LuaCV:CvMat型も使える

2017-08-01 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、グルコサミン、Firefox
前(2017-07-30)の記事「OpenCV:cvFindContours 正常に出来た
で書いた如く、
  原因が分からなかった、cvFindContoursの結果不正。
  遂に、原因が判明した。
  ・・・・・
  ・・・・・
  これで、やっと懸案事項が解決した。

と云うことで、
もう“LuaCV”を使うことは無いだろうが、
駄目押しで、1点確認してみた。


以前(2017-07-28)の記事:
LuaCV:OpenCV library wrapper for Lua language」の
プログラムでは、“IplImage”型画像データを使っていた。

この“LuaCV”即ちOpenCVバージョンは2.3.1で、
“CvMat”型画像データが使えるか?

と云うことで、書き直してみた:
----- test_CvMat_FindContors.lua -----
cv = require'luacv'

img2 = cv.LoadImageM( 'Threshold.tif' ) -- これはカラーモードでの読み込み
xx, yy = img2.width, img2.height

img1 = cv.Createmat( yy, xx, cv.CV_8UC1 ) -- GrayScale 用領域
cv.CvtColor( img2, img1, cv.CV_BGR2GRAY )

---------- 以下でテスト
storage = cv.CreateMemStorage()
a, contours = cv.FindContours( img1, storage, cv.CvContour["size"], cv.CV_RETR_LIST, cv.CV_CHAIN_APPROX_SIMPLE, cv.Point(0,0) )
print( contours ) -- 確認用
while contours do
print( contours.total ) -- 確認用
z = cv.FitEllipse2( contours )
print( z["center"].x, z["center"].y, z["size"].width, z["size"].height, z["angle"] ) -- 確認用

cv.Ellipse( img2, cv.Point(z["center"].x,z["center"].y), cv.Size(z["size"].width/2,z["size"].height/2), z["angle"], 0, 360, cv.Scalar(0,0,255), 1, 8,0 )

contours=contours.h_next
end

cv.SaveImage( 'CvMat_LuaCV.png', img2 )
cv.ClearMemStorage(storage)
でしょうか?

キッチリ結果が出ていた。
OKでした。


本日はここまで。


Lua ( GSL Shell ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


170625
スポンサーサイト
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク