Portable Python 導入

2014-02-21 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
2、3、1、1、2、 0、0、0、0、1(38)で、換算ポイント 59pt 。
「Firefox」昨日、朝5位から3位に。でも夜には5位に戻った。
「グルコサミン」昨日、朝4位にup。だが今朝5位に戻った。
・-・ - -・

さて、本文。

前(2014-02-19)記事:
PyCharm 導入
だが、
立ち上げ時に些か時間が掛かる。
機能は豊富のようだが、その分重い?

他に、若干機能的に劣っても、軽いモノは無いのか???

探していたら、
「学生のためのPython講座」の中の、
環境を整えよう
を見つけた。
  「Portable Pythonで簡単導入」
  Portable Pythonがおすすめ
  WindowsでPythonをはじめる人は、Portable Pythonがおすすめです。
  ・・・・・

これは、昨年(2013-05-09)の記事:
PortableApps.com ???
のサイトですか。

当時は、「Python」は目に入らなかったが、・・・
「PortableApps」なら喜んで。

リンク先:Portable Python」に行ってみた。

  ・・・・・

  What is included?

  Large set of third party python libraries - NumPy, SciPy, Matplotlib,
  PyWin32, Django, PIL, wxPython, PyQt, PyGame, etc.
  code editors - PyScripter and IDLE all packaged in a single installer.

  ・・・・・

とある。
そして、下の「Download」では、

  Portable Python is available in two flavors -
  based on Python 3 and Python 2 ・・・・・

とあって、
  Portable Python 2.7.5.1
  Portable Python 3.2.5.1
が選択できる。

「Python 3」は未だ良く分からないので、「Python 2」なのかナ?

今はいっているのは、
(何度も書いているが、昨年(2013-06-15)の記事:
SciDAVis:これも 関数 Fittingツール
の如く、意識的に入れたのでは無い「Python 2.6.4」ダ。


早速、
「PortablePython_2.7.5.1.exe」(106MB)
をダウンロード。

レジストリとは一切無関係で、USBメモリやUSB-HDD等、
リムーバブルメディアにインストールして持ち運び出来るモノですね。

取り敢えず、Dドライブにインストールした。
「D:/Portable_Python2751/」で、
其処には、「App」ディレクトリと、7つの「.exe」がある。
総サイズは、534MBにもなる!!!

「D:/Portable_Python2751/App/」には、12ディレクトリと21(?)ファイル。

このインストール結果をUSB・HDDにコピーした。他に持って行く為に。


さて、
これは“オール・イン・ワン”ですね。
Pythonインタプリタ本体に殆どのパッケージが組み込まれていて、
「PyScripter」もある。


「PyScripter」については、
「ITmedia オルタナティブ・ブログ」の「まあまあ元気になる話」の1つとして、
Pythonの開発環境にはPyScripterがとってもおススメ
があった。
  前回、「・・・初心者が学ぶのに適したプログラミング言語は?」の中で、
  Pythonの開発環境は「テキストエディタ」と「コマンドプロンプト」
  みたいなことを書きました。
  でも、調べてみると、初心者にも使い勝手が良さそうな「PyScripter」
  という開発環境がありましたので、早速、試してみました。
  PyScripterは、オープンソースのWindows用開発環境です。
  ・・・・・

ですか。


それで、早速、「Portable Python」の「PyScripter」を立ち上げてみた。
「D:/Portable_Python2751/PyScripter-Portable.exe」ですね。

それから、上記の
環境を整えよう
  「Portable Pythonで簡単導入」
に続く、
  「PyScripterの使い方」
に従って、
  「PyScripterの日本語化」
   ・View -> Language -> Japanese を選択
   ・編集 -> ファイルフォーマット -> UTF-8 にチェック


で、確認:
  「Hello World!を出力しよう」
   ・・・・・
   新しく作成した時点ですでに大量の文字が入っていますが、
   最初でよくわからないので一旦全部削除してしまいましょう。
   その後、ソースファイルに以下を加えます。

   print "Hello World!"

   実行アイコンを押してみて下さい。

   ・・・・・

   PythonインタプリタにHello world!と表示されましたか?
   初めてのPythonプログラムはこれにて完了です。

メデタシ、メデタシ。

これで、古めかしい「Python 2.6.4」は要らないな。

どちらも“Windows 7 x64”で動く、“Python 32ビット版”だが。

IDEとしては、「PyScripter」の方が、「PyCharm」より起動が速い。
全体的に軽そう。
その分機能は少ないかも(今の<紙>には全く分からないが)
大体、<紙>のプログラミング環境は、
「テキストエディタ」+「コマンドプロンプト」
だから、
「ITmedia オルタナティブ・ブログ」さんのおススメで行きますか?


もう少し、学習してみます。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140215
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク