の“Perl 学習:・・・”
  と同様に、
  “Abaconda”についても、作業テーマが発生した。
  今度は、
   ・ Pydicom パッケージ追加:
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・ OpenCV パッケージ追加:
  ・・・・・
  ・・・・・


などと、同様な状況がある:

  かなり前からの Windows 7 x64 マシンがある。
  (これを、現行マシンと呼ぶことにする。)
  このマシンには、 GSL Shell が入っている。

  加えて、
  ・OpenCV
  ・LFS ( LuaPower )
  ・StringIO ( Penlight )
  ・IM ( An Imaging Toolkit )
  ・IUP ( Portable User Interface )

  などの、モジュール追加されている。


ここで、作業テーマが発生した。
  ネットワークに繋がっていない、同等のマシン:
  それは、Windows 7 x64 マシンだが、GSL Shell 処理系が入っていない。
  この新たなマシンに、現行マシン相当の GSL Shell 処理系を入れたい。
  GSL Shellのインストーラ(gsl-shell-2.3.1-win32.zip)はある。
  しかし、ネットワークに繋がっていないので、
  直接ダウンロードすることはできない。


つまり、
  新たなマシンに GSL Shell インストーラでインストールした後、
  現行マシンから、上記のモジュールを取り出して、追加したい。
と云う事である。


そこで、過去記事を参照して、
オフラインで、コピーする方式で作業を行った。



例えば、OpenCVでは、

4年前(2016-02-23)の記事:「GSL Shell 学習:OpenCV 使えそうダ?
で書いた“opencv_world300.dll”ライブラリ

と、対応する自作モジュール:

4年前(2016-03-26)の記事:「GSL Shell 学習:“cv2.lua”モジュール自作
で書いた“cv2.lua”モジュール

を、

4年前(2016-03-30)の記事:「GSL Shell 学習:モジュール/ライブラリ格納場所
で書いた場所に、

格納した。


これで正常に処理されるハズ(?)と思った。

だが、
“msvcp120.dll”が見つからないのでアボート。
さらに、
“msvcr120.dll”も必要。


何故か?

本来、この手のものは、
“C:\Windows\System32”とか“C:\Windows\SysWOW64”
にあればよいハズ?


調べてみたら、ある?


よくわからないが、
“opencv_world300.dll”ライブラリ
と一緒に存在していないとダメ?
の様ダ。


仕方ない。

そうする(同じ場所に置く)事にした。



これで、GSL Shell に対しても、
ネットワークに繋がっていないマシンにセットアップすることが出来た。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200819

Windows 10 学習:「Windowsへようこそ」画面

2020-11-04 :  PCクリニック
何時からだったかは忘れたが、
PCの電源を入れて、Windows 10 を立ち上げたときに、
「Windows へようこそ」画面が開いた。

なんで、こんな画面が突然でるのか?
新規にOSをインストールした直後の様な、青地に白色の画面。


時々なので、
左下の「今はスキップ」を押して済ませていた。


2台のPCの何れでも、非同期に表示されるので、

我慢しきれず、検索してみた。


2020年5月30日 付の記事:
Windows 10 「Windows へようこそ」画面を出したくない
が見つかった。

  Windows 10 でサインイン後、時々、下記画像のような
  青い画面が表示される場合があります。

  ・・・・・

  このほか、「デバイスのセットアップを完了しましょう
  お使いのすべてのデバイスでの作業をより簡単で安全にするために、
  あといくつかの Microsoft サービスにデバイスを接続する必要があります。
  [続行] を選んで、数回クリックするだけで開始できます。」
  と表示されるタイプもあります。

  画面の後、どういう感じで進むのかは、下記記事でどうぞ。

  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

  さて、この画面をもう表示したくない場合は、次のようにします。

   1.「設定」-「システム」-「通知とアクション」を開きます。
   2.「新機能とおすすめを確認するために、更新の後と、サインイン時に
     ときどき、[Windows へようこそ] の情報を表示する」
     のチェックを外します。

  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・


と云うことで、
メインPCは、(最初のスクリーンキャプチャと同じ) Ver.1909 なので、
上から4番目のチェックを外した。



そして、サブのPCについても。
これ、
以前確認した時は、Ver.1903 だったのだが、
今では、Ver.1909 になっていた。


なので、メインPCと同様に設定。


これで、一件落着。


じゃないようですネ。

こんな“Q&A”サイトを見つけた:
Windowsへようこそ画面の表示禁止

質問は:

  Windows10 でサインイン時に不定期に表示される「Windowsへようこそ」画面の
  表示を絶対に断じて間違いなく禁止する方法を教えてください。

  PC設定→通知とアクション→通知→
   新機能とおすすめを確認するために、更新の後と、サインイン時にときど
   き、[Windowsへようこそ]の情報を表示を表示する

  のオプションはOFFにしてあります。



その、回答は?


10件



最後の回答:

  別の質問で調べたのですが、これはポリシーの [Windows コンシューマー
  エクスペリエンスを無効にする] でないと消えないようです。

  Enterprise と Education でしか有効にならないポリシーなので、
  ワークグループで運用する Pro 以下のエディションは(メッセージに
  従って構成を完了させないのであれば)「出るもの」
  と思って利用するしかないですね。


とのことでした。



以上、Windows 10 の学習でした。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200907,08

Anaconda 学習:conda は何をしているのか

2020-10-21 :  PCクリニック
前回(2020-09-23)の記事:
Active Perl 学習:ppm は何をしているのか
で書いた、
  現行マシン(Windows 7 x64 マシン)
  と、
  ネットワークに繋がっていない、同等のマシン:(Windows 7 x64 マシン)
  Perl 処理系が入っていない。
  この新たなマシンに、現行マシン相当の Active Perl 処理系を入れたい。

と同様に、
“Anaconda”についても、作業テーマが発生した。

今度は、

 ・ Pydicom パッケージ追加:
   clinicalgraphics / packages / pydicom 1.0.0a1 に有る如く、
    conda install -c clinicalgraphics pydicom

 しかし、現在はこのサイトは見つからない。

 相当するのは、

   conda-forge / packages / pydicom 2.0.0 に有る如く、
    conda install -c conda-forge pydicom


それと、

 ・ OpenCV パッケージ追加:
   menpo / packages / opencv3 3.2.0 に有る如く、
    conda install -c menpo opencv3



そこで、
現行マシンにある、Python 2 処理系を調べてみた。

インストールディレクトリは、“C:\TOOL\Anaconda2”である。

どうも、“C:\TOOL\Anaconda2\Lib\site-packages”フォルダが問題?

Pydicom パッケージについては、
ここに、“pydicom”と“pydicom-1.0.0a1-py3.6.egg-info”フォルダがあった。


OpenCV パッケージについては、
以前、
  WinPython の時に、ここに“cv2.pyd”1つを格納して、使えていた。
(但し、これは 32 ビット版の処理系の話である。)


と云うことで、

これら2つのフォルダと1つのファイルを、
インストーラでインストール後にコピーすれば良さそう?



で、やってみた。


“Pydicom”は、これで使えた。

だが、“OpenCV”は使えない???

更に調べてみると、
“C:\TOOL\Anaconda2\Library\bin”フォルダに、
“opencv_”で始まるファイルが45個もあった!
(“exe”と“dll”)
これらも必要なの?
追加でコピーしてみたら、動作する様になった。


以上で、conda の学習は終了???



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200823

物質DBサイト一覧改3

2020-10-07 :  理科部 部活
当ブログの左ペインの“リンク”にある、
“物質DBサイト一覧”は、
10年前(2010-08-09)の記事:「物質DBサイト一覧改2」ですね。

このページに載っている日本化学物質辞書Webに飛ぼうとしたが、
今ではリンク先が存在しない!

そこで、“日化辞Web”でGoogle検索を行ったら、
日本化学物質辞書Web ・・・」が見つかった。

 日本化学物質辞書Webをご利用のみなさまへ
 化学物質目的別検索のご案内
 日本化学物質辞書Web(日化辞Web)とJ-GLOBALは2016年3月に統合しました。
 J-GLOBALで日化辞Web相当の機能をご利用できます。
 日化辞WebはJSTが作成する国内最大規模の有機化合物辞書データベースです。
 物質の名称、分子量、構造情報、各種法規制番号等が収録されています。
 ・・・・・
 ・・・・・

とあったので、「物質DBサイト一覧改2」を訂正し、
「物質DBサイト一覧改3」とします。


これで、化学物質(化合物、結晶等)を検索するためのサイトが一覧できます。


<順不同>
************************************
サイト名 : 一言
      ・・・・・・・・・・ 記載した記事
------------------------------------

MatNavi : NIMS 物質・材料データベース。英語。キーワードで検索。要ユーザー登録(無料)
      「無機材料データベース (AtomWork)」はICSD対抗? CIF
      ・・・・・・・・・・ 「MatNavi」「NIMS 物質・材料データベース」

ICSD : 英語。構成原子で(結晶)検索。要ユーザー登録(無料)
      ICSD版Jmol 表示。 CIF
      ・・・・・・・・・・ 「改訂版ICSD」「ICSD で 霰石 検索」「大本山:JAICI」

ChemSpider : 英語。結晶はダメ?
      化学物質に限る?が決定版?
      ・・・・・・・・・・ 「ChemSpider」

NIST Chemistry WebBook : 英語。「化学式」で検索。
      「化学に関する WebBook」。 InChI(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「NIST Chemistry WebBook」

ZINC : 英語。JMEエディタで描画/SMILESで検索
      Jmol 表示。 Smiles(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「ZINC:化合物DB」

C@ROL : 英語。JMEエディタで描画/名称/化学式で検索
      Jmol 表示(CORINAで3D化済)。 Smiles(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「検索サイト:C@ROL」

産総研:RIO-DB : 日本語。一覧から選択(鉱物、化学)
      結晶構造:CIF
      鉱物:画像(写真)表示のみ。
      ・・・・・・・・・・ 「産総研:RIO-DB」

PubChem : 英語。名称/化学式で検索
      PNG 画像表示。 2D SDF
      ・・・・・・・・・・ 「検索サイト:PubChem」

3DMET : 英語。名称/化学式で検索
      Jmol 表示。 InCHI、Smiles(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「検索サイト:3DMET」

Common Compound Library : 英語。名称/化学式で検索
      Chime 表示。 PDB、MDL
      ・・・・・・・・・・ 「化学式による検索3」

日本化学物質辞書Web : 日本語。名称/化学式で検索
      MOLFile(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「検索サイト:日化辞Web」

ChemBioFinder.com : 英語。名称/化学式で検索。 ユーザ登録(無料)が必要になった。
      InCHI、Smiles(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「化学式による検索2」

Search for Species Data by Chemical Formula : 英語。化学式で検索
      Inchi(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「化学式による検索」

COMPOUND database : 英語。名称で検索
      Jmol 表示。 mol(2D構造)
      ・・・・・・・・・・ 「3DMET の元 COMPOUND DB」

ChemIDplus : 英語。名称で検索
      MarvinView 表示。 mol
      ・・・・・・・・・・ 「検索サイト:ChemIDplus」

molecules alphabetically : 英語。一覧から選択
      Chime 表示。 PDB、MDL
      ・・・・・・・・・・ 「分子構造DBサイト」

ATHENA MINERALOGY : 英語。名称で検索/一覧から選択(無機物)
      画像(写真)表示のみ。
      ・・・・・・・・・・ 『ATHENA』

Crystal Lattice Structures : 英語。解説/一覧から選択(結晶)
      XYZ
      ・・・・・・・・・・ 「Crystal_Lattice_Structures」

mindat.org : 英語。名称/産地で検索(鉱物)
      結晶構造表示。参照サイトで入手。
      ・・・・・・・・・・ 「鉱物 データベース サイト」

Mineralogy Database : 英語。名称/化学式で検索/一覧から選択(鉱物)
      jPOWD アプレット表示、組成式のみ。参照サイトで入手。
      ・・・・・・・・・・ 「鉱物 図鑑 ?」

AMCSD:American Mineralogist Crystal Structure Database : 英語。名称で検索(鉱物)
      Amc format、CIF
      ・・・・・・・・・・ 「AMCSD」

結晶構造ギャラリー : 日本語。一覧から選択
      GIF画像表示のみ。
      ・・・・・・・・・・ 「研究所一般公開 見学」

生活環境化学の部屋 : 日本語。一覧から選択
      Jmol 表示。 mol
      ・・・・・・・・・・ 『生活環境化学の部屋』

田中の Collectionroom : 日本語。一覧から選択(鉱物)
      画像(写真)表示のみ。
      ・・・・・・・・・・ 「日本語版 鉱物 図鑑3 後日談」

日本産鉱物展示館 : 日本語。一覧から選択(鉱物)
      画像(写真)表示のみ。
      ・・・・・・・・・・ 「日本語版 鉱物 図鑑2」

加藤の鉱物、化石コレクション : 日本語。一覧から選択(鉱物)
      画像(写真)表示のみ。
      ・・・・・・・・・・ 「日本語版 鉱物 図鑑」

VRML図鑑 VRMLを使用した動く図鑑 : 英語。一覧から選択(生物)(VRML)
      VRML 表示(CORTONA3D)
      ・・・・・・・・・・ 「VRML図鑑:動く図鑑」

The Virtual Museum of Minerals and Molecules(TM) : 英語。一覧から選択(鉱物)(教育用)
      Jmol 表示。 PDB
      ・・・・・・・・・・ 「VMMM」

Library of 3-D Molecular Structures : 英語。一覧から選択(教育用)
      PDB
      ・・・・・・・・・・ 「3-D Molecular Structures」

Teaching Database : 英語。一覧から選択(教育用サンプル)
      CSD-format database(Mercury のみ対応)
      ・・・・・・・・・・ 「教育用分子構造500」

************************************

何かの参考になりましたら、嬉しいです。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

201005

Active Perl 学習:ppm は何をしているのか

2020-09-23 :  PCクリニック
かなり前からの Windows 7 x64 マシンがある。
(これを、現行マシンと呼ぶことにする。)
このマシンには、Active Perl Ver.5.14.2 x64 版が入っている。
加えて、
・Math::Random::MT
・Date::Simple
・Math::Round
・File::DirList
などの、パッケージが ppm によって追加されている。


ここで、作業テーマが発生した。
  ネットワークに繋がっていない、同等のマシン:
  それは、Windows 7 x64 マシンだが、Perl 処理系が入っていない。
  この新たなマシンに、現行マシン相当の Active Perl 処理系を入れたい。
  Active Perl Ver.5.14.2 のインストーラはある。
  しかし、ネットワークに繋がっていないので、ppm は使えない。

つまり、新たなマシンに Perl インストーラでインストールした後、
ppm で追加する代わりに、
現行マシンから、上記4つのパッケージを取り出して、追加したい。

と云う事である。

現行マシン、新たなマシン共に、USB、CD/DVD は使える。



そこで、
現行マシンにある、Perl 処理系を調べてみた。

インストールディレクトリは、デフォルトの C:\Perl64 である。



どうも、“C:\Perl64\site\lib”フォルダが問題?

ここに、“Math”や“Date”、“File”と云ったフォルダがあった。
他に、3つのファイルがある。
これらを、インストーラでインストール後にコピーすれば良さそう?



と云うことで、やってみた。

ほぼ出来た。
1つ、「sitecustomize.pl」が古い日付で実質カラっぽのファイル。
これは、インストーラでインストールしたときに出来るものですね。
つまり、ppm では変化しないもの。



結局、ppm は、
必要なものを、フォルダ単位で、然るべき処に格納しているダケ?



以上で、ppm の学習は終了???



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200819

PDFimages じゃなく、PDF Shaper なら良かった

2020-09-09 :  PCクリニック
先月(2020-08-12)の記事:
PDFファイルの種類」で、
  ・・・・・
  ・・・・・
  また、
  4ヶ月前(2020-04-22)の記事:
  「Windows 版 PDFimages を導入」で書いた、
  “PDFimages”でも読み込め無い:結果は同じ。
  ・・・・・
  ・・・・・
と書いている。


ここで、
5ヶ月前(2020-04-01)の記事:
PDF の文字列がコピー出来ない!
を思い出した。

  ・・・・・
  ・・・・・
  他には?
  フリーソフト100に、
  「Pdf Shaper Free」
    PDF⇔イメージへの相互変換、テキストや RTF への変換、分割・結合や
    ちょっとした編集が可能なPDFユーティリティーツール

  これがイイかな?

  早速ダウンロードした:
   「pdfshaper_free_9.7.exe」2020-01-20 付 6.02MB 
   (日本語化は取り敢えず後回し)

  とりあえず、Hyper-V 上に作った Windows 10 仮想マシンにインストール。

    ※ ダウンロード&インストールは細心の注意を払って!

  テスト実行用に、「読取革命 Lite」もインストールした。


  ・「PDF Shaper Free」を立ち上げ、~.pdf をドラッグ&ドロップ

  ・イメージ出力は、
      画面右の「変換」⇒「PDFからイメージ」とクリックして実行
      ※ 対応フォーマット:JPEG / BMP / PNG / GIF / ・・・
    .png とし、
    「Proceed」⇒「全頁」、「個別ファイル」⇒「出力」


  次に、「読取革命Lite」で、・・・・・
    「複数ファイル」、「一括で」、「txtに」、「変換」
  でOK。
  ・・・・・
  ・・・・・

そう、
Pdf Shaper Free」です。
  バージョン:10.2(2020/06/23)がでている。

早速、10.2 をダウンロードして、上書きインストールした。



出力フォーマットを TIFF として、“PDF to image”変換。

ページ数分の tiff ファイルが出来る。

ImageMagick/convert で、
マルチページの1つの TIFF ファイルに変換する。



そうしたら、
この1つの TIFF ファイルを基にして、

PDFファイルの種類」の最後に書いた手順:
  ・・・・・
  ・・・・・
  結果の1つの“TIFFファイル”を元の“PDFファイルの”代わりとして、
  「RealReader Pro Standard」で取り込む。
  ・・・・・
  ・・・・・

としてみた。

出来た、PDF ファイルの品質は、ほぼ同等だった。


これで、「読取革命 Ver.15」を使わずに行ける。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200824

HDDが読めなくなった

2020-08-26 :  PCクリニック
メインで使っているPCのHDDが読めなくなった。

そのPCとは、・・・
4年前(2016-04-12)の記事:
セキュリティソフトを2つ入れた・・・」で書いてる。

  新しい、パソコンを買った。
  BTOパソコン(PC)通販の○○○○で。
  デスクトップ。
  Windows 7 Professional x64。
  CPU は Core i5。
  ・・・・・
  ・・・・・

HDDは、1TB1台だったので、手持ちの1TBを1台増設した。

その後、いつの日にか、増設分を2TBに換装している。
(このPC、2台増設場所はあるが、電源ケーブルが不足で1台のみ。)

論理ドライブは、C、DとE、Fに、各2分割している。


それから3年後、・・・・・

昨年末(2019-12-20)の記事:
Windows 7 マシン を Windows 10 にアップグレード

そして、その次の記事:
Windows 10 に上書きアップグレードしたPCの顛末

さらに、その次の記事:
クリーン・インストールで Windows 10 にアップグレード



一方、昨年末(2019-12-11)の記事:
中古PC:PC-VW770GS6B 購入」で書いているが、
  ・・・・・
  ・・・・・
  某リサイクルショップに立ち寄って、
  価格に惚れて衝動買いした。

   一体型デスクトップ。
   Windows 10 Home x64。
   CPU は Core i5-6500。
   HDD は、2TB で、メモリは 8GB。
   画面サイズは、23インチ(1920x1080)。
   キーボード/マウスは、無線接続。(これは気に食わないが)
   ・・・・・
   ・・・・・
  更に、
   テレビリモコン、B-CASカード、そして、VHFとUHF用アンテナジャック。

  これの Windows 10 インストール版?
  価格は、OS単体:
   【新パッケージ】Windows 10 Pro 日本語版/May 2019
    Update適用/パッケージ版
  の定価(?)より安かった。(Amazon調)
  ・・・・・
  ・・・・・

この一体型PCをサブとして使っている。
こちらは、HDDの増設は不可(?)ですね。
幸い、2TBなので、
4分割(サイズは不同)して、メインPCに対応させ、
ほぼ同等となる様にバックアップしている。
(全く同一ではない・)


こんな状況の、メインPCだが、
先日、増設した分のHDDが壊れてしまった。

発生した事象としては:
  マシンのシャットダウンが異常に時間が掛かった。
  ハードディスクのアクセス音が異常だった。
  仕方なくリセットボタンを押下した。
  立ち上がったが、1台のハードディスクが繋がっていない状態だ。

  Eドライブ、Fドライブが見えなくなった。


仕方なく、

壊れたHDDを、同じ2TBの余っていたカラのものと取り換えた。
サブPCから、
Eドライブ、Fドライブの内容にほぼ一致するものをコピーして、
何とか復元できた。
   かに見えたが、・・・・・


メインPCは、半年前(2020-02-05)の記事:
WSL じゃなくて、Hyper-V ダ!
の如く、“Hyper-V”だ。

一方、サブPCでは、3ヶ月前(2020-05-06)の記事:
Windows 10 HOME マシンに仮想化環境を導入
の如く、“VMware Workstation Player”だ。


なので、Hyper-V 仮想マシンはバックアップしていなかったので、消滅。
サブPCには、VMware Player 仮想マシンはある。


と云うことで、
これを機に、“Hyper-V”を止めて、
“VMware Workstation Player”に一本化することにした。



もっとバックアップ範囲には注意しないといけないナ。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200810,17

xls ファイルから pdf ファイルに

2020-08-19 :  PCクリニック
説明文書を作るには、・・・

文字データだけなら、単にテキストエディタで作れは良い。


でも、文字の大きさや、色付け、表形式での表示、更には画像まで考えた場合、
<紙>は Excel を使って、xls ファイルを作っていた。

時には、テキストエディタを使って、html ファイルを作ることもあった。


最近では、ほぼ、
Excel を使って、xls ファイルを作り、
そして、
昨年(2019-04-24)の記事:
Microsoft Excel :html 形式での保存
で書いた方法で、html ファイルに変換していた。


ところが、
よく調べてみると、画像を貼り付けた xls ファイルでは、
出来た html ファイルは、
2ヶ月前(2020-06-17)の記事:
“Microsoft Print to PDF”の再インストールが出来ない?
で書いたところの、「完全(*.htm,*.html)」の形式、
つまり、画像ファイルのフォルダがセットで付いてくる。


これでは、塩梅が悪いので、
前々回(2020-08-05)の記事:
Skia:2次元コンピュータグラフィックスライブラリ
で書いた、
  Kinza で、“印刷”を選んだ時に、
  送信先にある「PDFに保存」
を使って1ファイルにして見た。


でも、これでは1手間多い。
上記「“Microsoft Print to PDF”の再インストールが出来ない?
で書いている
  LibreOfficeのPDFエクスポート機能を利用する。
と云う手もある。


いや待てよ、
Excel で“印刷”を選び「pdfFactory」で“pdfファイル”とする。
これで、“Excel”1つ(?)で済むのでは?


そこで、
4通りの方式を実験してみた。
(一例) 元の xls ファイル(画像を含む)が 33KB のもの

について、・・・・・
          出来たPDFファイルのサイズ:テキストコピー可否
1)html から Kinza で、pdfFactory出力 357KB:可
2)html から Kinza で、Skia 出力    162KB:不可
3)xls から、Calc で、PDFエクスポート 67KB:文字の並びがデタラメ???
4)xls から、EXCEL で、pdfFactory出力  44KB:可


1)方式では、サイズがバカでかい。
2)、3)は、テキストコピーに問題あり。
4)がベストの解ですネ?



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200809

PDFファイルの種類

2020-08-12 :  PCクリニック
PDFファイルには、大きく分けて2種類ある?

4ヶ月前(2020-04-01)の記事:
PDF の文字列がコピー出来ない!」で書いた、

  「WindowsパソコンでPDFのテキスト文字がコピーできない時の解決法
  にある如く、
  3.PDFファイルがそもそも文字データではない

つまり、「PDFファイル」には、
“文字データ”のものと“画像データ”のものがある。

“文字データ”のものとは、
例えば、
 「LibreOffice/Writer」で、
  文書を「Export」→「PDF」でエクスポートしたもの
とか、
 「Kinza」で、「印刷」→「PDFに保存」で印刷したもの
とかですね。

一方、
“画像データ”のものとは、上記参照記事の如く、
  PDFファイルがスキャナで取り込んだものである場合、
  テキストコピーはできません。
よくあるパターンとして、
  印刷した書類をそのままコピー機などでPDF化したものは、
  テキストコピーの対象外になってしまいます。

と云うことですね。


それで、
細かく分けると、(“画像データ”のものをよく見ると)2つに分けられる?

2ヶ月前(2020-06-24)の記事:
RealReader Pro Standard 設定手順図」で書いている、

「RealReader Pro Standard」の保存フォーマットの1つ:
“PDF(透明テキスト)形式”
がある。

つまり、
単に“画像データ”のみでなく、それに重ねて“透明テキスト”が存在するもの。



ところが、最近もう1つ異なる形式の“PDFファイル”に遭遇した。

これは、
「RealReader Pro Standard」で“読み込み”=“画像を開く”で、
当該“PDFファイル”を開いても、
一部の、本当(?)の“画像データ”部分のみしか取り込めない???

また、
4ヶ月前(2020-04-22)の記事:
Windows 版 PDFimages を導入」で書いた、
“PDFimages”でも読み込め無い:結果は同じ。


だが、
なんと<紙>にとっては、「RealReader Pro Standard」に次ぐツール:
読取革命 Ver.15」では、
キチント、ページ毎の画像データとして取り込めた!



「RealReader Pro Standard」と、「読取革命 Ver.15」とでは、
このような“PDFファイル”に対しては「読取革命 Ver.15」の入力機能が勝る。

「読取革命 Ver.15」を[かんたんモード]にして、
 [入力]→[画像ファイル]で“PDFファイル”を指定。
 [保存]→[画像]→「TIFFファイル」で“すべてのページ”で保存。

結果の1つの“TIFFファイル”を元の“PDFファイルの”代わりとして、
「RealReader Pro Standard」で取り込む。

これが最高!の手順ダ。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200723
人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク