Rで、3D-PDFファイル(グラフ)出力

2013-08-12 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
2、4、0、0、1、 1、1、2、2、0(38)で、換算ポイント 60pt 。
未だ「C言語」は2位から這い上がれない。
・-・ - -・

さて、本文。

先日(2013-08-06)の
RGL、WebGL」で参照した。

  ・・・・・
  ほぼ1年前(2012-09-16)に、
  「R 学習:‘misc3d’パッケージ」を書いている。
  ・・・・・

この「misc3d」については、

  ・・・・・
  「R」から「Asymptote」に繋がる。
  つまり、「Misc3d から 3D-PDF へ」ですね
  ・・・・・

ここで、
Misc3d から 3D-PDF へ」で参照した、、

  [PDF] Embedding some misc3d figures in a PDF as interactive 3D objects

文書を改めて、良く良く読んでみた。

  2 Images including color and transparency using Asymptote

に、

  A function to do this is given in Appendix B.
  Color and transparency are supported, though ・・・

とある。

この「付録B」

  B Writing Asymptote Files

  ## write an asymptote program for recreating a triangular mesh
  ## scene. Color and transparency are supported; mesh drawing, color2,
  ## and material properties are not currently supported. The loops
  ## could be vectorized but seem adequate for now.

  ・・・・・


取り敢えず、そのままでコピペ

  saveTrianglesAsASY <- function( scene, filename="scene.asy", xal, yal, zal ) {
    scene <- misc3d:::colorScene( scene )
  ・・・・・
  }


このR関数を使って、

    # 座標データ:x, y, z で、
  sceneT <- surfaceTriangles( x, y, z )

  drawScene.rgl( sceneT )

  saveTrianglesAsASY( sceneT, "hoge.asy" )

それで、

  system( paste( "asy -noV -f pdf ", "hoge" ) )

としたら、
見事に、「hoge.pdf」ファイルが出来た。

これが、欲しい 3D-PDF ファイルだった。


なお、「Asymptote」の作業ファイルとして、
'texput.out'、'texput.aux'、'texput.log'、'texput.m9'
が残る。

これらは、
要らない(?)「hoge.asy」ファイルと共に、
削除する。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


130806,08
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク