PDFtk:PDF操作ツール

2013-07-14 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
2、3、0、2、2、 0、3、1、0、1(38)で、換算ポイント 61pt 。
随分下がったものダ。
・-・ - -・

さて、本文。

先週(2013-07-08)
Perl で PDF ファイル操作
と云うことで、
PDF::API2
について書いた。

このPerlパッケージを使えば、
「Perl」でPDFファイルを操作できる。

複数ファイルのマージも。

しかし、「3D-PDF」ページについては、
結果、何も表示されないページに成ってしまった。


これは、残念な結果。


Web検索ていたら、
PDF document manipulation - Stack Overflow
が見つかった。
質問は、「PDFファイルの操作」についてですね。

で、
回答は、
1.Javaの「iText」
2.「pdftk」
は、どうか?


もう1つのQ&Aサイト
Picking pages from PDF document
では、「ページを抽出するには」ですね。

で、
回答は、
1.「PDF toolkit」
2.「ghostscript」で、~~~コマンド
3.「pdflatex」で、~~~コマンド
4.「CAM::PDF」(Perlパッケージ)
などがある。


以上2つの回答にある5通りの方法を見ると、


1.Java「iText」???・・・パスします。

2.「ghostscript」のコマンドは?
  Linux/unix ? なのか・・・ダメでした。

3.「pdflatex」のコマンドは?
  出来たようだが「.dvi」ファイル!
  ダブルクリックで開くが、カラっぽ???

4.「CAM::PDF」については?
  こんなページもあった。
  「How to shift PDF page using perl (CAM::PDF, PDF::API2)?
  で、ppm(gui)でインストールできた。
  2つほど序でに加わったが。
  ・・・・・
  これも、「3D-PDF」はダメ!!!


残るのは、「PDFtk - The PDF Toolkit
  PDFtk Server is our command-line tool for working with PDFs.
  It is commonly used for client-side scripting
   or server-side processing of PDFs.
  It is also used by OEMs and ISVs to give their products
   the ability to manipulate PDFs.
  A commercial license is required to distribute PDFtk
   with your commercial product.

つまり、
  コマンド・ライン・ツール
で、
  クライアント/サーバ方式
で、
  個人使用なら無償?

云うこと。


これだと、「Perl」から操作できるナ。

すぐ下の
  Download
には、
  We provide installers for Windows and Mac.
  Many Linux distributions provide a PDFtk package
  you can download and install using their package manager.
とあり、

  Windows XP, Vista, 7 and 8

  Click to download the PDFtk Server installer for Windows:
  「pdftk_server-2.01-win-setup.exe」

  After installation, open a command-prompt,
   type pdftk and press Enter.
  Pdftk will respond by displaying brief usage information.

  If you prefer to install PDFtk Server by hand,
   you can download a zip archive of its files here.


早速、Windows 7 にも対応している、
「pdftk_server-2.01-win-setup.exe」(2.95MB)
をダウンロードし、インストールした。


DOSプロンプトで、「pdftk」と打ち込むと、
  「SYNOPSIS」
   ・・・・・
が現れた。


なんか、
「pdftk a.pdf b.pdf cat output c.pdf」
と打ち込むと、

「a.pdf」に「b.pdf」を追加し、「c.pdf」として生成する。
と云うことですね。
(出来ました)


しかも、
この場合、「3D-PDF」もキチンと処理してくれる。


これは、素晴らしい。


2Dに限れば「PDF::API2」でいろいろ処理し、

最後に、3Dとのマージを「PDFtk」で行う。

イイですね!!!

これで、決まり!?!



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


130708
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク