Linux:Zorin OS Lite(?)

2014-05-04 :  Linux系
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、2、1、1、1、 1、0、0、1、0(41)で、換算ポイント 60pt 。
「Firefox」今朝方6位にダウン。
・-・ - -・

さて、本文。

Linux系の記事は、昨年(2013-06-12)の、
QtiPlot:関数 Fittingツール
以来、ほぼ1年振り。


“USBブートの Live Linux をハードディスクインストールしたいのだが、・・・”
なる質問を受けた。

OSは何?・・・Ubuntu(?)かな

Webブラウザは?・・・「midori」???


どこから手に入れたのか???

【XPパソコンの買い替え前に】なるサイトの、
サポート終了のWindowsXPパソコンを有効活用しませんか?
だそうナ。

このページには、
  2014年4月9日にWindowsXPのサポートが終了しました。
  サポート終了後のWindowsXPを今までどおり使い続けることは大変危険です。

  WindowsXPのサポート終了対策として、一般的なのは以下の方法です。

  ・・・・・
  ・・・・・

  オンラインショッピングや動画視聴、DVDを観るくらいの
  ライトな用途なら最新パソコンなんて不要です。

  当サイトでは、Windowsユーザーでも扱いやすく、軽快で、しかも無料の
  「Zorin OS Lite」というLinuxディストリビューションをご紹介しています。

  ・・・・・

などとある。


面白い。
一寸、「Zorin」で検索してみた。

Zorin 8 のインストール
と云うページも見つかる。

本家は、
Zorin OS - Home
ですね。

「Get it」メニューには、
「Free」「Premium」の2版があり、
それぞれに、「Zorin OS 8」「Zorin OS 6(LTS)」がある。

そして、「Free」→「Zorin OS 8」には、
「Core」「Educational」「Lite」「Gaming」の版がある。
他のものも、それぞれ幾つかの版がある。

で、注意書があって、
ダウンロードするには、「Google Chrome」か「Firefox」で!
また、フル機能を使うにはHDDにインストールを!
(Liveモードでは、一部の機能は不安定になる)

「Core」「Educational」「Gaming」には、32ビット版/64ビット版両方あるが、
「Lite」版は、32ビット版のみ。
  Zorin OS 8 Lite is the streamlined version of Zorin OS
  for old and low-spec computers.
と云うこと。


また、
「Joichi のブログ / ジョウイチのブログ / Joichi-Blog / Joichi's Blog」の
Zorin OS をインストールしてみました
  Zorin OS を Virtual Box にインストールしてみました。

には、

  インストールした結果
  ・ある程度 Linux について知識がないと、
    追加の日本語関係のファイルをインストールできないと思われました。
    リポジトリを変更しないと、
    追加の日本語関係のファイルは、インストールできませんでした。
  ・Ubuntu 12.04 LXDE に比べると、反応 (リスポンス) がワンテンポとか
    ツウーテンポ程遅いという感じかしました。
    アドバンテージで、Windows 7 よりも格段に速いとなっていますが、
    これに関しては疑問の余地があるという感じでした。
  ・快適に使うために、メモリーは、1GB 以上必要と思われました。
  ・デスクトップは、Windows XP や 7 にちょっと似たところがありますが、
    Windows XP や 7 と同様にカスタマイズできませんでした。
  ・標準で Wine やファイヤーウォール関係のソフトが
    インストールされていました。
  ・Windows のアプリケーションが、
    インストールしやすいような設定になっていました。
  ・確認はしませんでしたが、Windows と同様に共有化できるという感じでした。
    サンバのクライアントファイルがインストールされていました。
  ・アプリケーションのメニューアイテムを
    日本語表示にすることが出来ませんでした。


さらに、
「PCパーツまとめ」の 2014/03/27(木)09:44:59 記事:
Windows風ディストリ「 Zorin OS 8」正式版が公開!
には、
  「Zorin OS」は、Windowsユーザーが違和感なくLinuxに移行
  できるよう開発されたディストリビューションだ。
  Windows 7のユーザーインタフェースを意識した作りになっており、
  「スタートメニュー」を模したランチャー「Zorin Menu」を用意している

  1月27日に登場したZorin OS 8は、
  Ubuntu 13.10をベースにWindowsユーザー向けのソフトを追加した構成。
  標準でWindows互換環境の「Wine」をインストール済みで、
  Wineのフロントエンドツール「PlayOnLinux」も組み込んでいる。

とあった。


ひとつ入れてみよう。
で、どれを選ぶか???


「Windowsはもういらない」の、2014年01月30日 の記事:
WindowsからUbuntuへの乗換えるならZorin OS
には、
  以前、Windows 8が発表された時に書いた記事がありますので、
  もう一度紹介させてください。
  すっかり、Zorin OSのことを忘れていましたが、PlayOnLinuxを検索していて、
  たまたまZorin OSのことがヒットして、思い出すことができました。
  というのも、MS Windowsのアプリケーションを動作させるための
  PlayOnLinuxが最初から同梱されていることを改めて気づきました。
  ・・・・・
  Zorin OS 8とZorin OS 6(LTS)がありますが、よほど新しいものが
  好きでない限り、 Zorin OS 6(LTS)の方をおすすめします。
  Zorin OS 6(LTS)はubuntu 12.04 の軽量化リパッケージ版だと
  考えられるので、2017年4月までとサポート期間が長いことが、その理由です。
とある。


また、本家のサイトには、
  Zorin OS 6.4 Core is the standard desktop version of Zorin OS.
とある。

結論:
「Zorin OS 6」→「Core」→「64 bit」
かな?
これは、「.iso」イメージ・ファイルで、1.5GB ある?

で、
  ダウンロードは「Firefox」にしてや。
との“注意書”がある!


本日はここまで。
です。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140223
スポンサーサイト

QtiPlot:関数 Fittingツール

2013-06-12 :  Linux系
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
5、1、5、0、0 1、1、2、0、0(43)で、換算ポイント 92pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

昨年「OpenFOAM v2.1.1 入れてみた
  Linux Mint 13(Maya) は即ち、Ubuntu 12.04(precise)
と書いた、その日(2012-12-21) に、
本家(?)の「Ubuntu 12.04」x64 をダウンロードし、
これも又、VM マシンで、インストールしていた。


前回記事「関数 Fittingツール 2題(2)
のLinux マシンは、
「CAELinux2011」即ち「Ubuntu 10.04」なので、(若干古い)

久しぶりに、「Ubuntu 12.04 x64」を立ち上げてみた。

そこで、「Ubuntu Software Center」で、
「関数 Fittingツール」を漁っていた。

「LabPlot」は、10.04 のみの対応なので、無し。

代わりに(?)「QtiPlot」が見つかった。

「Kubuntuにっき(仮)」なるブログに、
QtiPlotで実験データを解析して、関数でFittingしてみる
と云う記事がある。

また、Wikipedia では、
QtiPlot
  QtiPlot is a platform-independent cross-platform computer program
   for interactive scientific graphing and data analysis.
  It is similar to the proprietary programs Origin or SigmaPlot,
   and is being used to substitute these in universities.
つまり、
  プラットフォーム独立/クロスプラットフォームで、
   対話型の、科学系 グラフ作成・データ解析プログラム。
  商用製品「Origin」「SigmaPlot」に似ており、
   大学では、それら製品の代替品として使われている。
と云うこと?


早速、
「Ubuntu 12.04 x64」にインストール。
と云っても、
「Ubuntu Software Center」なら、
クリックしていくだけ。

すると、左(これって、メニュー欄?)に登録される。

実行も、そのアイコン(?)をクリックするだけ。

QtiPlot.png

これは、・・・・・

少々、弄ったり、Web検索したり


もう少し、勉強してみます。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


関数 Fittingツール 2題(2)

2013-06-09 :  Linux系
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
5、2、3、1、0 1、1、1、0、0(43)で、換算ポイント 91pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

前回記事「関数フィッティングツール 2題
の続きから、・・・

「Fityk」フリー版の V0.9.8 をダウンロードし、
(VMマシンの)MS-Win XP にインストールして、
若干、動かしてみた。

でも、何かの操作をすると、「突然死」する。
これじゃ、使い物に成らない!!!

やはり、最新版(有償モノ) V1.2.1 じゃ無いとダメ???

そうそう、このフリー版は、「Ubuntu Software Center」に有りますね。


さて、ここからが今回の記事本文(?)

今回は、共に、Linux 用のモノ。


1つ目は、「xcrvfit - curve fitting tool
  A graphical X-windows program for binding curve studies
   and NMR spectroscopic analysis.

これは、「MacOSX」と「Linux」にのみ対応。

それで、(VMの)「CAELinux2011」で、
 「Linux x86_64 (11 MB) - Intel x86 64 bit」
をダウンロード。(V5.0.3)

展開(解凍)するだけで、実行出来る。

しかも、
アイコンがあるので、それをダブルクリックするだけ。


適当に「Data File」を作り、
「Fit Function」を実行。

小さなデータだからでしょうが、
即時にグラフが表示される。

xcrvfit.png


フィッティングする関数は、表示選択方式なので、
(逆に云えば、それだけしか出来ないが)

或る意味、使いやすい。



2つ目は、
LabPlot
   LabPlot is a free software data analysis and visualization application
  built on the KDE Platform.
   It integrates well into a KDE workspace
  but can just as well be used in another desktop environment.

   LabPlot allows you to import Origin data files
  and export plots to many different formats.

なんか、「Origin」に対抗しているような???


これは、同じく「CAELinux2011」です。

「Ubuntu Software Center」で調べてみたら、
ありました。
しかも、既にインストール済み!!!
(V1.6.0 が)

早速、動かしてみた。
メニューの「Science」の中にある。

起動時に、
 「KDE のプロセス間通信でエラー発生」
 「dcopserves が動いているかチェックせよ」
とかと、出るが、
かまわず先に進めると、動いた。


こちらも、適当に「Spreadsheet」を作り、
(「Spreadsheet」メニューの)「Plot 2D」をして、
「Analysis」メニューの「Nonlinear Fit」をやってみた。

LabPlot.png


変数(求める係数)が9ヶまで出来る。

指数関数4つまで!!!
  「 y = a*exp(b*x) + c*exp(d*x) + e*exp(f*x) + g*exp(h*x) + i 」
こんな式までできる。



この「LabPlot」は使えそう。

もう少し、勉強してみます。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


Gerris:フリー CFD ツール

2013-06-06 :  Linux系
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
5、1、4、1、0 1、1、1、0、0(43)で、換算ポイント 89pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

前回記事「OpenFOAM:改造(2)
もそうですが、

CFDツールは、もっぱら、
VM仮想マシンながら、「CAELinux2011」で、「OpenFOAM」です。

他の、フリーソフトで何か無いか?

探していて、
Gerris Flow Solver
を見つけた。

  Gerris is a Free Software program for the solution of
   the partial differential equations describing fluid flow.
つまり(?)
  Gerris は、流体の流れを記述する偏微分方程式を解く
  フリー ソフトウェア プログラムです。
と云うことか?

Have a look at the Introduction for more information.
から、
Installation summary

  Ubuntu/Debian systems
  Installing Gerris using the debian snapshot release is easy.
へ行き、

 1.Get the key:
   wget http://gerris.dalembert.upmc.fr/debian/popinet_key.asc
   sudo apt-key add popinet_key.asc

 2.・・・ append the following lines to /etc/apt/sources.list
は、
  Ubuntu 10.04 ('lucid lynx')
なので、
sudo vi で、
   deb http://download.opensuse.org/re・・・
行を追加。

 3.For Ubuntu distributions you will also need ・・・・・

は、よく分からないので、パス(で良いのかな?)

 4.Update APT and install the packages:
  sudo apt-get update
  sudo apt-get install {gerris,gfsview}-snapshot
は、実行。


ここまでで、

  「gerris2D -V」

は動いた(様に見えた)



早速、CAELinux2011 との共有フォルダに、

「/Gerris/tuto」フォルダを作り、

The Gerris Tutorial
の「2 A simple simulation file」にある、
「vorticity」
をやってみようと、・・・・・

そこにある、6行の「vorticity.gfs」ファイルを作り、(コピー&ペースト)

「gerris2D vorticity.gfs」
としたが、
「シミュレーション・ファイルじゃない」とエラー!!!

「.gfs」がシミュレーション・ファイルのハズ???



あれこれ思案したが、
「Ubuntu Software Center」ではどうなのか???
検索窓に「Gerris」と打ち込むと、
なんと、見つかるではないか!

こちらで、インストールにチェックを入れて
進めると、
最初の分がアンインストールされて、新たにインストールされた。


そうしたら、
「gerris2D vorticity.gfs」
で、進んだ?


でも、問題が残っていた。

それは、
テキストファイルの行末の問題。

そう、MS-Win でテキストファイルを作ったから。

キチンとLinux流儀に合っていなかった。

エディタで直して、
「Gerris」がキチンと動いた。


OpenFOAM と違って、僅か6行だけ記述したファイル1つで、

シミュレーションが出来る。


これは、面白い。


それから、結果の画像は、「.ppm」???
これを見るためには???
ImageMagick」を使う(?)


「CAELinux2011」には「ImageMagick」が入っていた。

「Display」コマンドだった。


ホストだと、「XnView」で行ける。



もう少し、勉強してみようか。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

    

VMware:ユニティ

2013-03-28 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、4、4、2、1 1、1、3、1、0(42)で、換算ポイント 102pt 。
更に下がって遂に三冠!!!  ポイントも、3桁がアブナイ!!!
ところで、今月末日は「カテゴリマイスターの日」では無いの???
・-・ - -・

さて、本文。

今月、2回続けて、
OpenFOAM:MS-Windows版
OpenFOAM:MS-Windows版 もう一つ
と、OpenFOAM のWindows移植版について書いた。

少し動かして見たが、・・・・・

「動作しない」ものがある。
例えば、「magnetFoam」がメッシュの作り方によって、無反応になる。

(<紙>にとって)非常に重宝する「pyFoamPlotRunner.py」が無く、
また、「foamJob」も無さそう?

そして、ソルバーの自作が出来ない。
(自作しても)クロスコンパイラ出来ない。
(コンパイルの仕方が分からない)

ただ、CPUの数が多い場合は、有効かも?

<紙>の様に、VMwarePlayer だと、ホストがなんであっても、
CPU数の上限が4つに制限される。
(VMware WorkStation なら、8つまで行けるが)


今の状況では、
やはり、(例えVMマシンであっても)本物の「Linux」で動かす方がイイな。


幸い、VMwarePlayer には、

1.「共有フォルダ」機能がある。

2.「ユニティ」モードがある。

この2つを活用すると、
Windows で動かしているのと見た目では区別が付かない!!!


「共有フォルダ」機能については、かなり古い記事だが、
VMwareのフォルダ共有機能を使うには
に解説がある。

    LinuxとWindowsの間でファイルをやりとりするには、
  SambaやFTP、rcpなどを使うのが一般的だ。
  しかし、VMware Workstation 4(編注)以上であれば、
  VMwareの共有フォルダ機能を使ったファイル共有が手軽だ。
  ここでは、Windows XPにインストールした
  VMware Workstation 4(以下VMware)の
  ゲストOSとしてLinuxをインストールした場合の方法を紹介する。

    ・・・・・
  ・・・・・・・


そして、

「ユニティ」モードについては、若干古い記事だが、
第8回 VMware Playerを使う(後)
に、詳しく書かれている。

    Windows 7のWindows XP Modeには、仮想マシン(ゲストOS)の上で動作
  しているアプリケーションのウィンドウだけをホストOSのデスクトップ上に
  表示させる、「仮想アプリケーション」と呼ばれる機能がある。
  仮想マシンのデスクトップ画面は表示されず、アプリケーションのウィンドウ
  だけが、ホストOSのデスクトップ上にシームレスに表示されるため、
  ローカルのアプリケーションを使っているのと同様の感覚で、
  仮想マシン上のアプリケーションを利用できる。

    VMware Playerではこの機能を「ユニティ・モード」と呼んでいる
  (unityには、統一とか調和、協調などの意味がある。
   ホスト側デスクトップとシームレスに統合されるモードという意味か)。
  Windows XP Modeの仮想アプリケーション・モードと違い、
  デスクトップが表示されている通常のモードとユニティ・モードは
  簡単に切り替えできる。Windows XP Modeの場合はいったんアプリケーションを
  終了してからモードの切り替えが行われるので、時間もかかるし、
  操作が面倒である。
  それに比べるとユニティ・モードでは、アプリケーションを起動したまま
  モードの切り替えが可能なので、簡単に利用できる。



そうだ。
Windows 移植版に拘らず、
あくまでもLinux版(<紙>の場合は、「CAELinux」だが)で行こう。


ホスト(Windowsマシン)のエクスプローラでケースフォルダを見、
Linuxでは、コンソールを使ってケースフォルダを見ている状況は、

VM_unity.png

ですね。

ディレクトリ「/mnt/hgfs/<指定した名前>」
が即ち、
ホストの指定したディレクトリに対応している。

上のキャプチャ画像の場合は、
ホストの「・・・/OpenFOAM」ディレクトリを指定して、
「OpenFOAM」と(Linux側での)<指定した名前>に成っている。

その中に、
「run/test-130327/UserCase」とディレクトリの階層がある。



おそまつでした。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

GeekoCFD:HDDにインストール

2013-03-14 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
5、4、3、.3、2 1、2、0、1、2(42)で、換算ポイント 122pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

GeekoCFD:ダウンロードはログイン後」でした。
「Google」のアカウントを使って。

それで、1時間55分掛けて、インストール版をダウンロードした。
「GeekoCFD.x86_64-4.0.0.preload.iso」で 3.17GB 。


先に、前回の
Live版用の仮想マシンは、
記念(?)に、「GeekoCFD-Live」として、そのままにした。
Live-DVD(のisoファイル)をマウントしたままで。

VM_GeekoCFD-Live.png


これで、(VMマシンを)リブートしなければ、結果が保存されている。



さて、折角ダウンロードしたので、

新たに、仮想マシンを組み立て、
インストールした。

VM_GeekoCFD.png



立ち上げると、

VM_GeekoCFD_LogIn.png



立ち上がると、

OSは、「OpenSUSE 12.2 64 bit」なので、

FileManeger は、「Dolphin」

ターミナルは、「Konsole」

ですね。

どちらも、初めてのモノです。


VM_GeekoCFD_Screen.png


OpenFOAM 2.1.x ながら、
初めてのOS「OpenSUSE」を触ってみる。


どうなることやら???


おそまつ。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

GeekoCFD:動かしてみた見た

2013-03-03 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
5、5、1、6、1 1、1、0、1、1(42)で、換算ポイント 126pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

先日(2013-02-26)の「GeekoCFD:OpenSUSE+OpenFOAM」で、

早速ダウンロードして、動かしてみた。


GeekoCFD - SUSE Gallery」の、
「Download」の下の「Media」をクリックして開く中で、
1番目の「USB & disk image」をパスして、

「ISO image」
  Burn this ISO file to a DVD (or CD, if the space allows),
  and you'll be able to boot directly from the disc.
が良いと思って、
「GeekoCFD.x86_64-4.0.0.iso」(2.66GB)を100分(1時間40分)掛けてダウンロードした。

実は、これは Live-DVD で、HDDにインストールは出来ない?

HDDにインストールするのは、その下にある「Preload ISO」でした。

まあ、これはやってみて分かったことですが。


それで、ダウンロードが出来たので、

例によって、VMware Player で仮想マシンを組み立て(?)て、
「isoファイルを」マウントし、電源オン。

こんな様な画面ですね。

GeekoCFD_Live-1.png


正確には、
これは、VMマシンのサスペンド状態をレジュームした結果ですが。


isoファイルから立ち上げると、

こうなる。

GeekoCFD_Live-0.png


デフォルトで、先に進めると、
ユーザーは「geeko」のみ可。
なにか変更を加える時には、「root」ユーザーのパスワードを使う。


言語は、デフォルトでは「English(US)」。「日本語」も選べる。
タイムゾーンは、「ベルリン」で GMT+1( JST-8 )でした。

まあ、テストするのは十分だが、
(VMマシンなので、状態を保持出来るから)
でも、HDD(と云っても仮想HDDだけど)にインストールしたい。


まあ、「OpenFOAM 2.1.x」の確認にはなるし、
「OpenSUSE」の勉強にもなる。



改めて、インストール版をダウンロードしよう!!!

こちらは、「GeekoCFD.x86_64-4.0.0.preload.iso」で 3.17GB ダ。

頑張ります。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

GeekoCFD:OpenSUSE+OpenFOAM

2013-02-26 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
前回投稿後の、blogramのランクインカテゴリについて、
更に、ダウンしている。
現在は、
5、5、1、4、3 1、1、0、2、1(42)で、換算ポイント 123pt 。
もう、<紙>流マイスターの対象外ダ グスン。
・-・ - -・

さて、本文。

OpemFOAMに関して(Firefoxで)検索していたら、

GeekoCFD - SUSE Gallery
なるサイトを見つけた。

  GeekoCFD is a live distribution based on openSUSE - 64 bit,
  whose purpose is to provide easy and immediate access to
  open-source Computational Fluid Dynamics tools.
  It includes cantor, gmsh, grace, gsl, wxMaxima,
  Octave with an almost complete selection of octave-forge packages,
  OpenFOAM, Paraview, pyFoam, R. Additionally, gcc, DDD,
  Eclipse Helios with CDT, Emacs, git, kate, vim and
  a complete openSUSE KDE installation are provided,
  including Gimp, LibreOffice and Blender.

例によって、
「Nicetranslator」で、機械翻訳・・・

  GeekoCFD ベースの-その目的簡単かつ即時にアクセスするオープン ソースの
  流体解析ツールには、64 ビットのライブ配信です。
  含まれていますカントール、gmsh、恵み、糖脂質、wxMaxima、
  オクターブ、オクターブ フォージ パッケージ
  openfoam をベース 、Paraview、pyFoam、r. また、gcc、DDD、
  日食ヘリオス CDT、Emacs、git、ケイト、vim、
  penSUSE の完全な KDE インストールのほぼ完全な選択を提供されて
  Gimp、LibreOffice ミキサーなど。

これは全くアカンですね。
<紙>の理解では、

  GeekoCFD は、OpenSUSE x64 ベースの ライブ(DVD)である。
  その目的とするところは、
  オープンソースのCFD(流体解析ツール)を簡単に使える様にすることである。
  含まれているのは、cantor, gmsh, grace, gsl, wxMaxima,
  Octave (含 octave-forge packagesの殆ど全て),
  OpenFOAM, Paraview, pyFoam, R. Additionally, gcc, DDD,
  Eclipse Helios with CDT, Emacs, git, kate, vim そして、
  完全な openSUSE KDE、つまり、
  Gimp, LibreOffice and Blender が含まれている。

と云った処???


これは、面白い。


下の「Release notes」
では、
  Version 4.0.0 (Public release)

そして、「Main features」
には、

 ・ System
   ・ OpenSUSE 12.2 64 bit
   ・ Kernel 3.4.6
   ・ gcc 4.7.1
   ・ KDE 4.8.4
 ・ Scientific software
   ・ cantor
   ・ gmsh 2.6.1
   ・ grace
   ・ gsl
   ・ wxMaxima and Maxima
   ・ Octave
   ・ OpenFOAM 2.1.x
   ・ Paraview 3.12
   ・ pyFoam
   ・ R
 ・・・・・
 ・・・・・

とある。



一寸調べてみた。
「geekoCFD インストール」で。

(自動翻訳じゃない)日本語のサイトは、・・・


PENGUINITIS!」さんの
OpenFOAM 情報
しか見つけられなかった。



また、「OpenSUSE」について調べてみた。
(<紙>にとっては初めてのLinux)


先ずは、「openSUSE - ウィキペディア

  openSUSE(オープン・スーゼ)は、ノベルがスポンサーを務め、
  コミュニティが開発するLinuxディストリビューションである。

  元々はSUSEが開発するSUSE Linuxであったが、
  2003年のノベルによるSUSE買収後、
  ノベルは100%オープンソースを目指すディストリビューションとして、
  開発体制をopenSUSEプロジェクトによるコミュニティベースに移行し、
  SUSE Linuxから現名称に変更した。

  現在の最新版は、2012年9月5日リリースのopenSUSE 12.2。
  また、openSUSEにはFactoryと呼ばれるプロジェクトがあり、
  最新のソフト等を積極的に取り込んでいて、
  これがリリース版のベースになっている。

なるほど。
で、本家のサイト(JP)「openSUSE
では、

 プロジェクト
   openSUSE プロジェクトとは、
   あらゆる場所で Linux が使われていくよう後押ししていこうという
   世界的な取り組みです。
   openSUSE は、世界中のフリー/オープンソース
   ソフトウェアコミュニティの一部として、オープンに、透明に、
   友好的なやり方で協力し合い、
   世界最高の Linux ディストリビューションの一つを創っていきます。

   プロジェクトはそのコミュニティによって管理され、
   テスター、ライター、翻訳者、ユーザビリティの専門家、
   アーティスト、Ambassador、開発者など、
   個々人からの貢献により成り立っています。
   プロジェクトは多種多様なテクノロジーを、
   そして様々なレベルの専門技術を持ち、様々な言語を話し、
   様々な文化的背景を持つ人々を受け入れます。


 ディストリビューション
   openSUSE ディストリビューションは、安定して、使い易い、
   完全なる多目的ディストリビューションです。

   このディストリビューションは、デスクトップあるいはサーバで作業する
   ユーザ、開発者をターゲットにしています。
   初心者のためのものでもあり、
   熟練ユーザあるいはとびっきりのギークのためのものでもある
    - つまり、全ての人にとって完璧なものなのです!
   最新リリースは openSUSE 12.2 で、
   便利なサーバ及びデスクトップアプリケーション全般にわたって、
   新しく、根本から見直されたバージョンを採用しています。
   収録されているオープンソースアプリケーションは1,000以上に及びます。


面白い。


導入してみよう!!!


と云うことで、頑張ります。  どうなりますか???


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

OpenFOAM:pyFoam導入

2013-01-04 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
前回投稿後の、blogramのランクインカテゴリについて、
投稿前だったようだが、「早稲田大学」がダウンしていた。(4位から5位)
その後、
「早稲田大学」がアップ。(5位から4位)
「医薬品」は2つアップ。(7位から5位)
でも、
「早稲田大学」がダウンそして、アップ。(4位)
「医薬品業界」もダウン。(2位から3位)
「グルコサミン」はアップ。(3位から2位)
「医薬品」はダウン。(5位から6位)
なので、現在は、
ランクの数、9、5、6、3、0、 2、0、0、2、1(43)で、換算ポイント 183pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

「PENGUINITIS」さんの(2012年7月10日の)記事に
PyFoam を使ってみる
があった。

面白そう。

ツールの最初に出てくるのは、
「pyFoamPlotRunner.py」
非常に興味がある。

他に調べてみると、
「pyFoam - Happy foaming with Python」なるPDF文書が見つかった。
これがURL
POWERLABなるオーストリアの大学の先生のもの(?)

この66ページの文書の中の、
14ページ目:「The plotter utilities」
に、
 ・ There are two flavors
    pyFoamPlotRunner Similar to pyFoamRunner
    ・・・・・
そして、

12ページの:「What the pyFoamRunner does」
では、
 ・ If called with --proc=N makes sure that the run is parallel
   ・ Prepends mpirun or similar
   ・ Appends --parallel
とあった。

これは見逃せない。

「PENGUINITIS」さんの(2011年8月10日)記事:
PyFoam のインストール
を見つけ、やってみた。

ホームディレクトリで、
1.「svn co <URL>」
として、入手し、

2.「cd PyFoam」

そして、
3.「python setup.py install」

これだけで、使える様になった。

マシンは(VMだが)「CAELinux 2011」。


勉強してみよう!!!


おそまつでした。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

2012年、Linuxが好調だった・・・

2012-12-30 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
前回投稿後の、blogramのランクインカテゴリについて、
「Mozilla Firefox」がアップ。でも翌日ダウン。(結果、変わらず3位)
「グルコサミン」がアップ。これも翌日ダウン。(結果、変わらず3位)
なので、現在は、変わらず、
ランクの数、9、5、7、2、1、 1、0、0、2、1(43)で、換算ポイント 186pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

実質、今年最後の記事。
(明日は、本当に今年最後で、「カテゴリマイスターの日」)

「YAHOO! JAPAN ニュース」に
2012年、Linuxが好調だった「5つの理由」とは
があった。( Computerworld 12月28日(金)15時20分配信 で。)

引用させて頂く。

 1. 10億ドル企業に成長
   Linuxの今年の最も顕著な成果は、米国Red Hatが2012年度決算
   (2012年2月末締め)で、オープンソース専業企業として初めて
   10億ドルを超す売上高を達成したことかもしれない。
   これは同社にとって長年の悲願だった。
     この成果は、Red Hatの経営力の証であるだけでなく、
   Linuxで利益をあげられることの証でもある。
   これは、このプラットフォームに対する今後のビジネス上の関心の
   喚起という点で、大きなプラスになるだろう。

 2. デジタル・デバイドの解消に貢献
   デスクトップLinuxの支持者は、そのメリットと普及について
   労を惜しまず議論するが、その一方で業界では、
   この技術を巡る重要な変化が静かに始まっている。
     すなわち2012年には、100ドル未満という安価な超小型のLinux搭載PCが
   続々と市場に登場した。
   強力なコンピューティング・パワーがガジェット・ファンだけでなく、
   従来はコスト的に厳しかった人にも入手しやすくなっている。
     この動きはコンピューティングにおける真の革命であり、
   膨大なAndroidユーザーのほかにもさらにLinuxユーザーのすそ野を広げている。
   のみならず、デジタル・ディバイドの解消に大きな役割を果たしつつある
   のは間違いない。

 3. ゲーム会社も注目するOSに…
   ゲーム・プラットフォームは、ビジネス界の多くの人にとって
   あまり重要ではないかもしれない。
   しかし、ゲームを非常に重視するPCユーザーもかなりの数に上る。
   実際、何年も前から多くの人が、Linuxに乗り換えない大きな理由として、
   対応ゲームが比較的乏しいことを挙げている。
     だが、今年はこの状況が一転した。
   米国Valveが、Windows 8の“大不振”などを理由に、「Steam」を
   Linuxに移植すると発表したからだ。
   最近の報道によると、米国THQも同様の取り組みを検討しているという。
      これらのことは、Lunuxユーザーの市場が、対応に値すると
   目されるようになっていることを示している。
   また、このことは、将来、幅広い分野で優れたアプリケーションが
   多数登場するであろうことを意味する。

 4. プリインストール製品の増加
   2012年には、Linuxがプリインストールされたハードウェアも大幅に増えた。
   Linux製品を専門に手がける米国ZaReason、米国System76、
   米国ThinkPenguinなどだけでなく、台湾Asusや米国Dellといった企業も
   こうしたハードウェアを提供している。
      そうした新製品が1つ登場するごとに、消費者の選択肢が広がることになる。

5. チャンス到来――攻めに転じられるか
   米国Microsoftの期待に反して、Windows 8に市場が冷ややかな反応を示している
   ことが明白になってきている。Linuxにとってはまさにチャンスだ。
   実際、英国Canonicalの人気Linuxディストリビューションの最新版となる
   Ubuntu 12.10(コード名:Quantal Quetzal)は多くの点で、
   とりわけビジネス・ユーザーの観点から見て、Windows 8より優れている。
     もちろん、強力な慣性の作用により、Windowsの市場支配は
   まだ何年も続くだろう。
     それでも、Windows 8のリリースとともに状況が変わり、
   デスクトップLinuxが互角の戦いを演じ始めていると、私は考えている。
   2013年以降の展開にも目が離せない。


以上、
結局、全文になってしまったが、・・・・・


原文(記事)も必要か?(Yahoo! ニュースは近い内に消えるから)

2012年、Linuxが好調だった「5つの理由」とは
さまざまな市場要因から大きな前進が実現
(2012年12月28日)

  どのような分野でも、年末は物事を評価するよい機会だ。
  Linuxもその例外ではない。
  こフリーのオープンソースOSは、2012年にさまざまな試練に直面した。
  とはいえ全体的に見て、今年はLinuxにとってナイスな年だったと思う。
  以下にその理由を5つ示したい。
     Katherine Noyes/PC World米国版

  ・・・・・

     ▲タブレット端末のOSとしてはもちろん、
       ゲーム会社もLinux OSに注目している

  ・・・・・
  ・・・・・

おそまつでした。



***** 明日の、
  今年最後の「カテゴリマイスター」で何ポイントゲット出来るか???



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

Linux 学習:~/.bashrc

2012-12-24 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
前回投稿後の、blogramのランクインカテゴリについて、
「グルコサミン」がダウン。(2位から3位)
なので、現在は、
ランクの数、9、5、7、2、1、 1、0、0、2、1(43)で、換算ポイント 186pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

3日前の「OpenFOAM v2.1.1 入れてみた」で、
  実行するには、
  「Terminal」を立ち上げて、
  一度「. /opt/openfoam/etc/bashrc」を実行する。
と書いたが、

この
  一度「・・・」を実行する。
が面倒。

そこで、調べていたら、
「ITmedia エンタープライズ」の「Linux Tips」に、
パスを追加したい~.bashrc編~」があった。

  ・・・・・
  ここでは,次回のログイン時にも有効になるよう
  追加したいパスを保存しておく方法を解説しよう。

  シェルにbashを利用している場合,
  ホームディレクトリに「.bashrc」という隠し属性(ドット)ファイルがある。
  このファイルをviエディタなどで読み込んで,次のように編集すればよい。
  ・・・・・

なるほど、勉強になった。

つまり、

(1)ドットが付いたファイル(隠し属性のファイル)がある。

(2)シェルが「bash」の場合、起動時に
  ホームディレクトリにある「.bashrc」を実行する。

以上、2点を(恥ずかしながら)学習した。(汗;

((( Linux Mint のシェルは、bashでした。)))


それから、
上記「Linux Tips」の記事の最後に、
「source ~/.bashrc」なる記述がある。

自分でも使用するのは「./hogehoe.sh」の様な記述。

つまり、
「.」と「/」の順番。これは上記で納得。
もう一つ「~」って???


【~】チルダと【\】バックスラッシュと【¥】
を見つけた。

この記事は、特殊記号のキーボード入力方法についてですが、
中に、
  参考: ~ 】(チルダ)は、LINUX(リナックス)などUNIX(ユニックス系)の
      OSを使用したサーバーにおいては、
      ユーザーに割り当てられたホームディレクトリを表記しています。
なる記述が。

そうなんだ、「~」は「ホームディレクトリ」のことだったんダ(汗;

「.」はカレント・ディレクトリ
で、
「~」はホーム・ディレクトリ


今頃になって、「Linux」の学習でした。


((( 尚、上記では、一部の記号を全角で表示している。)))


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

Linux Mint 入れてみた

2012-12-19 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
前回投稿後の、blogramのランクインカテゴリについて、
「物理」が飛び跳ねた?(12位から9位)
「立命館大学」がアップ。(3位から2位)
「グルコサミン」もアップ。(3位から2位)
「化学」もアップ。(6位から5位)
なので、現在は、
ランクの数、9、7、5、2、2、 0、0、0、1、1(43)で、換算ポイント 191pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

約4ヶ月前(08-14)の、
GUI版OpenFOAM(?)」で書いた、
  「PENGUINITIS」さんの記事:
  「Helyx-OS を使ってみる」があった。
そして、この記事を参照している。
Helyx-OSがようやく動いた

これらの記事に出てくる、「Linux Mint」

ウィキペディアでは「Linux Mint
  Linux Mint(リナックス・ミント)はLinuxディストリビューションの一つである。
  洗練され、最新で快適なLinuxデスクトップを提供することを目標としている。
  Ubuntuをベースにしており、Ubuntuのリポジトリを共有している。

つまり、<紙>の愛用している「Ubuntu」ベースの「Linux」。

試しに、導入してみた。

本家「Linux Mint」の「Main Page」では、
現在、バージョン14が出ている。

上記ウィキペディアに依ると、
コードネーム「Nadia」で、
エディションが、「Cinnamon」か「MATE」で、フルか「No codecs」と、計4種類ある。
ベースは、Ubuntu Quantal Quetzal(12.10)

でも、LTSの方を選んだ。

バージョン13(LTS)「Maya」ですね。
これには、上記の「Cinnamon」/「MATE」の4種類に加え、
「KDE」「Xfce」があって、全部で6種類。
で、ベースは、Ubuntu Precise Pangolin(12.04 LTS)

(CAELinux2011もそうだが)使っているUbuntuは、「GNOME」ですね。

「KDE」はほんの少々使ったかナ?
「Xfce」も1回あったかナ?

でも、「Cinnamon」も「MATE」も初めて聞く。


それで、どれにすれば良いの???

と、その時、日本語のサイトを見つけた。

で、「Linux Mint のダウンロード」には、

  Linux Mint の新しいリリース情報などはブログなどを参照してください。
  ダウンロードページに行くといろいろなエディションがありますが
  殆どの場合はデスクトップ環境の差があるだけです。
  MATE エディションと Cinnamon エディションの違いについては
  Linux Mint の特徴を参照して下さい。
  どのエディションを利用するかわからない場合は"MATE No codecs 32-bit"を利用して下さい。

とある。


    ・生産性、安定性と成熟した MATE デスクトップ
    MATE デスクトップはシンプルで使いやすく、安定性と生産性に長けています。
    そして低性能なパソコンでもサクサク動きます。

    ・現代的で新しくエキサイティングな Cinnamon デスクトップ
    Cinnamon デスクトップは高性能で先進的な技術を持ち合わせています。
    ユーザーに新たな刺激と体験を与えます。


どうも、「Cinnamon」の方が面白そう。
で、フル版にしてみたい。そして、64ビット版。

と云うことで、
Linux Mint 13 "Maya" - Cinnamon (64-bit)
つまり、「linuxmint-13-cinnamon-dvd-64bit.iso」(801MB)
をダウンロードした。


早速、VMware Player 5.0.1 で、
新規に「Linux / Ubuntu 64ビット」マシンを組み立て(?)

DVD(即ち、isoファイル)から立ち上げた。

Live DVD ですね。「Linux Mint 13 (Maya)」が立ち上がった。

すかさず、HDDにインストール。

1回リブートして、完了。


VM_Linux_Mint.png


そう、英語版です。
(Time Zone は Japan にしている)


少し弄ってみた。

初心者の<紙>にとって、
「Cinnamon」が大きく違っているのは、
マウスの「右クリック」(と云うか右ドラッグ?)

「Terminal」に於いて、文字列を張り付けるため、
右クリックしては・・・ダメ・・・もう1つ「Terminal」が立ち上がる。
(これは、popupメニューの1番目ですね)

右ボタンを押したまま、popupメニューの中の「Paste」までカーソルを移動させて、
そこで、ボタンから指を離す。(これがドラッグ?)
そうすると、張り付けられる。


GUIの、ファイルブラウザ(Nautilus でした)では、
(例えば)ファイルをポイントして
右クリックだと、メニューが出っぱなしになる。
(MS-Windows の「エクスプローラ」と一緒?)


暫く、様子を見てみよう。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

WindOS: Windows では無い

2012-11-10 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
一昨日は、
その後、「医薬品業界」がアップ。(3位から2位)
昨日は、
朝方、「Mozilla Firefox」がアップ。(3位から2位)
しかし、
今朝方は、「Mozilla Firefox」がダウン。(2位から3位)
また、「大学野球」もダウン。(8位から9位)
なので、現在は、
ランクの数、8、8、5、2、1、 0、1、0、2、1(43)で、換算ポイント 188pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

“これは面白い”ブログを見つけた。
ブログタイトルは「パソコンユーザのつぶやき」で、
昨年(2011年)08月11日の記事:
ひょっとして、誰も知らない WindOS
です。

引用させて頂く。

  「ひょっとして、誰も知らない WindOS」

  ・・・・・

  WindOS
  http://www44.atwiki.jp/windos/
  呼び名は「ういんどおーえす」

  Debian6.0"Squeeze"ベースで軽快な Openbox で lxpanel 使ってるようですね。

  これは、Puppy Linux より軽い予感。

  今のところ、日本語環境オンリーでCD or USB起動の Live起動しかできないようで、
  設定保存等したい場合は Persistence 機能を使ってくれとのこと。

  ・・・・・
  ・・・・・

  Windos 7 というのはあったような気がするが、それとは別かな。

以上です。


また、
「リナックス LINUX 初心者の会」なるサイトに、
WindOSインストール
があった。

  2chをみてたら、WindOSなるDebianベースのディストリをみつけました。

  WindOSとは、公式ホームページによれば、

・WindOSはDebian6.0"Squeeze"ベースで作られたLinuxディストリビューションです。
   CDまたはUSBフラッシュメモリなどから起動することができます。
・起動時のイニシャルメモリ消費量は僅か60MBです。
   システム性能の低いPCでも軽快に動作するように最適化/チューニングしています。
・日本語環境に特化しています。
・WindOSはDebian互換OSとしてDebianの豊富なリソース資源をそのまま利用できます。
   パッケージマネージャを利用したアプリ追加も簡単です。

  (http://www44.atwiki.jp/windos/pages/1.html)
  というものです。
  今回はこれをUSBメモリにインストールしてみたいと思います。
  以下、すべてDebian Squeeze上での作業です。Windowsでの作業は
  http://www44.atwiki.jp/windos/pages/13.html
  の”LiveUSBとして起動する”をご参照ください。

  インストール

  ・・・・・
  ・・・・・


これは、見過ごせない。
本家のサイト
を見てみた。


トップページでは、

  WindOS is light,fast & rich Operating System

      ここは、
      上記「リナックス LINUX 初心者の会」
      の4項目

  使用目的

 ・ 持ち運べるサブOSとして :システム起動に特定の機種を限定しません。
    一本のUSBメモリがあれば、どのPCからでも同じ環境で使えるOSとして
    持ち運ぶことができます。
 ・ レスキュー用途として :システムは完全に内臓HDDドライブから独立しています
    (違う言い方をすれば内臓HDDが接続されていなくても起動できます)。
    不調になったPCからのデータ救出などに大いに役立つでしょう。
    ※testdisk,photorec,ddrescue,partimage,smartmontoolsなどの定番ソフトも
    導入済みです。
 ・ Linuxの勉強用として :HDDへのインストールの手間なく手軽に
    Linuxを始めることができます。
    上記の通りWindOSはDebianという標準的なLinuxシステムですので
    Linux学習用としても最適です。


「TIPS」ページには、

  persistent機能:LiveUSBでユーザデータが継続保存されるようにする

  通常Liveモードではすべてのデータは再起動時に破棄されますが、
  persistent機能を使用することでユーザーデータを継続することができます。

  ・・・・・
  ・・・・・

や、

  アプリケーションのインストール例

などがある。

最後には、

  メモ :Linuxでは無線LANは鬼門です。
  例のように運がよければ簡単に設定できますが、
  そうでない場合はソースコードからビルドする。
  またはndiswrapperを使用する代替方法があります。

もある。
確かに、“無線”については、注意が必要ですね。


この「WindOS」
Bart PE と Vista PE
の代わりになるナ。

導入してみよう。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

GUI版OpenFOAM(?)

2012-08-14 :  Linux系
テーマ:物理、化学、VM、Linux、IE、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
一昨日、
その後、スコアには若干の増減があったが、ランクの変動は無かった。
昨日、
朝方スコアに若干の増減はあったが、ランクの変動は無かった。
その後も目立った変動は無かった。
今朝は、
「医薬品」がスコア・ダウンでランク・ダウン(4位から5位)
「カルシウム」もまたスコア・ダウンでランク・ダウン(8位から9位)
結局、
ランクの数は、14、7、2、1、1、 2、0、1、1、0(45)で、
換算ポイントは、218pt に減った。
・-・ - -・

さて、本文。

OpenFOAM入門」でブックマークした、
PENGUINITIS」さんの新しい記事に、
Helyx-OS を使ってみる」があった。
今月初め(2012年8月4日)の記事ですね。

  Helyx-OS は Engys 社が開発・販売している OpenFOAM ベースの統合 CFD ツール
  Helyx のオープンソース版である。
  簡単にいうと OpenFOAM 用 GUI ツール。
  ここではこの Helyx-OS を使ってみる。
  ・・・・・

とある。

少し、探して(Firefoxに依るGoogle検索して)みると、
DotPrototype」が見つかった。
先週(2012-08-08)の記事。

  HELYX OSはオープンソースの流体解析ソルバーOpenFOAM用に開発された
  オープンソースのGUIフロントエンドです。
  OpenFOAM解析用ケース作成(メッシュ作成、条件設定)をGUIで行うことができます。
  2012年7月21日にバーション1.0.0が初めてリリースされました。
  ライセンスはGPLv2(GNU General Public Licenseバージョン2)、
  開発元はイギリスのEngys社です。

  以下のSourceForgeプロジェクトページからLinux用実行ファイルと
  ソースコードをダウンロード可能です。
  (リンク:「SourceForge HELYXOS プロジェクトページ )
  ・・・・・


本家Engys社」の
HELYX-OS」のページには、

  The main features of HELYX-OS are:
  ・Create and run new CFD cases from scratch in serial or parallel.
  ・Native support for OPENFOAM dictionary files (load existing cases by
    reading settings directly from the available project text files).
  ・Control snappyHexMesh, including geometry display and
    execution within the GUI.
  ・Comprehensive case definition module, including controls for
    physical models, turbulence, boundary conditions,
    field initialisation and solver execution within the GUI.

  The following solvers are supported at present:
  ・Incompressible flows: simpleFoam, MRFSimpleFoam, porousSimpleFoam,
    pimpleFoam, pisoFoam
  ・Compressible flows: rhoSimpleFoam, rhoPimpleFoam,
    rhoPorousMRFSimpleFoam, rhoPorousMRFPimpleFoam
  ・Heat transfer and buoyancy-driven flows: buoyantBoussinesqSimpleFoam,
    buoyantBoussinesqPimpleFoam , buoyantSimpleFoam, buoyantPimpleFoam

  ・・・・・

とあった。

どうも、「snappyHexMesh」つまり、「STL」入力がメインの様な???

そして、「icoFoam」が無くて、
「simpleFoam」「pimpleFoam」「pisoFoam」あたり?


OpenFOAMは、「OpenFOAM 2.1.1」と最新(?)
と云うか、
「HELYX-OS」自身には、「OpenFOAM」は含まれていない(?)

別途インストール済みの「OpenFOAM」に対するGUIフロントエンドですね。


なお、プラットフォームは、Linux ですね。

ダウンロードサイトは、sourceforge.net

  An Open Source GUI for OpenFOAM by Engys

とある。(OpenFOAMの為のGUI)


些か、気になるもの。
でも、STL入力必須(?)でicoFoamが無い(?)
・・・悩むところダ。
CUIでもイイかナ???

暫く、気に留めておこう。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    

CAELinux 2011:OpenFOAM 決定版?

2012-08-04 :  Linux系
テーマ:物理、化学、VM、Linux、IE、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
一昨日、
21:40頃には、「Mozilla Firefox」がスコア・アップでランク・アップ(7位から6位)
これで確定。
昨日、
朝方に「Internet Explorer」がスコア・アップでランク・アップ(6位から5位)
また、「医薬品」もスコア・アップでランク・アップ(6位から5位)
このままで確定。
今朝は、
「Internet Explorer」がスコア大幅アップでランク・アップ(5位から3位)
更に「Mozilla Firefox」もスコア大幅アップでランク・アップ(6位から4位)
加えて、「化学」もスコア・アップでランク・アップ(8位から6位)
結局、
ランクの数は、13、8、2、2、1、 1、0、1、0、0(45)で、
換算ポイントは、218pt にまで増えた。
・-・ - -・

さて、本文。

一昨日(12-08-02)の(前回)記事
OpenFOAM 1.7 64ビット版( Linux )」は、
1年以上前にダウンロードしていた「CAELinux 2010」で、
ベースOS=Ubuntu10.04 では、546件もの更新があった。

ところで、当時、isoファイルをダウンロードするのに、
3.7GBもあって、回線スピードが約200kB/sで5時間超も掛かっていたが、・・・

本家(?)「CAElinux」を見てみると、

  New Release: CAElinux 2011
  Saturday, 15 October 2011 23:32

  CAELinux 2011 is based on Ubuntu 10.04.3 LTS 64bit distribution
  and contains a unique suite of open source simulation tools like
  Salome_Meca 2011.2, Code-Aster 11.0, Code-Saturne 2.0.2,
  OpenFOAM 2.0.1, Elmer 6.2 and many others.
  ・・・・・

とあった。

ここには
  caelinux2011.iso  2011-10-30  4.3 GB
とある。

これでは、6時間以上は覚悟しないといけない???

どうしようか?
試しに、ダウンロードを始めてみようカナ?
クリックしました。
なんと、ビックリ、瞬間 2MB/s 出ている?!?!?

そのまま実行。
結果、37分でダウンロード完了?
見ていたところ、0.6MB/s~3.2MB/sだった。

実際のisoファイルサイズは3.99GB。
計算してみると、1.8MB/s出ている?????

まあ、
「OpenFOAM 2.0.1」だし、これに乗り換えない手は無いですね。


またまた仮想マシンを作り(当然 VMware Player です)、
isoファイルをマウントし、マシン起動。

ライブDVDでのOpenFOAM試用を飛ばして、
迷わず、インストールしました。

CAELinux2011.png


この「CAELinux2011」は、「Ubuntu 10.04.3 LTS」をベースとして、
「OpenFOAM 2.0.1 x64」が入っている。

但し、完全な英語版。

キーボードも101US版。

常用する「_」(アンダーバー)とか「:」(コロン)の位置を確認しないといけない。

でも、
64ビット版だし、「OpenFOAM」もほぼ最新版。

「OpenFOAM」の最近のリリース履歴は、
  May 31st 2012: OpenFOAM version 2.1.1 released
  Dec 19th 2011: OpenFOAM version 2.1.0 released
  Aug 4th 2011: OpenCFD release OpenFOAM version 2.0.1
  Jun 16th 2011: OpenCFD release OpenFOAM version 2.0.0
  Nov 18th 2010: OpenFOAM 1.7.1 update for Ubuntu
  Aug 26th 2010: OpenFOAM 1.7.1 released
  Jun 26th 2010: OpenFOAM 1.7.0 released
  ・・・・・
と云うことでしょうか?

これで、<紙>的には、「決定版」です。
本格的に、頑張ろう(???)


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク