FC2ブログ

RoffView:RさんのOFFビューア

2012-04-02 :  PCクリニック
テーマ:物理、化学、大学野球、Safari、薬事法、医薬品、医薬品業界、電波法、石油業界、e-radio、福原忍、カルシウム。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日は、その後の観察で、
17:50頃には、「電波法」が再び2位に陥落していた、
なので、ランクの数は、13、12、4、1、1、 0、0、0、0、0(44)で、
換算ポイントは、256pt と昨年5・6月並の十三冠にまで後退した。
そして、これが昨日の確定値。大々ショック。
今朝になって、
スコアにはそれなりの変動はあったが、ランクの変動には結びつかなかった。
で、ランクの数は、13、12、4、1、1、 0、0、0、0、0(44)で、
換算ポイントは、256pt のまま。
浮上は絶望的になってきた。
・-・ - -・

さて、本文。

昨日の、
OFF:構造データ表現形式
で、「OFF」形式ファイルを読めるアプリは意外と少ない。

そこで、
あちこち探していたら、
こんなサイトを見つけた。
RoffView - Ryan's Off Viewer
  RoffView is a small program I wrote for a course in computer graphics (CSE470)
    at Arizona State University.
  The original program was written as an MFC application with Visual C++.
  I have since ported the program to Java 1.3 and to OpenGL,
    and expanded its functionality while doing so.
  I also have written a number of utilities for manipulating the OFF files
    that RoffView works with.
  These can be found on my OFF Tools Page.
  A newer program of mine, MeshMan, also works with OFF files,
    and has a somewhat more advanced feature set.
つまり、
 アリゾナ州立大学のコンピュータ・グラフィックス講座用に、
 OFF形式ファイルを読めるもので、
 Ryan先生が自作した、C言語で書いた小さなプログラム。
 さらに、OFF形式ファイル用のツールを幾つか作った。
 また、新しく作った「MeshMan」も OFF形式ファイルを扱える。
 これは、多少機能強化している。
と云うことでしょうか。


早速、「RoffView」をダウンロードした。
MS-Win の、Win32 プログラムですね。

ダウンロードしたのは、「RoffViewGL.zip」150kB 。
で、中身は「RoffViewGL.exe」(2003.1.24 作成、416KB)1つ。

VM の MS-Win XP マシンにコピーして、実行してみた。
テスト用サンプルデータ「cube.off」もダウンロードしたが、色情報定義無し。

そこで、自分で色情報を付加してみたが、対応していない模様?

入出力の対応形式については、
「File」メニュー →「Open」では、「OFF」のみ。
「Import」メニュー では、「STL」(ASCII/バイナリ)のみ。
「Export」メニュー では、「JPEG」「BitMap」等と、「STL」(両方)と「Point Cloud」
ですね。


序でに、「MeshMan」もダウンロードした。
「MeshMan.zip」320kB 。
これも、中身は「MeshMan.exe」(2006.7.27 作成、720KB)1つ。

これも、色情報には対応していない模様?
入出力については、
「File」メニュー →「Open」では、「OFF」「obj」の2種類。
「Import」メニュー が無くなっている。
「Export」メニュー では、「BMP」「EPS」の2種類。それと、
  「Mesh」サブメニューで、「STL」(両方)と「obj」「PLY」「Point Cloud(.pts)」等。
ですね。

追加された機能は、
「obj」入力と、
「PLY」出力。

「PLY」形式 って何?

それから、
「Point Cloud(.pts)」って何?


色情報が定義できる「OFF」形式ファイルが扱えるが、
肝心な色付きには対応していないのは残念。

「PLY」形式、「Point Cloud(.pts)」の方が気になる。

尤も、
  MeshMan is a 3D modeling tool.
  It loads and manipulates 3D mesh geometry in a few useful ways.
とあるが、・・・・・


今一つ、勉強してみよう。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク