Python 学習:実数(float)の等値判定

2014-06-04 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
昨日、日中に「ファイナルファンタジー」にランク・インした841位(0.04bg)
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、3、3、0、0、 0、0、0、0、0(40)で、換算ポイント 72pt 。
「化学業界」今朝方、3位にアップ。
・-・ - -・

さて、本文。

前記事(2014-06-03):
Python 学習:complex(複素数)型データ
で、
  ・・・・・
  「numpy.real_if_close
    numpy.real_if_close(a, tol=100)
    If complex input returns a real array
    if complex parts are close to zero.
    “Close to zero” is defined as
    tol * (machine epsilon of the type for a).
  が見つかった。
  ・・・・・
と書いた。

つまり、
「虚部」が“殆どゼロ”かどうかを判定し、
結果は“複素数”が“実数”になる。


そうすると、“実数”が“整数”になる?と云うことはどうなのか?

正確には、
2つの実数が“殆ど等しい”かどうかを判定することは???


ドキュメント:
「SciPy.org」の「NumPy v1.8 Manual」
を探したら、
numpy.isclose

  numpy.isclose(a, b, rtol=1e-05, atol=1e-08, equal_nan=False)

  Returns a boolean array where two arrays are element-wise equal
   within a tolerance.
  The tolerance values are positive, typically very small numbers.
  The relative difference (rtol * abs(b)) and
  the absolute difference atol are added together to
  compare against the absolute difference between a and b.

例に依って、ハチャメチャな機械翻訳は:
  2 つの配列は、許容範囲内で要素と等しいブール値の配列を返します。
  公差値は肯定的な通常非常に小さい数値です。
  相対的な差 ('rtol=.05' * abs(b)) と
  差分絶対値アトル追加されます間
  絶対差と比較するために一緒と b。

<紙>翻訳は:
  2つの配列を要素毎に比較し、許容範囲内で等しいか否かの配列を返す。
  トレランス値は正数で、一般的には非常に小さい値。
  相対的差は、rtol(既定値 1e-5)* b の絶対値である。
  絶対的差 atol は、更に、上記に加算する。

正確には、
  absolute(a-b) <= ( atol + rtol * absolute(b) )
で、
“殆ど等しい”かどうかを判定する。

と云うことですね。

b(第2引数)に、
“ゼロ”を指定すれば、“殆どゼロ”判定
“整数”を指定すれば、“殆ど整数”判定
でしょうか???

ここで、判定式の右辺には「b」があるが、「a」が無い。
つまり、非対称なので、

第1引数と第2引数を入れ替えると、結果は同じになるとは限らない!

第5引数は、・・・


この「isclose」は、結果は配列になるが、
他に、「allclose」があり、結果は、スカラ(1つ)になる。



本日はここまで。

Python 学習は続く、・・・



見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140602
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク