イッテルビウム光格子時計

2012-11-03 :  理科部 部活
テーマ:物理、化学、VM、Linux、IE、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
blogramのランクインカテゴリについて、
先月末のマイスター確定後に「医薬品業界」がランクダウン。(2位から3位)
一昨日は、
朝方、「Mozilla Firefox」がランクダウン。(2位から3位)
昨日は、
「Mozilla Firefox」が戻った。(3位から2位)
また、「早稲田大学」もランクアップ。(3位から2位)
今朝方は、
再び「Mozilla Firefox」がランクダウン。(2位から3位)
で、
ランクの数、8、8、5、3、0、 0、1、2、0、1(43)で、換算ポイント 190pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

「マイナビニュース」の「開発・SE」に、一昨日(12-11-01)付けで
産総研開発の「イッテルビウム光格子時計」が「秒の二次表現」として採択
があった。

化学系&物理系ニュースですね。

長文なので、一部を引用させて頂く。


  産業技術総合研究所(産総研)は11月1日、
  同研究所が開発した「イッテルビウム」原子を用いた「光格子時計」(画像1)が、
  2012年10月18日・19日にフランスの国際度量衡局で開催された
  メートル条約関連会議において新しい秒の定義の候補である
  「秒の二次表現」として採択されたと発表した。

  イッテルビウム原子を用いた光格子時計を開発したのは、
  産総研 計測標準研究部門 時間周波数科の洪鋒雷研究科長、
  同・安田正美主任研究員らの研究グループだ。

    画像1。光格子中に捕捉されるイッテルビウム原子のイメージ図

  時間・周波数は、あらゆる計測量の中で最も正確に計測可能で、長さや電圧など、
  ほかの基本単位の精度を支えている。現在、時間の単位である1秒は、
  セシウム原子のマイクロ波領域の周波数によって定義されているが、
  これよりも約10万倍高い光領域の周波数を利用することができれば、
  より細かく時間を刻むことができるようになるため、
  より高精度な原子時計を実現することが可能となる。

  2006年のメートル条約関連会議では、秒の再定義を視野に入れた検討が
  開始されると共に、各国政府や研究機関に対して次世代原子時計関連研究の
  支援に関する要請が出されていた。
  光格子時計は次世代原子時計の有力候補として期待され、
  現在、世界各地の計量標準研究機関で研究開発が行われている。

  光格子時計は、2001年に東京大学大学院 工学系研究科の香取秀俊教授
  (当時 助教授)によって提案された手法で、
  およそ100万個の原子をレーザー光によって空間にたくみに捕捉することで、
  1秒の精度を現在の定義であるセシウム原子時計の精度の15桁から18桁台にまで
  向上させることが可能とされている。

  そうした中、香取教授の研究グループと、産総研計量標準総合センターの
  研究グループからなるJST/CREST(科学技術振興機構/チーム型研究)共同研究チーム
  によって開発された「ストロンチウム光格子時計」は、
  2006年にメートル条約関連会議で「秒の二次表現」として採択されていた。

  秒の二次表現とは、現在の秒の定義であるセシウム原子時計に対して、
  今後、その性能を上回る可能性を持つ原子時計の候補のリストのことだ。
  このリストの作成は、将来の秒の再定義を視野に入れた活動となっており、
  現在、光による原子時計としては、中性原子を用いたストロンチウムと
  イッテルビウム光格子時計、イオンを用いた原子時計5種類の
  計7種類がリストに載っている。

  この7種類の中で、イッテルビウム原子を用いた光格子時計は、
  光源の開発が困難であるが、「黒体輻射」の影響が小さいことや、
  核スピンが小さいことにより、ストロンチウム光格子時計の性能をしのぐ
  可能性が理論的に示されており、その開発が強く求められていた。

  なお黒体輻射とは、すべての物体はそれぞれの温度に対応した強度と
  波長分布を伴う電磁波(熱輻射)を放出しているが、
  黒体はすべての波長の電磁波を吸収して温度のみで決定される
  最大の熱輻射を放出し、その熱輻射のことをそのように呼んでいる。

  産総研は、次世代原子時計の研究開発を通じた秒の再定義への貢献を目指して、
  独自の光源開発やシステム設計を行い、
  イッテルビウム光格子時計の開発に取り組んできた。

  2009年に開発された光格子時計は、60万年に1秒の誤差で動作したという。
  この結果を同年に開かれたメートル条約関連会議で報告したものの、
  その精度が秒の二次表現の基準(誤差が300万年に1秒以下)に達していなかったため、
  より基準の緩い周波数標準として採択されたという経緯もある。

  光格子時計は、前述したように、約100万個の原子をレーザー光によって
  空間にたくみに捕捉することで、従来の原子時計と比べて信号が大幅に増加し、
  それによって精度も大きく向上するというものだ。

  光格子は複数のレーザー光を重ね合わせて作る原子を入れる容器で、
  そこに閉じ込められる多数の原子が時計の信号を発生する。
  そして画像2が、イッテルビウム光格子時計の超高真空装置だ。
  この真空装置の中で原子を閉じ込める光格子が作られているのである。

    画像2。イッテルビウム光格子時計の超高真空装置

  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・


オ ソ マ ツ で し た。   <(_ _)>


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

画像1と2が無いようですが?
ieでは表示されないのでしょうか

喜サンタ さんへ

いらっしゃいませ。
はい、いつものことです。
画像については、張り付けていません。
(リンクをコピーしていない?)
元の記事を見ていただきたくて。

今後とも、宜しくお願い致します。
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク