VisIt:VTK ビューア

2012-08-06 :  PCクリニック
テーマ:物理、化学、VM、Linux、IE、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
一昨日、
11:00頃には、「Internet Explorer」がスコア・アップでランク・アップ(3位から2位)
これで確定。
昨日、
朝方に「化学」がスコア・ダウンでランク・ダウン(6位から8位)
このままで確定。
今朝は、
「医薬品」がスコア・アップでランク・アップ(5位から4位)
「化学」もスコア・アップでランク・アップ(8位から6位)
だが「Mozilla Firefox」はスコア・ダウンでランク・ダウン(4位から6位)
結局、
ランクの数は、13、9、1、2、0、 2、0、1、0、0(45)で、
換算ポイントは、219pt となった。
・-・ - -・

さて、本文。

先月下旬(12-06-26)に
vtk:ファイル形式」を書いた。
これは、OpenFOAMではないが、
CFD ソフトの結果の可視化に関連してのものだった。

最近は、OpenFOAMに填っている。
OpenFOAMは、「ParaView」と一体(?)

vtk:ファイル形式」記事で書いた、
  「VTK Tools」ページ
にも、「ParaView」があるが、
その7つほど下に

  VisIt
  "VisIt is a free interactive parallel visualization and
  graphical analysis tool for viewing scientific data on Unix and PC platforms.
  Users can quickly generate visualizations from their data,
  animate them through time, manipulate them,
  and save the resulting images for presentations.
  VisIt contains a rich set of visualization features so that
  you can view your data in a variety of ways.
  It can be used to visualize scalar and vector fields defined on
  two- and three-dimensional (2D and 3D) structured and unstructured meshes.
  VisIt was designed to handle very large data set sizes in the terascale range
  and yet can also handle small data sets in the kilobyte range."

これも、機械翻訳結果をそのまま載せてみます。
常用(愛用)?の「Nice Translator」です。

  VisItは、無料のインタラクティブな並列可視化および
  Unix と PC プラットフォーム上の科学的データを表示するための
  グラフィカルな分析ツールです。
  ユーザーすばやく視覚エフェクトのデータから生成、
  時間によってアニメーション、それらを操作し、
  結果の画像のプレゼンテーションのため保存できます。
  さまざまな方法であなたのデータを表示できるようにVisItには可視化機能の
  豊富なセットが含まれています。
  これは、スカラーを視覚化し、2 と three dimensional (2 D と 3 D) 構造化
  および非構造メッシュに定義されているフィールドのベクトルを使用できます。
  VisItは、テラスケールの範囲で非常に大きなデータ セットのサイズを扱う
  およびまたキロバイトの範囲で小さなデータ セットを処理するように設計されました。


これはこれとして、・・・・・


OpenFOAMの計算結果を可視化するのに、
<紙>的には、「ParaView」より「VisIt」を使うことにした。


ダウンロードは
VMのXPマシン用32ビット版と、
ホスト用64ビット版
の両方とも。
そして、インストールした。

あと、
CAELinux 2011用に、
Linux用64ビット版はその内にダウンロード/インストールしたい。


それで、「VisiIt」の操作法は、
(VMのXPでキャプチャしたものですが)
VisIt250_x.png

1.対象ファイル(.vtk)をOpen(読込)する

2.p(圧力)データ(スカラ・データ)または、
  U(速度)データ(3次元のベクトル・データ)をAdd(表示対象と)する

3.Draw(描画)する:右の(別の)窓に表示される

4.PlotAttsで、表示パラメータを変える

以上の4ステップが基本???


右窓内では、
マウス左ドラッグで回転、
中ドラッグで拡大/縮小、
右クリックでメニュー表示
等々
が行える。


これで、<紙>的には、

  「OpenFOAM」で計算し、
  結果を
  「VisIt」で表示する。

と、なる?


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただきありがとうございました。
お帰りに投票して頂けると嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク