Elmer:ファイル構成

2013-10-09 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
2、2、2、1、1、 2、0、0、0、1(38)で、換算ポイント 57pt 。
・-・ - -・

さて、本文。
前記事:
Elmer:メッシュ・ファイル仕様
に続いて、
Elmer
の話し。

ElmerSolver.exe で、シミュレーションする場合の、
各種ファイルの構成について。


(基本的にCUIである)ElmerSolver.exe を、
コマンド プロンプト窓で、
パラメータを何も指定しないで起動すると、・・・

真っ先に、
カレント・ディレクトリにある「ELMERSOLVER_STARTINFO」ファイルを見に行く。

このファイルは、
  case.sif
  1
の2行からなるもの。

1行目は、「Solver Input File」の名前。
2行目は、パラレル実行数。

それで、Solver Input File(この例では「case.sif」)を
この場合は、当該ディレクトリ内で探して、見に行く。


それで、Solver Input File の仕様については、
Elmer の Documentation」ページにある、
PDFファイル:ElmerSolver Manual
に載っている。

  2.2 The sections of solver input file
   The material of the solver input file is organized
    into different sections.
   Each section is generally started with
    a row containing the name of the section,
    followed by a number of keyword commands,
    and ended with a row containing the word End.
   The names for starting new sections are
   ・ Header
   ・ Simulation
   ・ Constants
   ・ Body n
   ・ Material n
   ・ Body Force n
   ・ Equation n
   ・ Solver n
   ・ Boundary Condition n
   ・ Initial Condition n


それで、「Header」セクションについては、・・・
  Header
   CHECK KEYWORDS Warn
   Mesh DB "." "."
  End
の様になる。

3行目で、メッシュ・ファイル群がある場所を指定する。

この例では、「カレント・ディレクトリ」になる。
例えば、
   Mesh DB "." "hoge"
とすると、
  カレントディレクトの下のhogeディレクトリ内にある。
となる。


それから、「Simulation」セクションでは、
  Simulation Type = Steady State
とか、(あるいは、「transient」)を指定する。
あ、重要な事:
計算結果の出力ファイル名も!!!
  Output File = "case.dat"
が大事ですね。
もう一つ
  Post File = "case.ep"
があるが、
ElmerPost を使わないなら、要らない。
その代わり、
VTK」形式ファイルで出力する。
これは、
 「Solver n」セクション
で指定する!!!


「Constants」セクションは、その名の通りで、
重力加速度とか、
(良く分からないが)「Stefan Boltzmann = 5.67e-08」とか、・・・


そして、
例題を見ながら、
「Material n」「Equation n」「Solver n」「Boundary Condition n」
を指定。(コピペ?)


残りの
「Body n」「Body Force n」「Initial Condition n」
は省略しているが?????



元に戻って、-----

真っ先に、
「ELMERSOLVER_STARTINFO」ファイル
そこから、
「Solver Input File」(hoge.sif)

そして、メッシュ・ファイル群(4つ)
その仕様は、「Elmer:メッシュ・ファイル仕様

と云うことで、
6つのファイルがあると、
実行できる。

結果の画像は、「VTK」形式ファイル(「.vtu」が良さそう)
を「VisIt」で眺める。

数値データは、
  Output File = "case.dat"
で指定した、
「.dat」ファイルから取得する。


と云った流れでしょうか???


もっと、頑張ろう!!!



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


131003
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク