Graphics::GnuplotIF:Perl パッケージ

2013-06-20 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
5、1、2、3、0 1、0、2、0、0(43)で、換算ポイント 85pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

3年前(2010-02-03)の「Perl でグラフ描画」では、
「GD::Graph」でした。

そして、
前回(2013-06-17)の「Perl でグラフ描画(その2)」では、
「Chart::Gnuplot」でした。

その後、更に探していたら、
Perl Plotting」なる、
ページを見つけた。

書き出しは、
  In order to use Perl Plotting and graphics
  you can find several different modules on the net.
即ち(例の機械翻訳では)
  Perl のプロットとグラフィックスを使用するのには、
  ネット上のいくつかの異なるモジュールを検索できます。

それから、(なにがしかの解説があって)
  Next, I am going to present to you
   the “gnuplot” drawing charts variant.
即ち、(<紙>の理解では)
  “gnuplot”を利用して、でグラフを表示する
  方法について解説する。


その内容は、

  1.The gnuplot plotting utility

  ・・・・・
  In order to use this plotting program in Perl,
  you must download Graphics-GnuplotIF module
  which represents a dynamic Perl interface to gnuplot
  and can be got by accessing the page:
  "http://search.cpan.org/~mehner/Graphics-GnuplotIF-1.4/"
  ・・・・・

  2.The Chart::Graph module and Gnuplot() function.

  Another available opportunity for Perl plotting,
  is to use the function gnuplot() of the Chart::Graph module,
  which is a Perl extension for a front-end to gnuplot, XRT, and Xmgrace.
  ・・・・・

ですね。

この第2の
Chart::Graph - search.cpan.org
を見ると、

  ・・・・・
  DESCRIPTION
   use Chart::Graph;
  Graph.pm is a wrapper module
  that allows easy generation of graphs within perl.
  ・・・・・

とある。

つまり、
  Currently Graph.pm supports three graphing packages,
   gnuplot, XRT, and Xmgrace.
  These software packages must be obtained separately
   from this Perl module.

  現在 Graph.pm は、3種類のグラフ・パッケージ、
   gnuplot、XRT、および Xmgrace をサポートします。
  これらのソフトウェア パッケージは、
   この Perl モジュールとは別に入手する必要があります。

なので、
置いておいて、

第1の
Fritz Mehner / Graphics-GnuplotIF
に注目した。

  Graphics-GnuplotIF
   A dynamic Perl interface to gnuplot
   Version: 1.7
   Released: 2011-06-03
   Author:  Fritz Mehner
   CPAN:   http://search.cpan.org/dist/Graphics-GnuplotIF-1.7/

早速、ppm(gui版)で、インストール。


そして、「Graphics::GnuplotIF - search.cpan.org
  Graphics::GnuplotIF is a simple and easy to use
   dynamic Perl interface to gnuplot.
  gnuplot is a freely available,
   command-driven graphical display tool for Unix.
  It compiles and works quite well on a number of Unix flavours
   as well as other operating systems,
   including Windows with gnuplot.exe.

  Graphics::GnuplotIF は、gnuplot へシンプルで使いやすい
   動的 Perl インターフェイスです。
  gnuplot は、Unix のための自由に利用できる、
   コマンド駆動のグラフィカルな表示ツールです。
  それをコンパイルし、Unix のフレーバーとして
   Windows と gnuplot.exe など、
   他のオペレーティング システムの数に非常によく動作します。


にあるサンプルソースを、コピー&ペーストして実行。


OKですね。


「Perl」からのグラフ表示は、
これで決まり???

「Gnuplot」をインストールしておいて、
「ppm」で「Graphics-GnuplotIF」をインストールする。

これで、「Perl」ソースから、
画面(wxt)または、PDFファイル出力
が完全に出来る。
「wxt」なら3次元表示もできて、マウスで回転させられる。



時間があったら、後で、
だめ押しで「Chart::Graph」も詳しく調べてみようカナ???



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


130617
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク