箱根駅伝:早稲田大学は往路2位

2012-01-03 :  その他
テーマ:早稲田大学、C言語、IT関連、Firefox、福原忍。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日はその後の観察で、
20:35頃には「C言語」が遂に2位に陥落。
相手方のスコア・アップがもの凄い!
blogramの琴線に触れたのか?
結果、ランクの数は、19、8、2、0、2、 0、0、1、0、0(45)となり、
換算ポイントは、再び 271pt まで落ちた。
昨年12月27日の 記事「[Lua] Lua 5.1~5.2 の非互換性」で、
36bg程度から増加が止まらず、大晦日/元日には80bg辺りになり。
昨日2日の記事「[Lua] Lua 5.2 の特徴」で一気に114bg超と跳ね上がった。
こちらは86.68bgで変わらなかった。
で、これが昨日の確定値。
今朝になって、
「Firefox」がスコアを戻し1位に返り咲いた。
なので、ランクの数は、20、8、1、0、2、 0、0、1、0、0(45)に戻り、
換算ポイントは、275pt となった。
「Mozilla Firefox」のスコアは、
昨年12月29日の237.84bgを最高に、この元日には184.37bgまで下がった。
これは、blogramの逆鱗に触れたのか?
それで、今朝方は184.70bgまで戻した。
・-・ - -・

さて、本文。

昨日の日中のニュースですが、
読売新聞 1月2日(月)12時28分配信
東洋大が往路4連覇、柏原も区間新…5区
  箱根駅伝5区(小田原中継所~箱根・芦ノ湖23・4キロ=2日)
  ――東洋大・柏原(4年)が1時間16分39秒の区間新記録で
  4年連続の区間賞に輝き、東洋大の往路4連覇に花を添えた。

  東洋大の5時間24分45秒は、前回大会を5分以上上回って往路新記録となった。
  初めてトップでたすきを受けた柏原は、序盤をやや抑え気味に入った。
  柏原の最初の5キロは、15分5秒前後のペース。上りに入ってから徐々に
  ペースを上げ、10キロ通過地点で、区間記録のペースを上回った。
  小涌園前(14・2キロ)を通過し、区間記録には約10秒遅れたが、
  芦之湯(18・3キロ)地点では、再び約10秒上回った。
  柏原は、自身が2年生の時に作った区間記録を29秒更新し、
  2位の早大に5分以上の大差を付けた。

  2位は熾烈な争いを展開。3位スタートの明大・大江(3年)が、
  9キロ手前で早大・山本(1年)に追いつく。10キロを過ぎて山本が抜き返し、
  19キロ手前では大江が再び2位に立ったが、最後は早大・山本が2位でゴールした。
  最下位の東農大は5区の津野(2年)が苦戦し、トップから30分以上の差が付いた。
  ◆往路記録
   ▽1位=東洋大5時間24分45秒▽2位=早大5時間29分52秒
   ▽3位=明大5時間30分6秒▽4位=駒大5時間31分28秒
   ▽5位=城西大5時間32分17秒
   ・・・・・

そして、夜のニュース
日本テレビ系(NNN) 1月2日(月)22時10分配信
箱根駅伝 東洋大が往路新記録で往路4連覇
  第88回東京箱根間往復大学駅伝競走は2日、東京・大手町から神奈川・箱根町までの
  往路5区間(108.0キロ)が行われ、東洋大学が、5時間24分45秒の
  往路新記録で4年連続の往路優勝を果たした。これまでの記録を5分以上短縮した。

  総合連覇に挑む早稲田大学は、1区の大迫傑選手(2年)が独走して
  2年連続の区間賞を獲得、首位に立った。
  1区で4位だった東洋大学は、2区で設楽啓太選手(2年)が
  早稲田大学・平賀翔太選手(3年)を抜いて首位に浮上した。

  各チームがエースを起用する2区では、青山学院大学・出岐雄大選手(3年)が
  同校史上初の区間賞を獲得し、チームを12位から3位に引き上げた。
  最終的に、青山学院大学は7位と健闘した。

  また、3区では、山梨学院大学・コスマス選手(4年)が、
  1時間1分38秒の区間新記録を打ち立てた。

  東洋大学は3区以降も首位を守り、往路新記録で4年連続の往路優勝を果たした。
  5区ではエースの柏原竜二選手(4年)が快走し、1時間16分39秒で
  区間新記録をマーク。柏原選手は4年続けて5区を制し、区間記録を3度更新した。

  早稲田大学が首位と5分7秒差の2位、明治大学が3位に入った。
  ・・・・・


今日の復路は、
読売新聞 1月3日(火)8時19分配信
東洋大が首位守る、6分差で明大2位…箱根6区
  箱根駅伝6区(箱根・芦ノ湖~小田原中継所20・8キロ=3日)
  ――首位スタートの東洋大・市川(3年)が快調なペースを刻み、
  独走状態のままたすきリレー。
  6分24秒差の2位で、明大・広瀬(2年)が中継所を通過。
  早大はさらに20秒遅れ、3位に後退した。
  東洋大・市川は3年連続の山下りで初の区間賞を獲得。5キロ手前、
  最高地点から下り坂に入ると、小涌園前(9・1キロ)までに、
  2位スタートの早大・西城(3年)との差をさらに約30秒広げた。
  2位以下は、先頭から5分7秒遅れで早大がスタート。
  続いて明大、駒大、城西大、山梨学院大、青山学院大の順。
  8位東海大以下の13チームは、10分後に一斉スタートした。
  5キロ過ぎ、青学大の竹内(2年)が1人抜いて6位に。
  一斉スタート組からは、中大の代田(2年)が抜け出した。
  12キロ付近で、3位スタートの明大・広瀬が早大を抜き去った。
  ・・・・・
早大は、一時4位にまで落ちたが、
2位を取り戻した。
・・・・・

東洋大は6区で区間新。
7区でも区間新!・・・恐ろしヤ。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

来年は柏原選手も卒業でいなくなるので山登りが面白くなりそうですね
それにしても柏原選手の走りは凄いのにびっくりですね

喜サンタ さんへ

いらっしゃいませ。

そうですね、柏原選手の走りの凄さにはビックリです。
まあ、今年の東洋大学は全体的に驚異的でしたね。

今後とも、宜しくお願いします。
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク