2012年、Linuxが好調だった・・・

2012-12-30 :  Linux系
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
前回投稿後の、blogramのランクインカテゴリについて、
「Mozilla Firefox」がアップ。でも翌日ダウン。(結果、変わらず3位)
「グルコサミン」がアップ。これも翌日ダウン。(結果、変わらず3位)
なので、現在は、変わらず、
ランクの数、9、5、7、2、1、 1、0、0、2、1(43)で、換算ポイント 186pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

実質、今年最後の記事。
(明日は、本当に今年最後で、「カテゴリマイスターの日」)

「YAHOO! JAPAN ニュース」に
2012年、Linuxが好調だった「5つの理由」とは
があった。( Computerworld 12月28日(金)15時20分配信 で。)

引用させて頂く。

 1. 10億ドル企業に成長
   Linuxの今年の最も顕著な成果は、米国Red Hatが2012年度決算
   (2012年2月末締め)で、オープンソース専業企業として初めて
   10億ドルを超す売上高を達成したことかもしれない。
   これは同社にとって長年の悲願だった。
     この成果は、Red Hatの経営力の証であるだけでなく、
   Linuxで利益をあげられることの証でもある。
   これは、このプラットフォームに対する今後のビジネス上の関心の
   喚起という点で、大きなプラスになるだろう。

 2. デジタル・デバイドの解消に貢献
   デスクトップLinuxの支持者は、そのメリットと普及について
   労を惜しまず議論するが、その一方で業界では、
   この技術を巡る重要な変化が静かに始まっている。
     すなわち2012年には、100ドル未満という安価な超小型のLinux搭載PCが
   続々と市場に登場した。
   強力なコンピューティング・パワーがガジェット・ファンだけでなく、
   従来はコスト的に厳しかった人にも入手しやすくなっている。
     この動きはコンピューティングにおける真の革命であり、
   膨大なAndroidユーザーのほかにもさらにLinuxユーザーのすそ野を広げている。
   のみならず、デジタル・ディバイドの解消に大きな役割を果たしつつある
   のは間違いない。

 3. ゲーム会社も注目するOSに…
   ゲーム・プラットフォームは、ビジネス界の多くの人にとって
   あまり重要ではないかもしれない。
   しかし、ゲームを非常に重視するPCユーザーもかなりの数に上る。
   実際、何年も前から多くの人が、Linuxに乗り換えない大きな理由として、
   対応ゲームが比較的乏しいことを挙げている。
     だが、今年はこの状況が一転した。
   米国Valveが、Windows 8の“大不振”などを理由に、「Steam」を
   Linuxに移植すると発表したからだ。
   最近の報道によると、米国THQも同様の取り組みを検討しているという。
      これらのことは、Lunuxユーザーの市場が、対応に値すると
   目されるようになっていることを示している。
   また、このことは、将来、幅広い分野で優れたアプリケーションが
   多数登場するであろうことを意味する。

 4. プリインストール製品の増加
   2012年には、Linuxがプリインストールされたハードウェアも大幅に増えた。
   Linux製品を専門に手がける米国ZaReason、米国System76、
   米国ThinkPenguinなどだけでなく、台湾Asusや米国Dellといった企業も
   こうしたハードウェアを提供している。
      そうした新製品が1つ登場するごとに、消費者の選択肢が広がることになる。

5. チャンス到来――攻めに転じられるか
   米国Microsoftの期待に反して、Windows 8に市場が冷ややかな反応を示している
   ことが明白になってきている。Linuxにとってはまさにチャンスだ。
   実際、英国Canonicalの人気Linuxディストリビューションの最新版となる
   Ubuntu 12.10(コード名:Quantal Quetzal)は多くの点で、
   とりわけビジネス・ユーザーの観点から見て、Windows 8より優れている。
     もちろん、強力な慣性の作用により、Windowsの市場支配は
   まだ何年も続くだろう。
     それでも、Windows 8のリリースとともに状況が変わり、
   デスクトップLinuxが互角の戦いを演じ始めていると、私は考えている。
   2013年以降の展開にも目が離せない。


以上、
結局、全文になってしまったが、・・・・・


原文(記事)も必要か?(Yahoo! ニュースは近い内に消えるから)

2012年、Linuxが好調だった「5つの理由」とは
さまざまな市場要因から大きな前進が実現
(2012年12月28日)

  どのような分野でも、年末は物事を評価するよい機会だ。
  Linuxもその例外ではない。
  こフリーのオープンソースOSは、2012年にさまざまな試練に直面した。
  とはいえ全体的に見て、今年はLinuxにとってナイスな年だったと思う。
  以下にその理由を5つ示したい。
     Katherine Noyes/PC World米国版

  ・・・・・

     ▲タブレット端末のOSとしてはもちろん、
       ゲーム会社もLinux OSに注目している

  ・・・・・
  ・・・・・

おそまつでした。



***** 明日の、
  今年最後の「カテゴリマイスター」で何ポイントゲット出来るか???



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク