グラフェンとCNTを用いたキャパシタ

2011-09-08 :  理科部 部活
化学
こんなニュース記事に注目した。

マイコミジャーナル 9月7日(水)6時10分配信:
NIMS、グラフェンとCNTを用いた高エネルギー密度のキャパシタを開発

  物質・材料研究機構(NIMS)の研究チームは、電気を蓄える「キャパシタ」の
  エネルギー密度を、シート状のナノ物質であるグラフェンを層状に積み重ね、
  その間にカーボンナノチューブ(CNT)を挟み込んだ電極を用いて向上させる
  ことに成功したことを発表した。

  同成果はNIMS先端材料プロセスユニットの一次元ナノ材料グループ
  唐捷グループリーダーおよび程騫NIMSジュニア研究員と
  米国ノースカロライナ大学のグループによるもので、
  英国王立化学会の物理化学専門誌「Physical Chemistry Chemical Physics」
  に掲載される予定。

  現在、電力利用の効率化と省エネ化、再生エネルギーの効率的利用のため、
  ニッケル水素電池などのバッテリ開発が推進されている。
  中でもキャパシタはバッテリに比べ、出力密度が大きく急速な充放電が可能で、
  例えば自動車のブレーキ時の損失エネルギーの90%を回収することができ、
  充電も短時間で完了するといった特長があるほか、
  長期間の繰り返しの充放電も可能で、リチウムイオン電池などに比べて
  安全という特長もあるが、エネルギー密度はそれらに比べると低く、
  大容量化が困難だという欠点があった。

  キャパシタのエネルギー密度を増大させるには、
  キャパシタ電極の表面積を大きくする必要があり、
  出力密度を大きくするには高導電性とする必要がある。
  研究グループは、化学的処理によりグラファイトからグラフェンを作製し、
  グラフェン同士の間にCNTをスペーサとして挿入した積層構造を創製することで、
  これらの課題の解決を図った。

  具体的には、グラファイトから作製したグラフェンを分散させた水溶液に、
  CNT分散水溶液を添加するとグラフェンとCNTの相互親和力により、
  グラフェン表面にCNTが接着した複合構造が得られ、これを濾過したところ、
  CNTがグラフェン間のスペーサとなり、
  また、グラフェン間を電気的・機械的結合させた層状の
  グラフェンフィルムが得られたという。
ラジオは、FM青森、e-radio。
  ・・・・・
阪神の注目選手は小嶋達也と福原忍! 大好きなのは、甲斐田ゆき、矢作紗友里。
ニュース記事のコピーでした。

なお、下の方には、

【関連記事】
IMS、スーパーキャパシタの電気容量を従来比6倍に向上できる電極材料を開発
三菱マテリアルと電気化学、リチウムイオン電池用材料などの共同事業を検討
東北大、高性能スーパーキャパシタを開発
産総研、SWCNTを1日で600g生産できる大量生産技術を確立
NEC、実用レベルの薄くて曲がる有機ラジカル電池を開発
が、並んでいる。

オ ソ マ ツ。   <(_ _)>

と云うことで、今日の 化学部活動 は終了。   


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。

記事読みました。充電池の性能アップに繋がる技術ということですかねえ。

といいますか、そもそも充電池で充電すると、どうやって電気を貯められるのだろう、って思います。

この辺も記事にしてくださいー。

では

今日は

高性能蓄電池の開発は電力需要の逼迫している日本では最重点に取り組む事だと思います。再生エネルギーの太陽電池や風力発電は出力が安定せずこれを余剰電力がある時蓄電すると安定性が増します。今回の原子力発電事故の経験を生かして原子力発電の安全性を高め、放射能が漏れた場合の汚染物質の回収技術や危険作業をさせるためのロボット技術を高め、そして効率的な再生エネルギー利用と蓄電技術力を高めてもらいたいと思います。

t_dragon_2000 さんへ

いらっしゃいませ。
またまた、記事ネタのヒント(?)ですね。
サジェッション有り難う御座います。
勉強してみます。

では、また。

toragorou88 さんへ

いらっしゃいませ。
何時も見ていただき有り難う御座います。

電気の蓄積・供給は重要ですね。
如何に高効率で溜めるか、
皆さん研究されているのですね。

今後とも、宜しくお願い致します。
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク