PBM/PGM/PPM:画像データ表現形式

2012-04-25 :  PCクリニック
テーマ:物理、化学、C言語、IT関連、大学野球、Safari、Linux、医薬品、グルコサミン、IE。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日はその後の観察で、
11:15頃には「Linux」がスコア・アップで1位に返り咲いた。
なので、ランクの数は、14、9、7、0、0、 0、0、0、0、0(47)となり、
換算ポイントは、254pt になった。
これが、昨日の確定値。
今朝になって、
「大学野球」がスコア・アップで3位から2位に戻った。
ランクの数は、14、10、6、0、0、 0、0、0、0、0(47)となり、
換算ポイントも、256pt にまでなった。
・-・ - -・

さて、本文。

昨日の記事:
Scilab つかってみようかナ
で、
少し調べていたら、
「ディジタル信号処理」なるサイトの
音声・画像の入出力
ページを見つけた。

  音声信号としてAU形式,画像としてPGM, PPM形式のデータを扱う方法について,
  スクリプト例を紹介しています.・・・

これは、「Scilab」を使っての大学の講座の一部ですね。

それで、
 画像データ表現形式に「PGM」とか「PPM」形式がある。
と云うことを、(初めて)知りました。

「ppm」って、100万分の1を思い浮かべるので、
「ppm format」で、(Firefox に依るGoogleで)検索してみた。

ウィキペディアの
PNM (画像フォーマット)
が見つかる。

  PNM (Portable aNyMap 形式、Netpbm形式) という名前で指される画像形式は、
  特定の一種類の画像フォーマットではなく、
  3種類の画像形式をまとめて呼ぶときに使われる[1]。
  それはそれぞれ portable pixmap format (PPM 形式)、
  portable graymap format (PGM 形式)、
  portable bitmap format (PBM 形式) と呼ばれ、
  どれも異なるプラットフォーム間でも高い互換性を保てる画像形式
  として開発されたものである。

と、ある。
参照先の[1]は、
PBM, PGM, PNM, and PPM: Summary」で、

  PBM, PGM, PNM, and PPM File Format Summary

  Also Known As: Portable Bitmap Utilities, pbmplus

  Usage
  File format conversion through an intermediary least-common-denominator format.

  Comments
  PBM, PGM, PNM, and PPM are intermediate formats used in the conversion of
  many little known formats via pbmplus, the Portable Bitmap Utilities.
  These formats are mainly available under UNIX and on Intel-based PCs.
  Vendor specifications specifications are available for this format.
  Code fragments are available for this format.
  Sample images are available for this format.

などとあるが、何となく理解出来る?(汗;


他には、
PPM / PGM / PBM image files
  This note describes the format of PPM (Portable PixMap),
  PGM (Portable GreyMap), PBM (Portable BitMap) files.
  These formats are a convenient (simple) method of saving image data,
  they are equally easy to read in ones own applications.
  Unfortunately the standards aren't always implemented as well as they could.

  These formats were popularised by the pbmplus image toolkit otherwise known as
  the "enhanced portable bitmap toolkit".
  The description of the toolkit from the man page is given below

まぁ、~~~

白黒のビットマップ(PBM)、フレースケール(PGM)、とRGBフルカラー(PPM)
の総称がPNM ?


日本語のページでは、
C言語-画像ファイルの扱い方 (2) -PPM/PGM/PBM形式 (1)

  まず最初に PPM/PGM/PBM (Portable Pixel/Grey/Bit Map) 形式から
  説明したいと思います.
  (私が知ってるのは PPM/PGM/PBM 形式と BMP 形式だけなので
   簡単なほうからということで)
  一般にはあまり知られていない形式かもしれませんが,
  UNIX などで標準的な画像形式として使われています.
  この形式のファイルを UNIX 以外の OS で開くには,
  それに対応した特別なアプリケーションが必要です.
  この形式の特徴は画像データ部にバイナリ (raw) 形式と
  テキスト (ascii) 形式の2つのモードがあり,
  ファイルヘッダ(画像の大きさなどの情報が書かれている部分)が
  テキスト形式であるということです.
  テキスト形式のヘッダを持っているということは
  ヘッダ長がバイナリ的に不定であるということで
  バイナリ形式のデータを格納するデータファイルの形式としては
  めずらしい形をしています.

があった。


それで、最初のページ:
音声・画像の入出力
に戻ると、

  ・画像データの入出力
   入力画像を読み込んで色を反転させた結果を表示し,
   さらにその画像を書き出すスクリプトです.
   なお,読み込む対象の画像ファイル(ここでは"car.ppt")が
   カレントディレクトリにあることを前提としています.
   また,Scilabでこれらの画像入出力関連のコマンドはSIVPに含まれているので,
   あらかじめメニューから「toolboxes」→「SIVP」を選択して
   読み込んでおく必要があります.


とある。
素の「Scilab」だけでは画像処理は出来ないようですね。
「SIVP」が要る。


また、「car.ppt」(ミスタイプですね?)とあったので、
混乱しましたが、・・・・・


「Scilab」について、もっと調べよう。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク