OpenFOAM:MS-Windows版 もう一つ

2013-03-20 :  理科部 部活
テーマ:化学、物理、VM、Linux、C言語、Firefox、Safari、IT関連。
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
6、4、1、4、2 3、1、1、0、1(42)で、換算ポイント 124pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

前回の
OpenFOAM:MS-Windows版
に続いて、
もう一つ見つけた。

これも、やはり、
MS-Windows7の64ビット版であり、並列計算実行が出来るもの。


「CFD Online Discussion Forums」の中に、
OF 2.1.0 under Windows XP or Windows 7
と云う見出しで、
  Has anybody successfully compiled OpenFOAM 2.1.0 under
    either Windows XP or Windows 7?
  Or does anybody know where I can find info/instructions to do so?
なる、質問があった。
例の「nicetranslator」で直訳すると、
  誰かは Windows XP または Windows 7 の下で 2.1.0 openfoam を
    ベースをコンパイルが成功ですか?
  誰かは、情報/説明これを行うにはどこにあることができます知っているか。

まあ、翻訳精度については、置いておいて、

  Windows XP 又は Windows 7 で動作する「OpenFOAM 2.1.0」は無いか?

ということですね。

「Claudio」さんが、「April 8, 2012, 16:19」に投稿したもの。

回答を見ていくと、
#8「April 21, 2012, 17:38」に、
「Ect」さんが、

  Hi all,
  Here it is: http://ge.tt/2SfcweG/v/0?c

  Use scotch as the decomposition method
  Start smpd.bat, it runs smpd in debug mode on the port 41000
    if I remember correctly, this way no mpich installation is required,
    it also runs without interferring with any existing mpi installation.
  start dos_mode.bat
  cd to your case directory
  decomposepar
  gompi simpleFoam

  please give some feedback

とあった。

これも、機械翻訳してみた。

  スコッチを使用、分解法開始 smpd.bat として
  私の記憶が正しければに 41000 のポート、smpd デバッグ モードで実行、
  mpich インストール必要この方法はありません、
  また既存 mpi のインストールに干渉せず実行されます。

余計分からない???

  dos_mode.bat で開始し、
  your case directory に「cd」して、
  decomposepar でメッシュ分割し、
  例えば、「gompi simpleFoam」で(並列)計算実行する。



それで、
「http://ge.tt/2SfcweG/v/0?c」を見てみた。

「OpenFOAM-2.1.7z」が置いてある。

サイズは、107 MB
「21 Apr 2012」にアップしたもの。


前回のモノは、「OpenFOAM.7z」で、
「OpenFOAM 2.1.x for Win64」32.5MB


大分容量が違う?


ダウンロードしてみた。
「OpenFOAM-2.1.7z」の中身は???

「OpenFOAM-2.1」フォルダー1つで、
その中には、3つのフォルダーと4ファイル。


つまりは、オールインワンでした。


これを適当な処に解凍して、
中にある、「DOS_Mode.bat」をダブルクリックするだけで使える!!!

<紙>は、「D:/TOOL/」に展開した。
「D:/TOOL/OpenFOAM-2.1/DOS_Mode.bat」で起動。


手間無し、一式です。


前回のモノと、今回のモノを同時に立ち上げてみた。

OF21x_OF21_Win64.png


違いは、OpenFOAM のバージョンだけでなく、

前回のモノに比べて今回のモノは、
1.「ParaFoam」がある。
2.「setSet」が無い。

他にも細かいところで違いは有るかも???
一番の違いは、パラレル実行のコマンド???


どちらも、
「foamJob」「fomaLog」は無い。
「foamToVTK」はある。

そして、どちらも、
「Symscape」社が公開している手順による、
「Windows」への移植版ですね。



<紙>的には、
今回のモノの方が、良いかも?
「all in one」だから。
手間無しで、即、使える。


おそまつでした。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン

日記@BlogRanking    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク