Windows で、UNIX コマンド

2013-11-19 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、2、2、1、0、 0、1、0、0、0(38)で、換算ポイント 63pt 。
一昨日の記事:
Perl:気に入っている点」の結果、
「Linux」カテゴリ13位(26.89bg)からランク・アウトし、
代わって、「UNIX」に1位(33.23bg)でランク・インした。
なので、換算ポイントが大幅に増えた。
・-・ - -・

さて、本文。

記事タイトルが意味不明ですね。
正確には、
Windows オペレーティング・システムのDOSプロンプトで、
UNIX 系オペレーティング・システムのコマンドが使える。
と云うことです。

そもそもは、先月末(2013-10-30)の記事:
Perl:プロセス存在確認」にある、
  ・・・・・
  「プロセスの存在確認を行う方法 kill -0
    プロセスの存在を確認するためにはkillコマンドを使って
    オプションに0を指定します。
    killに0オプションを指定する場合はプロセスは終了したりは
    しませんので安心してください。
    ・・・・・
  しかし、
  これは「CentOSメモ」サイトの如く、
  MS Windows では使えない。
  ・・・・・
から始まった。

何とか、
「Windows で、UNIX コマンド」が使えないか?
と探していたら、

「PUKIWIKI」=「Windowsと暮らす」の記事:
開発ツール/Windowsで定番UNIXコマンドを使う
を見つけた。
  定番UNIXコマンドをWindowsで使う
    定番UNIXコマンドをWindowsのコマンドプロンプトで利用したいなぁ
  と思った人はGNU utilities for Win32 - UnxUtilsを
  インストールするとよいかもしれません。
    CygwinやWindows Services for UNIX(SFU)をインストールするのは
  遠慮したいと思っている人にとってもよいかもしれません。
    ただし、lsコマンドなどで日本語ファイル名の場合、
  文字化けしますのであしからず。
  ・・・・・

で、本家のサイトに行ってみた。
「Free software downloads at SourceForge.net」の、
UnxUtils
ですか?

  Port of the most important GNU utilities to Windows
即ち、
最も重要な GNU ユーティリティの Windows へのポート

そして、
278人が星5つで、11人が星1つ。
また、
ユーザ・レビューの1番目が、
  Cygwin? We don neeeeed no stiiinking Cygwin!
  Where has this been my whole career!
ですね。
即ち?
Cygwin だって?
  We don't need no stinking Cygwin! が正しい(?)綴り?
悪臭を放つ Cygwin なんて必要ない!
(私のこれまでの経験からすると ???)

これは、必須。
早速ダウンロードさせて頂いた。
UnxUtils.zip (3.20MB)

中になる「UnxUtilsDist.html」(2003/04/15) を見ると、

    GNU utilities for Win32
  This are some ports of common GNU utilities to native Win32.
  In this context, native means the executables do only depend on
  the Microsoft C-runtime (msvcrt.dll) and not an emulation layer
  like that provided by Cygwin tools.

つまり(?)
これはネイティブの Win32 への共通の GNU ユーティリティのポートです。
このコンテキストでは、ネイティブとは、実行可能ファイルは
Microsoft C ランタイム (msvcrt.dll) のみに依存し、
Cygwin ツールによって提供されるようなエミュレーション層には
依存しないことを意味します。

そして、
  bc-1.05
  bison-1.28
  bzip2-1.0.2
  diffutils-2.7
  fileutils-3.16
  findutils-4.1
  flex-2.5.4
  gawk-3.1.0
  grep-2.4.2
  gsar110
  gzip-1.2.4
  indent-2.2.9
  jwhois-2.4.1
  less-340
  m4-1.4
  make-3.78.1
  patch-2.5
  recode-3.6
  rman-3.0.7
  sed-3.02
  shellutils-1.9.4
  tar-1.12
  textutils-2.1
  unrar-3.00
  wget-1.8.2
  which-2.4
をカバーしている。

残念ながら「kill」は入っていない。


UnxUtilsのインストール
については、
「PUKIWIKI」のページに載っている。

  ダウンロードしたUnxUtils.zipを解凍(展開)するだけです。
  なので、コマンドプロンプトで便利に利用するための環境設定を行います。

環境変数にwbinのパスを通すだけ。

そして、
「PUKIWIKI」のページには、
上記に比べて格段に多数のコマンドが載っている!
実際、書庫には、
「.a」が1つ
「.lib」が1つ
「.hlp」が1つ
で、
「.exe」が118もあった。


取り敢えず、
ホスト・マシンのツール用ディレクトリに展開し、
環境変数の PATH に、追加した。

コマンドプロンプトで、
「ls -l」が使えた。
「wget http://jn1inl.blog77.fc2.com/」も。


お粗末でした。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


131023
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク