FC2ブログ

WebGL に関する一コラム

2013-09-13 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、4、0、1、2、 1、1、0、1、0(40)で、換算ポイント 73pt 。
と書いている間に「化学業界」がダウンして、
3、4、0、0、3、 1、1、0、1、0(40)で、換算ポイント 71pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

最近、「WebGL」について、
幾つか記事を書いている。


こんな「コラム」を見つけた。

「みずほ情報総研」の 2013年2月5日付け記事:
WebGLによるWeb上でのインタラクティブな3D表示は普及するか
 (情報通信研究部 松村 洋祐)


記事の大半を引用させていただく。


  ・・・・・
  これには、WebGLという技術が利用されていた。
  このサイトに限らず、例えばGoogle MapsのMapsGLによる3D表示、
  adidas社のadizero f50の製品紹介、
  スイス公式ジオポータルのパイロット版3Dビューアなど、
  WebGLを用いてWeb上でインタラクティブな3D表示を行う
  サイトが増えてきている。

  WWW(World Wide Web)は、1990年に提唱され、
  1992年には早くも画像表示が可能となり、急速に普及した。
  このWeb上で、画像よりもリアリティを感じられる3DCGも
  扱いたいという欲求は、極めて自然なものである。
  また、3Dを扱う際には、回転・移動・拡大などの操作を
  インタラクティブに行うことは必須である。
  ・・・・・
  1994年には3次元の物体を記述するファイルフォーマットである
  VRML(Virtual Reality Modeling Language)が策定され、
  ブラウザから3D表示ができるようになった。

  しかし、別途プラグインのインストールが必要なことや表現力の低さ、
  操作性の悪さなどもあり、最終的に生き残ることはできなかった。
  その他にも、VRMLの後継である・・・・・などのファイルフォーマットや、
  JAVAアプレットなどによる独自機能など、さまざまな試みがあったが、
  どれも定着したとは言えない。
  ・・・・・

  WebGLとは、次期HTMLの仕様であるHTML5で定義されている
  グラフィックを描画するための領域(Canvas要素)に対して、
  javascript等の言語を用いて、
  3次元描画で標準的に使用されているOpenGLで描画するものである。
  2006年に最初のデモが行われ、
  2009年からはコンソーシアムであるKhronos Groupに設けられた
  WebGLワーキンググループで開発が進められている。
  このワーキンググループには、Apple、Google、Mozilla、Operaの
  主要ブラウザベンダが含まれる。

  このため、プラグイン等をインストールしなくても、
  ブラウザのみで使用することが可能である。
  現時点では、デスクトップ用ブラウザでは、
  Google ChromeとFirefoxで標準のままで、
  SarafiとOperaでは設定によってWebGLを利用することが可能である。
  Internet Explorerでも、IEWebGLなどの
  拡張機能プラグインをインストールすればWebGLを利用することができる。
  ・・・・・

  ・・・・・
  ・・・・・

  ・・・・・
  ・・・・・

  また、三次元可視化という観点からみると、
  WebGLによるWeb上でのインタラクティブな3D表示が最も
  その効果を発揮する分野の一つとして、科学技術分野が考えられる。
  例を挙げれば、放射線モニタリングポストのトレンドグラフ、
  汚染物質の拡散計算結果、分子構造の3D表示、数値シミュレーション結果など、
  Web上での情報提供において、インタラクティブな操作性や3Dでの表示が
  有用となる場面は数多く存在する。

  HTML5は、2012年12月27日にWorld Wide Webコンソーシアムで仕様策定が完了し、
  勧告候補として発表された。2014年には正式に勧告される予定である。
  HTML5の中では、WebGLは参考として記述されただけではあるが、
  WebGL 1.0の仕様は既に2011年2月に策定済みで、
  主要なブラウザのほとんどで実装がされている。
  2013年が「WebGL元年」となる可能性は十分にあるのではないだろうか。
  その流れに乗り遅れないよう、今後も注視していく必要がある。


以上、参照元記事は、
(「Yahoo! Japan ニュース」とは違って、)
そう短い期間では消されないかもしれないが、
記録に留めたいと、
引用させて頂きました。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


130909
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク