アマチュア無線:グリッドロケーター

2011-05-17 :  アマチュア無線
IT関連,(_ _)
先月「アマチュア無線:JARL発行アワード」で、
<紙>が取得したアワードについて書いたが、
他にももっとアワードがある。
「WASA」(Worked All Squares Award)と云うもその一つ。
(<紙>がアワード集めをしていた時代(笑)には、無かったもの)
これは、正に「IT時代」ならではのもの?(笑)

「Swuares」と云う単語が入っている。
(「英辞郎 on the WEB」を見ると、「(チェスボードの)盤目」が最初に出る)


JARL HOME PAGE」の少し下・右に「アワードのページ」へのリンクがあり、
そのページの中に
WASA-HF」等がある。
  28MHz以下の各アマチュアバンドのすべて若しくはいずれかを使用して、
  異なるスクエア(グリッド・スクエア・ロケーターの最初の4桁で表示したものをいう。
  以下同じ)のアマチュア局と交信し、異なる100局以上のアマチュア局から
  QSLカードを各1枚得る。
とある。
「グリッド・スクエア・ロケーター」へのリンクでも解説されているが、
JL1PMH OMのページの方に、簡潔な説明がある。
グリッドロケーターとは
  ・フィールド
  西経180度、南緯90度の地点を基点とし、東へ20度おき、北へ10度おきに分割する
  ことによって、地球を18X18の324分割します。その分割された部分にAA~RRまでの
  アルファベットを当てはめたものを"フィールド"と呼びます。
  ・スクエア
  フィールドをさらに東に2度、北に1度ずつ分割すると、先のフィールドを
  100分割できます。これを"スクエア"といい、ここには00~99の数字を当てはめます。
  ・サブスクエア
  スクエアをさらに細かく24分割し、AA~XXの文字を当てはめたもので、
  これを"サブスクエア"といいます。
と全6桁の英数字コードですね。

そして、「Magical X Network」内のページ:
グリッドロケータ計算」では、
  「地図→グリッドロケータ」
  「緯度・経度→グリッドロケータ」
  「グリッドロケータ→緯度・経度/地図上の位置」
と3種類の計算が出来る。

例えば、「茨城県警牛久警察署」(北緯:35度59分59秒、東経:140度9分42秒)を、
地図→グリッドロケータ」で変換すると、
「GL:QM05BX」と出る。
この6桁のコード「QM05BX」が「グリッドロケーター」ですね。


上記の「WASA-HF」だと、グリッドロケーターの「スクエア」単位で
100以上の局と交信してQSLカードを得ると、アワードが貰える。
「JARLアワード発行状況」の今年4月の状況では、「WASA-HF-5500」も見える。

「WASA-HF」の他には、「WASA-V・U・SHF」がある。

オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク