座標系の常識?

2012-06-23 :  理科部 部活
テーマ:物理、化学、VM、医薬品、薬事法、FM COCOLO、甲斐田ゆき、矢作紗友里。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
一昨日は、その後の観察で、
13:00頃には、「アミノ酸」がスコア・アップで9位から8位にアップし、
ランクの数は、10、14、1、1、1、 0、1、2、0、0(47)となったが、
換算ポイントは、227pt と変わらず。
そして、これが、一昨日の確定値となった。
昨日は、朝時点で「アミノ酸」が再びスコア・ダウンで8位から今度は10位にまでダウン。
他には、「早稲田大学」がスコア・アップで4位から3位にアップ。
だが「大学野球」はスコア・アップしたにも拘わらず2位から3位にダウン。
つまり、ランクの数は、10、13、3、0、1、 0、1、1、0、1(47)となった。
換算ポイントは、変わらずの 227pt だが。
それでも、22:15頃には「アミノ酸」がスコア変わらずで9位にまで戻った。
結局、ランクの数は、10、13、3、0、1、 0、1、1、1、0(47)の、
換算ポイント、227pt が昨日の確定値。
で、今朝になって、
「早稲田大学」がスコア・ダウンで3位から4位に下がり。
残念なことに「化学」がスコア・ダウンで、5位から6位にまで後退。
随分下がってしまった。
現状は、ランクの数は、10、13、2、1、0、 1、1、1、1、0(47)で、
換算ポイントは、224pt 。
・-・ - -・

さて、本文。
取り敢えず2次元(平面)座標系のことですが、・・・

位置を、X座標とY座標で表すとするとき、
X軸は、左から右に向いているように考える。(これが、有る意味の常識?)

では、Y軸はどうなの?・・・

画像の場合:

常用している、
ビューア「XnView」にしても、
エディタ「PictBear」にしても、
その他の画像関係ソフトでは、
一般的(?)に
原点は左上で、Y軸(縦方向)は上から下に向かって値がおおきくなる。
これが常識?

ところが、
数学系? CAD系? 化学系? ・・・
では、原点は左下。つまり、下から上に向かっている。

例えば、化学系では「Avogadro」や「Winmostar」などなど。

「Winmostar」の座標軸凡例を付けて「C60」フラーレンを表示したもの:
Axis_Chem.png


何を云いたいのか????

最近画像データからCADデータに変換することをやっている。

関連記事:
STL データ処理ツール群
VisCAM View:STLビューア(フリー)

その他にも、数学系(グラフ表示)等々、・・・・


このとき、Y軸方向はどっちなのか?
十分留意しないとおかしなことになりかねない。


更に、3次元(空間)画像/物体の場合、
上記に加えて、Z軸方向はどっち?

一呼吸おいて、
じっくり検証しないと、
頭が痛くなる?・・・(少なくとも<紙>は)


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

画像はCADデータに変換したのですか
3Dの画像と見ていましたが外れでした

喜サンタ さんへ

いらっしゃいませ。
C60フラーレンのことですか?

いや、これではありません。
この画像は、
座標軸の凡例を示したかっただけです。

期待を裏切ってゴメンナさい。

今後とも宜しくお願い致します。

No title

お邪魔します。。

最近winmostarをインストールしたのですが
使い方がよくわかりません。。。

分子の配置の仕方やキーワードなど
手順が知りたいのです。
特に知りたいのは水分子間での水素結合が
どのように表示されるかです。

お時間ありましたらUPお願いします。

ミハ さんへ

いらっしゃいませ。
こんな記事を見つけて頂き、感謝いたします。

そうですね、<紙>は、
最近は「WinMostar」を使っていなくて、うろ覚えです。

過去記事にどこまで書いたか?
左の検索欄で「WinMostar」とすると、かなりヒットするが(汗;

木原先生のサイト:
「Winmostarによる分子軌道法計算入門」
http://www3.u-toyama.ac.jp/kihara/cc/wm/
とか、

本家千田さんのマニュアル:
「WinMostar を用いた計算化学実験」
http://winmostar.com/WinMostarManual343.pdf
で、勉強されると良いかと???

2009-05-01 の記事:
「部活:Winmostar これ1本!」
http://jn1inl.blog77.fc2.com/blog-entry-682.html
では、僭越ながら、
九大の先生の「Facio」との比較をさせていただきました。

結合無しの1原子の追加ができるので、
酸素を追加し、それに水素を結合させる。
等々出来るはずです。
構造最適化は、内蔵mopacで出来ますので。
(重金属元素が含まれなければ。)

頑張って下さい。

今後とも、よろしくお願いします。

No title

たくさんの情報ありがとうございました。

勉強します(笑)

ミハ さんへ

いらっしゃい。

そうですね、
ソフトは、いろいろ弄くって見るのが一番です。

<紙>も、化学はシロートですが、
いろいろ触ってみました。

頑張って下さい。
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク