Python 学習:見た目の前方参照(classで)

2014-04-25 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、2、1、1、2、 0、0、0、1、0(41)で、換算ポイント 61pt 。
「グルコサミン」一昨日夜に4位に戻された。(down)
「Firefox」昨日朝方6位にダウンしたが、今朝方5位に戻った。
・-・ - -・

さて、本文。

“見た目の前方参照”については、これまでに2回書いている。
2014-03-25 の記事:
Python 学習:見た目の前方参照(gotoで)
と、
2014-03-28 の記事:
Python 学習:見た目の前方参照(forとifで)

今回は、“class”を使って、・・・


先日(2014-04-21)の記事:
Python 学習:Tkinter で GUI アプリ
の時に、“calss”なるものを知った。
  ・・・・・
  だが、どちらも
  「class」なるモノが出てきて、難解(?)ダ。
  ・・・・・

そこで、「クラス(class)」については、
少々、学習???
クラス定義の基本 - Python 入門
超絶簡単Pythonクラスのまとめ - Yuta.Kikuchiの日記
それはそれとして、・・・


「Tkinter」のコード例を眺めていて、
関数定義は“後から”でも良いような気がした。


こんなコードで試してみた。

class k_proc: # <=== 固定
def __init__( self ): # これも固定
# --------------------------------- 以下、インデントに注意する

global x, y, z # 下記のメイン内変数を使いたいとき

# ======================= ここから、自分流の主処理部
import  math
print 'Start'

x=5; y=4
print x, y, z, math.cos(z)

print AAA( x, y ) # 下記メイン内の関数を使うとき

print self.BBB( x, y ) # ここの関数を使うとき“self”を付加

#
#
# ここに、自分流主処理のコードを・・・
#
#
######## 実質、ここでプログラム終了!

def BBB( self, a, b ): # “self.”を付ける
   return a-b

# =========================== ここまでが、自分流の主処理部

# ---------------------------------------- 以下は、前処理
x = y = z = 10 # グローバル変数定義

def AAA( a, b ): return a+b # 関数定義(必要に応じて)

k = k_proc() # <=== 固定:上記クラスを開始



クラスの外で定義している関数“AAA”は、
これまでの2回のものと同様、“見た目の前方参照”ですが、・・・

クラス定義内で定義している関数“BBB”は、・・・
これは本物の“前方参照”???


“前方参照”に関しては、これで一件落着かな?

結論としては、“forとifで”方式がベストかな?


まだまだ、Python の学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140323
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク