“原理”

2012-02-01 :  理科部 部活
テーマ:物理、化学、IT関連、パソコン。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日は、記事投稿が遅かったので、
その後の変化は特記するほどのことは無かった。
ランクの数、25、4、1、0、0、 1、0、0、0、1(45)で、
換算ポイント、290pt が、昨日の確定値。
目出度く(?)今年第1回目のマイスターの日が過ぎた。
今朝になって、
それなりのスコアの変動はあるものの、ランクの変動はなかった。
なので、ランクの数は、25、4、1、0、0、 1、0、0、0、1(45)で、
換算ポイントは、290pt のまま。
・・・・・ と、書いている途中で、
「IT関連」が取り残されて2位にダウン。
ランクの数は、24、5、1、0、0、 1、0、0、0、1(45)で、
換算ポイントは、288pt とダウンした。
・-・ - -・

さて、本文。

一寸古いですが、
先月22日・日曜日の「読売新聞」(朝刊)における、
  「学ぼう なっとく科学の言葉」
は、「原理」でした。

この記事を
手打ちするのは面倒なので、
スキャナで読み取り、文字認識させたらどうか?・・・
(「自炊」と云うのかナ?)

やってみました。

手持ちのC社の複合機に付いていた「読取革命Lite」で認識実験。


当該新聞の活字は比較的大きいので、
完全に認識しました。

よのまま、貼り付けてみます。


   原理
    物理学には、「原理」「法則」「定
   理」などの決まりごとがでてきます。
    このなかで原理というのは、物理
   学の理論のもっとも基礎になるもの
   で、本来は証明できません。証明で
   きるなら、それよりも基礎的な出発
   点があるはずだからです。法則は原
   理を数式で表したもの、定理は法則
   から導かれた公式を指すのが一般的
   です。
    たとえば光速度不変の原理。静止
   した人が光を観測しても、動きなが
   ら観測しても、光の速さは変わらな
   いという性質です。わたしたちの常
   識とは違う不思議な性質で、しかも
   なぜなのかは説明できないのです
   が、観測してみると、たしかにそう
   なっている。アインシュタインの相
   対性理論にも関係する、まさに原理
   らしい原理です。
    物体の位置と速度を同時にきちん
   と測定することはできないというハ
   イゼンベルクの不確定性原理も、ミ
   クロの世界の根本的な性質を示して
   います。
    ただ、これまでの呼び習わし方が
   優先して、原理、法則などの区別が
   あいまいになっている場合もありま
   す。水を満たした容器に物体を沈め
   ると、その物体の体積はあふれた水
   の体積とおなじだというアルキメデ
   スの原理。これに浮力の話を絡めて
   アルキメデスの原理ということもあ
   ノりますが、いずれにしても、原理と
   までよんでよいのかは微妙なところ
   です。

十二分に使える。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


と云うことで、今日の 部活動 は終了です。   



見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク