Perl + C言語

2010-08-08 :  PCクリニック
ほぼ1年前に、「<紙>の常用(?)言語
と云うことで、「Perl」「ActiveBASIC」「Mathematica」を使っていると書きました。

「Perl」は、昨年初めに覚えた言語(スクリプト?)で、
今でも、常用しています。

あの時書いた通り、
「Perl」は、UNIX、Linux、MS Windows で使えますね。
文字列処理に関する機能・性能が強力です。
MS Windows マシンには、「ActivePerl」を入れています。

今では、UNIXサーバ及び Linuxでテキスト処理を行っています。
趣味ではブログ関連のテキスト処理及びWebアクセスで、
「Perl」を使いこなして(?)います。


一方、インタプリタでGUIの「Mathematica」でフロントエンド処理を行い、
処理のエンジン(心臓部)は整数演算で高速化するため「BASIC」です。(でした。?)

最近は、有償の「Mathematica」の代わりに、
やはりインタプリタである「Perl」でフロントエンド処理を行いつつあります。

そして、「BASIC vs C」で書いた如く、
性能が格段に良くなる「C言語」を「ActiveBASIC」の代わりに使っています。
つまり、整数演算で高速化するのは「C言語」です。
<紙>の場合、C言語は gcc です。(C(gcc) 入門(1)以来?)


更に、最近では、
文字列処理に関する部分は「Perl」で、実数演算処理部を「C言語」で、
と云った組み合わせでも使っています。


纏めると、
インタプリタの「Perl」とコンパイラの「C言語」の組み合わせで、
プログラミングするのが、大抵の処理で最高の選択肢かと思っています。


と云うことで、終わります。 ン?        


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク