FC2ブログ

星形多面体結晶構造物

2012-04-11 :  理科部 部活
テーマ:物理、化学、C言語、大学野球、Safari、薬事法、医薬品、電波法、石油業界、e-radio、福原忍、カルシウム。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日は、その後の観察で、
08:30頃には「医薬品業界」がスコア・アップで4位から3位に戻った。
なので、ランクの数は、15、10、4、1、0、 1、0、0、0、0(44)となり、
換算ポイントも、259pt に戻った。
そして、これが昨日の確定値。
ではなかった。
今朝の確認で、
「医薬品業界」がスコア変わらずで、3位から4位に下がった。(確定値では4位のまま)
結局、ランクの数は、15、10、3、2、0、 1、0、0、0、0(44)で、
換算ポイントも昨日朝と同じ、257pt に下がった。
・-・ - -・

さて、本文。

ほぼ1ヶ月前(2012/03/14付)になるが、「マイナビニュース」の「エンタープライズ」に、
東大、「星形多面体」を自己組織化によって100%の効率で作り出すことに成功
があった。

一部を引用させて頂く。

  東京大学は、複雑な構造ゆえに合成が難しかった凸型の表面を持つ「星形多面体」を
  自己組織化によって100%の効率で作り出すことに成功したと発表した。
  カギとなる手法は、立方八面体型の分子(「アルキメデスの立体」の一種)を一度作り、
  この分子に突起部を付け加えることで星形化した立方八面体に変換する合成法であり、
  また突起部を除くことで元の立方八面体に戻すこともできたという。

  成果は、東大大学院工学系研究科応用化学専攻の藤田誠教授らの研究グループに
  よるもの。理化学研究所が所有する大型放射光施設「SPring-8」の
  構造生物学IIIビームライン「BL38B1」および高エネルギー加速器研究機構が
  所有する「フォトンファクトリー」のビームライン「PF-AR NE3A」を利用して、
  X線結晶構造解析データが収集された。

  詳細な研究内容は、英科学誌「Nature Chemistry」に掲載される予定だ。
  それに先立ち、英国時間3月11日付けで「Advance Online Publication (AOP) web版」
  で公開された。

  美しい立体は、古来より数学者を魅了し、すべての面が同じ正多角形で
  構成される「プラトンの立体(正多面体)」や、すべての面が正多角形で構成され
  頂点の形状が合同であるアルキメデスの立体(半正多面体)、
  さらにこれらの多面体の各面や各辺を広げてできる凸型の面を
  持つ「星形多面体」などに分類される。

  化学者も、この立体形状の美しさに惹かれて、
  さまざまな立体構造の分子を人工合成し、その形によってさまざまな機能が
  生み出されることを見つけてきた。
  藤田教授らの研究グループは新しい立体分子の合成に挑んでおり、
  「一義構造」の分子を100%の効率で作り出すためには「自己組織化」
  (小さな構成成分が自然と集まって、秩序だった巨大構造が生みだされる現象のこと)
  が有効であることを実証してきた。

  ・・・・・

  画像1。立方八面体と星形化した立方八面体

  画像2。単結晶構造解析によって明らかになった立方八面体の分子

  画像1。立方八面体と星形化した立方八面体

  ・・・・・

  あるウイルスは殻に窓を持っていて、可逆的に窓を開けたり閉めたりすることで
  殻の内外の物質の出入りを制御している。今回合成した分子においても、
  星形化することで分子表面の窓を閉じられたことがX線結晶構造解析に
  よって確認された。将来、窓が閉じた状態で立体内部に薬剤を閉じ込めて、
  良いタイミングで開いて薬剤を放出する、などの分子の機能を活用した応用例が
  期待されると、研究グループはコメントしている。

とあった。


これは、面白い事象 ダ ナ ァ 。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク