オーランチオキトリウム:石油を作る藻

2011-09-03 :  理科部 部活
化学か生物か?
今朝(9月3日)の「Yahoo!ニュース」に、
河北新報 9月3日(土)6時10分配信 と云うことで、
石油作る藻 仙台市、共同研究着手へ 復興のシンボルに
なる記事があった。
   仙台市は筑波大、東北大と共同で、石油を作る藻「オーランチオキトリウム」の実
  用化に向けた研究に乗り出す方針を固めた。東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受
  けた下水処理施設「南蒲生浄化センター」(宮城野区)に集まる下水で、オーランチ
  オキトリウムを増殖する実証実験を本年度内に始める。
   研究の第一人者として知られる筑波大大学院生命環境科学研究科の渡辺信教授は5
  日、東北大関係者とともに奥山恵美子市長と会談し、連携の在り方を協議する。
   実現すれば、再生可能エネルギーの生産、下水処理の費用削減を両立させた環境配
  慮型の「究極の循環システム」(市幹部)が構築できる。市は「新次元の防災・環境
  都市」を基本理念に掲げる震災復興計画で、シンボル事業の一つに盛り込む考えだ。
   実証実験は、有機物を吸収して増殖するオーランチオキトリウムの性質に着目。南
  蒲生浄化センターに流れ込む生活排水を使い、オーランチオキトリウムを増殖させて
  石油の生産量や残りかすの成分を分析し、コストを含め大量生産に向けた基礎データ
  を集める。
   水温30度程度で増殖が活発になるため、下水処理の廃熱利用も検討する。オーラ
  ンチオキトリウムから石油を抽出する技術は、東北大大学院工学研究科が担う。
  燃料だけでなく、化学原料にもなることから、産業振興の面でも期待は大きい。
  地元企業が参加できるような枠組みも模索する。
   渡辺教授は宮城県丸森町の出身で、東北大理学部を卒業した。
  関係者によると、藻類バイオマスプロジェクトの推進に意欲的な渡辺教授は
  「東北の被災地の復興に貢献したい」として、今回の共同研究が実現したという。
  ・・・・・
  【オーランチオキトリウム】
   光合成をせず、有機物を吸収して炭化水素(石油)を生成、蓄積する。
   渡辺教授の研究グループが沖縄の海で発見し、昨年12月に学会で発表した。
  ・・・・・
e-radioを聞きながら化学?

それで、「オーランチオキトリウム」で検索。
トップで見つかるのは、ウィキペディアの
オーランチオキトリウム」ですね。

  オーランチオキトリウム(Aurantiochytrium)は水中の有機物上に、小さな
  細胞集団を作る微生物。無色ストラメノパイルであるラビリンチュラの一種である。
  炭化水素を高効率で生成・蓄積する株が日本の研究者によって発見され、
  「石油を作る藻類」として注目されている。
好きです。甲斐田ゆき、矢作紗友里。
  ・・・・・

  炭化水素の生産

  本属を含むラビリンチュラ類が PUFA を蓄積することは以前より知られていたところ、
  特に高効率で化石燃料の重油に相当する炭化水素(スクアレン)を産生し細胞内に
  溜め込む株を筑波大学の渡邉信教授らのグループが発見し、2010年12月14日に茨城県
  つくば市で開催された藻類の国際学会 "Asia Oceania Algae Innovation Summit" で
  報告した。この株は沖縄のマングローブ林において、水中の落葉表面から発見された。
  この炭化水素からは、これをベースにガソリンなどを含めた石油製品を作り出すこと
  ができると考えられているが、実用化はされていない。火力発電に使用する場合は、
  精製を行なうことなく、培養したものをペレットにしたものが使用できる。

  炭化水素を作り出す藻類は他にも知られていたが、油の回収や処理を含む生産コスト
  が1リットルあたり800円程度かかるのが難点だった。オーランチオキトリウムを利用
  することで、その10分の1以下のコストで生産できると期待されている。
  これまで有望とされていた緑藻類のボツリオコッカス・ブラウニーと同じ温度条件で
  培養した場合、10-12倍の量の炭化水素が得られる。
  培養することで、1リットルあたり1グラムのスクアレンを3日で作り出すことができ、
  仮に深さ1mの水槽で培養したとすると、面積1ヘクタールあたり年間最大約1万トンの
  炭化水素を作り出せると試算されている。
  これは2万ヘクタールの培養面積で日本の年間石油消費量を賄える量であり、
  耕作放棄地(38,6万ヘクタール)などを利用した生産が考えられている。

  ・・・・・


今朝のニュース記事からでした。   <(_ _)>

と云うことで、今日の 化学部活動 は終了。   


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

中国で「下水から作った食用油」というニュースがありましたねぇ・・・

cyah さんへ

いらっしゃいませ。

昨年のニュースでしたっけ?

今年のものでは、
日本人が人糞で肉を合成、韓国ネット上「大統領官邸が購入せよ」
とか云ったものがありましたネ。

今後とも、宜しくお願い致します。

No title

いつも訪問頂きありがとうございます。

オーランチキトリウムですねー。関西のTV番組(そこまでいって委員会)では勝谷誠彦氏が強力プッシュしている研究です。

実用化できれば、廃水処理と燃料生成が同時にできるのでかなりいい技術と思われます。なんでも中東の国からも視察に訪れていたり、研究所のセキュリティがものすごく厳重だとか、との報告がありました。

すぐにでも大規模実験をしてほしいですよね。

ではー。

ランキングはいまのところなんとか現状維持で、気を抜くと落ちてしまいそうです。

t_dragon_2000 さんへ

こちらこそ、
いつもいつもありがとうございます。
貴重な情報提供、有り難う御座います。
実用化(大量生産)出来ると素晴らしいですね。

こちらのランキングは、
blogramさんに、気を抜いたと見られたようで、
だんだん下がっています。
頑張らなくてはいけないです。

今後とも、宜しくお願い致します。
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク