GSL Shell 学習:LuaJIT は2つのみで可

2017-09-01 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、グルコサミン、Firefox
インタプリタ系言語の中で、
<紙>が心酔しているのは、GSL Shell だが、・・・

インストール(展開)場所: D:/TOOL/Lua/gsl-shell/
には、
luajit.exe と、lua51.dll がある。

この2つダケで、
GSL の機能は含まれないが FFI 機能を含んでいる、
基本 Lua の JIT インタプリタと成る
のではないか?
と思った。


常用のマシンで隔離した環境、
つまり VM マシンで、
何処かに、この2つのファイルを格納し、
その場所で、コマンドプロンプトで
  luajit -v
と打ち込めば、
立ち上がり
  LuaJIT 2.0.2 -- ・・・
と表示される。


何某かの Lua プログラム( a.lua )を作って、
  luajit a.lua
とすれば実行された。

つまり、LuaJIT は2つのみで可ダ。


本日はここまで。


Lua ( GSL Shell ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


170315
スポンサーサイト
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク