Python 学習:scikits-image って?

2014-05-28 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
4、2、2、1、0、 0、0、0、0、0(39)で、換算ポイント 72pt 。
「Python」昨日昼前、1位に復帰。
コンピュータ」カテゴリ、「C言語」「Python」まで。「Perl」はまだまだ。
・-・ - -・

さて、本文。

画像の「セグメンテーション」に関して、
2週間前(2014-05-15)の記事:
Python 学習:Graph cuts セグメンテーション
で、
  ・・・・・
  「Peekaboo」Andy's Computer Vision and Machine Learning Blog
  の、
  「Segmentation Algorithms in scikits-image
  が見つかった。
  「scikits-image」って???
  それは、取り敢えず後回しにして、
  ・・・・・
と書いている。

後回しにしていた「scikits-image」について学習。

今調べてみたら「WinPython 2.7 win32」には、
“scikit-image-0.9.3.win32-py2.7.exe”が含まれている。

本家(?)は、
scikit-image: Image processing in Python
ですね。
  scikit-image is a collection of algorithms for image processing.
  It is available free of charge and free of restriction.
  We pride ourselves on high-quality, peer-reviewed code,
  written by an active community of volunteers.
またまた、例によって、・・・
  scikit 画像は画像処理のアルゴリズムのコレクションです。
  料金および制限の無料無料可能です。
  ボランティアの活発なコミュニティによって書かれた、
  高品質で査読されたコードに誇りを持って。
とかとなるが、・・・

訳の分からないことは無視しましょう。


それで、
  Getting Started
  Filtering an image with scikit-image is easy! For more examples,・・・
にある、

from skimage import data, io, filter

image = data.coins() # or any NumPy array!
edges = filter.sobel(image)
io.imshow(edges)


を、
“Spyder”で打ち込んで実行してみた。
チャント、輪郭抽出ができますね。

でも、
ファイル化して、“ダブルクリック”での実行では、何も表示されない???


さらに、「Scipy lecture notes」の
「3. Packages and applications」>「SciKit
の中にある:
  3.2.4. Image segmentation
  Segmentation = filter that maps an image
  onto an image of labels corresponding to different regions.
の、
  3.2.4.1.1. Labeling connected components of a discrete image
  Once you have separated foreground objects,
  it is use to separate them from each other.
  For this, we can assign a different integer labels to each one.
の例も、同じ。
“Spyder”ではチャント動いたが、
ファイル化しての実行では、何も表示されない???


本家の
Watershed segmentation - skimage v0.10dev docs
も面白い。
“Watershed”とは?
OpenCV:WinPython には入って無い
の時に、“OpenCV”の機能として書いている。
  Watershedアルゴリズムによる領域分割が実装されている.
とか。

つまり、分水嶺法(Watershedアルゴリズム)によるセグメンテーションなら、
“OpenCV”でも“scikits-image”でも使えると云うことですね。


“scikits-image”は「WinPython」に含まれていたが、
折角「OpenCV」を追加導入したことだし、
プログラムファイルでのバッチ実行がうまく行かないのなら、
ここは、「OpenCV」で決まりですかネ。


本日はここまで。

Python 学習は続く、・・・



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140417
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク