固体の炭素分子

2012-02-28 :  理科部 部活
テーマ:C言語、薬事法、IE、物理、化学、IT関連、e-radio、東京大学。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日はその後の観察で、
08:35頃には、「東京大学」がスコア変わらずで2位から3位に落ちた。
その後も、未明にダウンしたものは復帰せず、
結局、ランクの数は、22、5、3、1、0、 0、0、0、0、0(45)となり、
換算ポイントは、更に下がって、282pt になった。
残念ながら、これが昨日の確定値。
今朝になって、
「C言語」は、スコアが半分ほど回復して1位に戻った。
「薬事法」は、ほぼ元に戻って1位に。
「e-radio」が、スコア変わらずで1位になった。
そして、「医薬品」がスコア・アップで3位から2位にアップ。
なので、ランクの数は、25、3、2、1、0、 0、0、0、0、0(44)となり、
換算ポイントは、290pt となった。
「C言語」「薬事法」「e-radio」に何があった?
明日が「カテゴリマイスターの日」。
どうなりますかネ。
・-・ - -・

さて、本文。

久しぶりに見た「マイナビ・ニュース」に、
24日付けで、
炭素分子が初めて宇宙空間で"固体"で発見される - NASAが発表
があった。
  NASAはこのほど、炭素分子「バッキーボール」が初めて固体で
  宇宙空間で発見されたと発表した。
  バッキーボールは、25年前に実験室で発見されており、
  気体の状態では宇宙空間での存在が確認されていたが、
  固体での確認はこれが初めてである。
ですね。

詳しくは、

  バッキーボールは、サッカーボール状の多面体。
  表面にはつながり合った輪を持っており、その形状が
  建築家バックミンスター・フラーによるジオデシックドーム
  と似ていることからその名が付けられた。

  NASAは今回の発表において、「この発見で、バッキーボールは
  宇宙にある既知の分子の中で最大のものであることがわかった」
  「宇宙で起こるすべての物理的過程と化学的過程に重要な役割を果たす
  独特な特性を持っている」という専門家による見解を紹介している
  (この発見は学術雑誌「サイエンス」のオンライン版に掲載される予定)。

  バッキーボールは、三次元の球体構造に配置された60の炭素原子から構成される。
  六角形と五角形が交互に並ぶその模様は本当にサッカーボールのようだ。

  研究チームはさらに今回、バッキーボールの仲間にあたるC70も
  初めて宇宙空間で発見した。C70は70の炭素原子から構成され、
  形状は楕円形のフットボールに似ている。
  これらの分子の種類は、正式にはバックミンスターフラーレン、
  またはフラーレンと呼ばれるクラスに属する。

  ・・・・・

ですね。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>

と云うことで、今日の 物理部?/化学部? 活動 は終了です。   


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク