Python 学習:del、pop、remove

2014-05-29 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
2、4、1、2、0、 0、0、0、0、0(39)で、換算ポイント 66pt 。
「Python」今朝方、2位に陥落。
「グルコサミン」も今朝方、2位に陥落。
「Firefox」まで今朝方、4位にダウン。
・-・ - -・

さて、本文。


“リスト”要素を“削除”したくなった。
検索してみると、
リスト要素の削除(del文, popメソッド, removeメソッド)
  リストオブジェクトの中の任意の要素を削除することが可能です。
  要素を削除するには「del」文を使用します。
  ・・・・・
  del list[0:3] とか
  ・・・・・

  指定のインデックスの要素を削除する
  リスト型で用意されている「pop」メソッドを使うことで、
  指定のインデックスの要素を削除することが出来ます。
  ・・・・・
  list.pop(0) とか(インデックス省略時は、リスト末尾の要素)
  ・・・・・

  指定の値を持つ要素を削除する
  リスト型で用意されている「remove」メソッドを使うことで、
  指定の値を持つオブジェクトが代入されている要素を削除することが出来ます。
  ・・・・・
  list.remove('B') とか
  ・・・・・


それから、(“del”での検索結果 )
「Kura IT Lab」の
15. Pythonのdel文で削除
  「del文(deletion)」はリストや変数、
  インポートされたファイルなど削除できます。
  不要になった任意の要素を削除することができます。
  ・リストを削除
  ・・・・・

  ・インタラクティブシェルの変数・インポートを削除
  インタラクティブシェルでどんどんインポートしたり、
  インスタンスや変数を作ってデータがたまっていきます。
  蓄積されたデータの一覧を確認して、削除しましょう。
  ・ dir()関数でシェルに生成されたデータの一覧表示
  ・ del文でデータの削除



“del”文は、要素の削除だけでなく、「変数」を削除する。
“pop”“remove”は、リスト要素の“削除”用メソッド。

ですか?


そうそう、“pop”は「辞書:dict」にも使える。
import したモジュールの削除?」での使い方。



本日はここまで。

Python 学習は続く、・・・



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140304
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク