ActivePython VM に導入

2014-02-23 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
2、2、2、1、2、 0、0、0、0、1(38)で、換算ポイント 57pt 。
「JavaScript」昨日、2位から3位にdown。
「Firefox」昨日、6位にdown。だが今朝5位に戻った。
・-・ - -・

さて、本文。

前(2014-02-21)記事:
Portable Python 導入
で、
  ・・・・・
  このインストール結果をUSB・HDDにコピーした。他に持って行く為に。
  ・・・・・
と書いた。

早速、“別マシン”と云っても、VM の“Windows 7 x64”マシンだが。
そこに、
USB-HDD に保存しておいた「D:/Portable_Python2751/」以下を丸ごとコピーした。
ここでは、「Path」を追加し、「.py」の関連付けを行った。
Path には、「C:/Portable_Python2751/App」を追加。
「.py」を「C:/Portable_Python2751/App/python.exe」に関連付け。
序でに、デスクトップに、
「C:/Portable_Python2751/PyScripter-Portable.exe」へのショートカットを。

使えるナ。


ところで、
しつこく「Python Windows」で検索していたら、・・・

Python for Windows
なるページを見つけた。
(本家のダウンロードページか?)
ここには、

  ・・・・・

  Alternative Packages for Windows.

  ActiveState ActivePython (commercial and community versions,
   including scientific computing modules).
  ActivePython also includes Mark Hammond's pywin32 by default
  as well as other improvements.

  ・・・・・

とある。

例の、「ActiveState」社のもの?
そして、
 「including scientific computing modules」
とか、
 「includes Mark Hammond's pywin32 by default」
とか、と書いてある。
(逆に云うと、
  ・・・・・
  NumPy, SciPy, Matplotlib,
  PyWin32, Django, PIL, wxPython, PyQt, PyGame, etc.
  ・・・・・
 と云ったモノは、PyWin32 を除き、含んでいない?


ま、いいっかな。

これまでの「Active Perl」に替えるなら、「Active Python」か???

リンク先:ActiveState ActivePython
に行った。

一番下(?)の「Support Options」に、
  Community Edition ・・・ Free
とあるので、
Download」ボタンをクリック。

対象プラットフォームには、
  Windows(x86)、(64-bit, x64)、Mac OS X(・・・)、Linux(x86)、(x86_64)
があり、
  Version では、「2.7.5.6」と「3.3.2.0」がある。

それならばと、
「Windows(64-bit, x64) の、Windows Installer (MSI)」リンクに行ってみた。

  Answer our quick survey and sign up for our newsletter.

とか出ているが、
程なくして、「保存しますか」が出るので、
「ファイルを保存」ボタンをクリック。

「ActivePython-2.7.5.6-win64-x64.msi」(44.5MB)
をダウンロードした。

これを、上記のVMマシンにインストール。
“Path”は先頭に追加された。


パッケージマネージャは「PyPM」だとか云っているので、
DOSプロンプトで、「PyPM」と打ち込んでみたが、
「Perl」の「PPM」と違って、GUIでは無さそう(?)

なんとか楽に出来ないか?と探したら、
「Qiita」の
windows7 - Python, SciPy, matplotlibのインストール
がある。

でも、
「馬の脳」の 2013年2月3日日曜日 の記事:
Windows 7 64bit でPython環境構築
がそのものズバリ!

  科学計算をやっている人向けにPythonの環境を簡単に構築できる
  Python(x,y)は非常に便利ですが、
  32bit向けのインストーラしか用意されていません。
  そのため、64-bit版を自分でビルドする必要があります。
  BLASだATLASだ、色々依存するライブラリを
  インストールしなくてはならないので結構大変です。
  そこで、UCIのGohlkeさんという方が公開している
  インストーラ群を利用します。

  ・・・・・

これは、大変助かる。

このリンク:
Unofficial Windows Binaries for Python Extension Packages
ですね。

それで、
こちらから「Python 2.7」用の「x64」版をダウンロードさせて頂いた。

1.NumPy-MKL-1.8.0 ・・・ 27.4MB
2.Scipy 0.13.3 ・・・ 66.6MB
3.Matplotlib 1.3.1 ・・・ 5.85MB
4.PIL これは、発展形の、 Pillow-2.3.0 ・・・ 1.39MB

<紙>に取っては、この位追加すれば十分???

そして、「PyScripter」だナ。

これについては、
「Google Project Hosting」にある、
pyscripter - An open-source Python ・・・ (IDE)
ですね。

備考(?)として、
  Notes:
  For compatibility with Python 2.6 and Python 3.0, ・・・
  PyScripter requires the latest C++ Redistributable Package.
  This is automatically installed by Python 2.6 and Python 3.x.
とある。

左ペインに。
 「PyScripter-v2.5.3-x64-Setup.exe」
の、ダウンロード元リンクがある。
4.80MB でした。

以上で、
Python 本体を含め、ダウンロードしたもの6つで 150MB ですか。

これらを、全てインストール。全てデフォルトで。
結果、
「C:/Python27/」が 413MB
「C:/Program Files/PyScripter/」が 17MB
となった。


これで、このVMマシンでは、
PyScripter を IDE として、Python 2.7 (x86)(x64)両環境が出来た。


これから本格的に、学習してみます。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140217
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク