FC2ブログ

UDAV(MathGL)でIDTF生成

2012-04-08 :  PCクリニック
テーマ:物理、化学、C言語、大学野球、Safari、薬事法、医薬品、電波法、石油業界、e-radio、福原忍、カルシウム。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日は、その後の観察で、
11:40頃には、「C言語」がスコア大幅ダウンで再び2位に陥落。どうして?
さらに、22:00頃には、「東京大学」がスコア変わらずで、5位から6位に後退。
それで、ランクの数は、13、12、4、1、0、 1、0、0、0、0(44)にまで下落。
換算ポイントも、255pt にまで減った。
そして、これが昨日の確定値。
今朝になって、
「C言語」のスコアが若干増えたがまだまだ足りない。2位のまま。
なので、ランクの数は、13、12、4、1、0、 1、0、0、0、0(44)のままで、
換算ポイントも、255pt のまま。
・-・ - -・

さて、本文。

去る2月3日に、
MathGL」を導入した。
これは、C++、C、Fortran、Python、Octave、その他の言語で使える。

そして、MGLスクリプト・インタプリタである、
UDAV」も、
2月17日に導入した。


それで、
2月16日の、
IDTF/U3D生成アプリ
で、
 「3D-PDF」生成に繋がる、
 「IDTF」乃至「U3D」を出力できるアプリとして、
 「Jmol」「PyMOL」「MeshLab」「FreeCAD」「JReality」
  の5つが見つかった。

また、3月15日の
PRC:U3Dに並ぶ 3D-PDFのキモ
で、
 「Asymptote」は「PRC」ライター???
  (movie15を導入した)「LaTeX」は「PRC」も扱える。

 「Right Hemisphere」社の製品「DEXP」
  即ち、「Deep Exploration CAD Edition」は、
  色んな(CAD系?)形式のファイルから、3D-PDFが作れる。


今回、
「UDAV」で、IDTFが生成できる。・・・
と云う事を知った。


即ち、
For movie15-based 3D embeds, how to get u3d files?
なる「TeX」のQ&Aサイト(?)には、

 The Udav program exports IDTF, and possibly u3d,
  it's not very clear from their webpage.

なる記述がある。
つまり、
 「UDAV」は「IDTF」をエクスポート出来、多分「U3D」も?
 このことは、ウエブ・サイトからは明確に読み取れない。
と云うこと?

確かに、「UDAV」の
「Graphics」メニューの「Export as ...」には、
「PNG」「GIF」「SVG」「C++」等に並んで、
「IDTF」もある!

試しにやってみたが、出来ている様な?
それを「U3D」にコンバートして、3D-PDFにしてみたが、
平面図形だったからか、回転させると表示が崩れたが?


なお、
上記の「TeX」のQ&Aサイトには、
他にも有用な記述が幾つかある。

 ・wiki.jmol.org/index.php/File_formats/3D_PDF#IDTF_to_U3D
  (「Jmol」の話)

 ・DAZ Studio 3D Studio 3D can import many 3D file types
   and export to a few formats, including u3d.
  (「DAZ Studio 3D」? 有償製品?)

 ・So to embed a common IGES or STEP model
   you need mesh in something like Gmsh, export the mesh,
   import it into Meshlab and
   then hopefully it will manage to export it into u3d.
  (「Gmsh」の話)

 ・Another way that did not work for me but quite possibly might
   for others is using the u3d export plugin for Blender.
  (「Blender」の話)

 ・You can use MathGL to produce IDTF files
   which later can be converted to U3D by help of U3D tools
  (今回の話)

 ・u3d has initially been developed by Right Hemisphere and
   some of the patents purchased by Adobe to create Acrobat 3D.
  (「DEXP」は、「U3D」を開発した会社の製品)

 ・U3D models can also be obtained with matlab (nonfree), but not natively.
  (有償製品の「MatLab」でも「U3D」が作れる? natively で無い?)


などなど。


もう少し、勉強してみよう。


頑張ろう!!!


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク