R 学習:pipe 関数

2013-09-18 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、5、1、0、2、 1、0、1、1、0(40)で、換算ポイント 73pt 。
・-・ - -・

さて、本文。

前記事:
R で、PDFtk
で、
Perl で出来ることを、Rではどうやる
のか気になってきた。


1つ、「パイプ」に付いて勉強した。



約4ヶ月前(2013-05-28)に、
C の popen - Perl では?
を書いている。

  ・・・・・
  「popen」は、パイプ ?

  ありました。
  「Kent Web」の「Perl入門」の
  「第6章 ファイル操作とファイルハンドル
    ・・・・・
    6-3. ファイルの読み書き
    ・・・・・
    ・・・・・
    ・ コマンドからパイプ入力用にオープン

    open(IN,"ls -l |");
    @cmd = <IN>;
    close(IN);
    foreach $cmd (@cmd) {
      print "$cmd \n";
    }

    <解説>
    ls -l (カレントディレクトリ内のファイル名を取得) というコマンド
    を実行し、その結果を配列@cmdに格納し、表示する。

  今まで、知りませんでした。
  「open」のファイル名に「|」を使うと云う方法を。



それで、
「コマンドからパイプ入力用にオープン」をするには?
「R」の関数をいろいろ調べてみた。

・・・・・
・・・・・
・・・・・


結論:単純!!!


「pipe」関数だった。


それで、
「基本」パッケージに含まれる関数のマニュアル:
R: The R Base Package
に倣って、

  pipe( "dir" )

で試してみた。


先ず、DOSコマンドで:

DOS_dir.png


此を、
「RStudio」で:

R_pipe_dir.png


文字コードの問題はあるが、

(当たり前でしょうが)
チャント
パイプ入力用にオープンして、
全行読み込めている!!

(このコードでは、ファイルは直ちにはクローズされないが、・・・)


又、(R言語に付いて)1つ勉強しました。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


130913
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク