FC2ブログ

電気の流れやすさをコントロールする

2012-05-02 :  理科部 部活
テーマ:物理、化学、C言語、IT関連、大学野球、Safari、Linux、医薬品、グルコサミン、IE。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
昨日はその後の観察で、
11:10頃には「医薬品業界」がスコア・アップで1位に復帰した。
その後、17:50頃には、
「福原忍」で、突然1位に躍り出た方がおり、3位から4位に後退した。
なので、ランクの数は、15、10、4、1、 0、0、0、0、0(47)となったが、
換算ポイントは、258pt のままだった。
これが、昨日の確定値。
今朝になって、かなりのカテゴリでスコアが下がったが、ランクは維持しており、
ランクの数、15、10、4、0、0、 0、0、0、0、0(47)のまま、
換算ポイントも、258pt のまま。
因みに、
<紙>流上位者の今朝の時点では、
Zさん二十四冠、1つ減。
Xさん十七冠、変わらず。
Dさん十四冠、2つ減。
Bさん十四冠、変わらず。
Aさん十三冠、1つ増。。
・-・ - -・

さて、本文。

例によって???
「マイナビニュース」の「エンタープライズ」から。
2012/04/27 付けに、
北大、電場と光の相乗効果で電気の流れやすさをコントロールすることに成功
がある。・・・・・物理の話し ですね。

それなりに、引用させて頂く。

  北海道大学(北大) 電子科学研究所の太田信廣 教授と飯森俊文 助教らによる
  研究グループは、絶縁体の有機材料にパルス電場とパルスレーザー光を
  作用させることで、金属状態を発現させるとともに、電気伝導性を制御することに
  成功したと発表した。有機モット絶縁体にパルス電圧をかけることで、伝導性の
  急激な上昇(スイッチング)がみられることを確認しており、これにより従来のように
  電界効果トランジスタ(FET)構造を作成する必要がなくなるため、
  素子構造の大幅に簡略化が可能になるほか、光を電場と同時に作用させることで、
  伝導性を制御できることも確認しており、光エレクトロニクスデバイスへの応用や
  光と電場による超伝導発現への展開も期待できるという。同成果は米国化学界(ACS)の
  学術誌における速報「Journal of the American Chemical Society,(Communication)」
  に掲載された。

  一般的に金属と呼ばれる物質中には、「自由電子」が豊富に存在し、
  原子・分子間を自由に飛び移ることによって電流を運ぶことができるが、
  自由電子を持ち本来金属であるべきにもかかわらず、電子間のクーロン反発により
  電子が運動しにくくなり、電流を流せなくなる「絶縁体」となってしまう物質
  として「モット絶縁体」が知られている。

  電気の流しやすさである「電気伝導度」の制御は、様々なエレクトロニクスデバイスの
  要となっているが、これまでの基礎研究により、モット絶縁体は、電子状態が
  光や電場に対して敏感に応答して変化する場合が多いことが知られており、
  これらの物理的な外部刺激を用いて伝導性を自由に制御することで、
  新しい分子エレクトロニクスデバイスの実現などが期待されている。

  ・・・・・

  同物質の典型的な結晶の幅は、1mm程度であり、結晶表面に約400μm間隔で2端子の
  電極を作成した。今回用いた試料は、FET素子構造に比べると単純な構造で、
  試料を2電極で挟み込んだ構造となっている。電極間に約40~50msの時間幅を持つ
  パルス電圧を加え、電流値を測定することで電気伝導度を測定したほか、電極間に
  可視光のパルスレーザー光を照射し、光照射後の電気伝導度の時間変化を追跡した。

  試料の抵抗値は、温度の低下とともに増大し、温度10K付近における抵抗値は、
  80Kの抵抗値のおよそ1万倍の大きさに達した。

    図1 試料の抵抗値の温度依存性。
      縦軸は対数プロットであり、80Kにおける抵抗値で割った値を示している

  15Kにおいて、結晶はモット絶縁体状態となるが、この状態でさまざまな大きさの
  パルス電圧をかけて、電流値を測定した結果、ある電圧値以下では、
  試料の高い抵抗値を反映して、非常に小さな電流値しか観測できないが、
  かける電圧をわずかに増大させると、突然電流が流れ始めることが確認された。

    図2 47msの時間幅を持つパルス電圧をかけて測定された電流値の時間変化。
      時間ゼロからパルス電圧をかけはじめている。
      電圧が22V(黒)、22.5V(赤)、23V(青)および27V(水色)の結果を示している。
      22Vを用いたときには、ほとんど電流は流れず、低伝導状態(高抵抗状態)
      であるが、22.5Vを用いると、約25ms経過した後に急激に大きな電流が流れ、
      高伝導状態(低抵抗状態)へ変化することが分かった。
      さらに電圧を増加させると、電流の増加が始まる時刻が早まることも判明した

  結晶の電流値と電圧値の関係を測定すると、ある電圧値(図3の22V)を境に、
  急峻な電気伝導度の変化(スイッチング)がみられた。また電圧を上げていった場合と
  逆に下げていった場合でのスイッチングが起こる電圧が異なる、いわゆる
  ヒステリシスも観測された。さらには伝導度のスイッチングが生じる電圧の値は、
  温度に依存した変化を示すことも明らかとなった。

    図3 試料を接続した回路の電流値の電圧依存性。温度は15K。
      電圧を増加させていくと、ある電圧値を境に急激な伝導性の向上が見られ、
      低伝導状態から高伝導状態へスイッチングが生じる。
      逆に電圧を下げていくと低伝導状態へ戻るが、その際の電圧値は
      同じではなく、ヒステリシスが観測される

  一般的に、物質を流れる電流の値は、「オームの法則」によって、
  電圧の値と線形比例関係が示される。しかし今回の結果は、
  このオームの法則に従っていないことを明らかに示している
  (このような伝導特性は「非線形伝導現象」と呼ばれている)。

  ・・・・・

  今回の研究成果は、いまだ未解明の部分が多いモット絶縁体の物理を理解するうえで
  重要な知見になるものと考えられる。また、有機モット絶縁体に限らず、
  高温超伝導を示す物質として知られる銅酸化物においても、モット絶縁体状態と
  超伝導状態は隣り合わせになっていることが知られていることから、光と電場の作用に
  よって超伝導を誘起する研究への展開も期待できると研究グループでは説明している。


以上。


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク