OpenCV:WinPython には入って無い

2014-05-11 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
2、3、3、0、0、 0、1、0、0、0(39)で、換算ポイント 63pt 。
「Firefox」昨日、6位から4位にアップ。更に今朝方、3位にアップ。
・-・ - -・

さて、本文。

あれ(2010-11-05)から4年近く経つ:
GrowCut:セグメンテーション手法
某学会の会誌に「セグメンテーション」についての解説記事がありました。
  ・・・・・
  記事の初めは、
    ・セグメンテーション(領域分割・切出し)は、
     画像・映像処理で必須の処理である。
    ・セグメンテーションアルゴリズムとしては、
     Graph-cuts、GrabCut、Random walks などが有名である。
     ここでは、GrowCut とよばれるセルラオートマトンを用いた
     セグメンテーション手法を紹介する。
  と云ったような記述でした。
  ・・・・・
と書いてから、暫く
Pixia 導入
Pixia 日本語版の導入は、・・・・・
PictBear - 英語版Pixia - GrowCut
と来て、
GML GrowCut:フリー版GrowCut
で、
  ・・・・・
  とすると、・・・・・
  ・ホストアプリ(Photoshop)を有償とし、GML GrowCut で行くか?
  ・GrowCut を有償とし、PictBear 等で行くか?
   (一定の体験期間内ではフリーですが。 ン?)
  いずれにしても、完全フリーではダメですかネ?
  ・・・・・
と纏め(?)、
終わっていた。

ここに来て、
Python 学習
継続中。

こんなサイトを見つけた。
画像分割,領域結合,輪郭検出
このページでは、
  ■ 画像の領域分割
  画像による認識やトラッキングを行なうために,
  得られた画像を意味のある領域に分割する事は重要な技術である.
  OpenCVにはこのような領域分割を行なうための手法として,
  画像ピラミッドによる画像のセグメント化・
  平均値シフト法による画像のセグメント化・
  Watershedアルゴリズムによる領域分割が実装されている.
  ・・・・・
とある。
ページの「最終変更日時」は、2007-10-14 23:39:34
と些か古いが?

それで、「OpenCV Watershed」で検索して、
「OpenCV 3.0.0-dev documentation」の、
Image Segmentation with Watershed Algorithm
を見つけた。

import numpy as np
import cv2

img = cv2.imread( 'coins.png' )
gray = cv2.cvtColor( img,cv2.COLOR_BGR2GRAY )
ret, thresh = cv2.threshold( gray, 0, 255, cv2.THRESH_BINARY_INV+cv2.THRESH_OTSU )


だけで、“セグメンテーション”が出来る!?!

これは、素晴らしい。

早速使ってみたい。

でも、「WinPython」には入っていない。

同じ「OpenCV 3.0.0-dev documentation」の、
Install OpenCV-Python in Windows
を見ると。
前提条件としては、
  1.1. Python-2.7.x
  1.2. Numpy
  1.3. Matplotlib(必須ではないが・・・)
がインストールされていること。
とあるが、WinPython では問題なし。

さらに、最初に、
  Below steps are tested in a Windows 7-64 bit machine
  with Visual Studio 2010 and Visual Studio 2012.
  The screenshots shows VS2012.
つまり、
  Windows 7 64ビット版で確認済み。

これは、
入れてみよう。

1.ダウンロード(OpenCV-2.4.6.0.exe:291MB)
2.インストール(ダブルクリック) = これは解凍のみ
3.解凍Dir/opencv/build/python/2.7/ にある唯一の「cv2.pyd」を、
4.Python格納Dir/python-2.7.6.amd64/Lib/site-packages/ に格納。
これで、
使えるハズ。

しかし、・・・・・

実行時( import cv2 )に、
・・・・・有効な Win32 アプリケーションではありません。
と出る???

試しに、32ビット版の方では、すんなり動いた???

理解不足か?
  Windows 7 64ビット版で確認済み。
と云うことは、
Python 64ビット版と云っているのでは無い???

OS が 64ビットであろうと、Python は 32ビット版のみ?????

取り敢えず、WinPython 32 ビット版を削除しなくて良かった。

“Regist”する版を64ビット版から32ビット版に変えるか?

本日はここまで。

更に Python 学習は続く。



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140416
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク