Python 学習:3D-PDF作成方法

2014-06-21 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、3、2、1、0、 0、0、0、0、0(41)で、換算ポイント 70pt 。
「C言語」今朝方、2位にダウン。
・-・ - -・

さて、本文。

昔? かれこれ4年前(2010-10-11)に、
3D PDF って? 今頃知りました。
を書いて以来、
3D PDF」に関する記事は、
65件(?)ほど書いている。

ここで、“Python”ではどうなのか?・・・

Python 3D-PDF」で検索してみた。
真っ先に、
Tutorial for embedding 3D interactive graphics into PDF
が見つかる。

そのものズバリの
「PDF に3Dインタラクティブなグラフィックスを埋め込むためのチュートリアル」

これは、必見ダ?

で、その内容(手順)は???

  画像(PDF文書へのリンク:3D-PDFがダウンロードできる)があって、

  An screenshot of a 3D scene of high velocity clouds around
  the Milky Way as viewed with Adobe Reader 10.1.2.
  Download the PDF and view it in Adobe Reader to interact with it.
即ち(?)
  Adobe Reader 10.1.2 見た天の川付近の高速度の雲の
  3Dシーンのスクリーン ショット。
  PDF をダウンロードするそれと対話するための Adobe Reader で表示。

続いて、
  I've written a tutorial which distills down the techniques
  I've found and developed for creating interactive 3D graphics.
  Topics include getting your data into a 3D format,
  choosing software to create the 3D object (.u3d),
  and using LaTex and the movie15 package to embed the object.
即ち(?)
  私は発見し、インタラクティブな3Dグラフィックスを作成するために
  開発されたテクニックを蒸留チュートリアルを書いています。
  トピックには、3D形式にデータを取得 (.u3d)、3Dオブジェクトを
  作成するソフトウェアを選択する、LaTex と movie15 パッケージを使用して、
  オブジェクトを埋め込むなどがあります。

更には、
  I think I've made some major strides towards making
  the process more streamlined;
  with an afternoon's work you could make your first 3D PDF,
  and perhaps even add it to your next paper!
即ち(?)
  合理化; プロセスを作るに向かっていくつかの主要な前進をしたきただと
  思う午後の仕事とあなたの最初の 3D PDF を作るし、
  おそらくも次の論文を追加できませんでした !
(これはヒドすぎる)


この記事にもいろいろコメントが付いている。

最後のものは、
Brendan さんの April 30, 2014 at 3:30 am のもので、
  Bentley View is free and will import various cad formats.
  It will 'print' a 3D pdf.
つまり、
<紙>の4年前(2010-11-13)の記事:
3D PDF 作成は、Bentley View v8i で?
ですね。


それで、
最初に挙げた、記事にあるチュートリアルとは、・・・
これ
ですね。

 1) Getting your data into a 3D format.
  I have had success with both simulation data and observational data.
  Along with Matt Turk I've developed a few codes I'll share with you,
  but more importantly I'll describe some more general things
  I've learned along the way that will allow you to write
  your own software for getting your data into 3D.

 2) Augmenting and exporting.
  I'll point you to a few pieces of consumer-level software that
  allow you to merge your objects into a single scene,
  change the colors and qualities of your objects in a GUI,
  and augment them with other 3D primitives and shapes.
  One can then export the whole mess in an arcane format
  Adobe and the PDF standard supports.

 3) Formatting and Views.
  The last piece of the puzzle getting the scene into the PDF,
  looking how you want.
  Miraculously, this can be done entirely within LaTeX.
  I'll discuss options you have for views and
  other ways of tailoring the 3D interactive experience of your figure.


第1ステップは 3D 形式のデータを入手する。
  The first thing you want to do is look at your data in
   some kind of easy-to-use form,
   so you can get a sense of what is reasonable to try to visualize.
  For me, the easiest tool for that job was NASA's viewpoints software.
  ・・・・・
  The yt project ( http://yt-project.org/ ) can manipulate ・・・
  ・・・・・
  The bad news is that 3D PDF does not support .obj;
   it only accepts a format called .u3d, ・・・
  ・・・・・
  There are likely many ways to do this with a arbitrary grid,
   but YT has made it relatively easy.


第2ステップは、Augmenting and exporting って、増強とエクスポート?
  ・・・・・
  Autodesk's Maya to easy-to-use
  (フリーの)Google's SketchUp
  ・・・・・
それから、.u3d にするには、
  Blender   Meshlab   DAZStudio
  有償製品の
  Deep Exploration and 3D PDF converter
  ・・・・・


第3ステップは、Formatting and Views
  ・・・・・
  Grahn's movie15 package for LaTeX
  ・・・・・


結局 LaTeX の movie15 と云うことは、
必然的に“U3D”ファイルが必要?

そして、“movie15”は“media9”に代わっている。
cf.「やはり、Asymptote


そうすると、やはり問題は「U3D」或いは「IDTF」が必要!!!

例の「Stack Overflow」のこのQ&A:
u3d or prc writer library for .NET
の如く、
めぼしいアプリは、存在しない???

以上、「Python」とは直接繋がらなかった。

やはり、Asymptote
しかないのかな???


-----

こんなサイトがあった。
S2PLOT:3dPDF

でも、
  ・・・・・
  ・・・・・
  Requirements
  ・ S2PLOT version 2.02 or higher
   ・ version 2.4 or higher recommended
   ・ S2PLOT is freely available for non-commercial and educational use
  ・ A program for converting TGA image files to PNG image files
   ・ ImageMagick's convert is recommended
  ・ Adobe Acrobat 3D version 8.1.2
   ・ Adobe Acrobat Pro 9 Extended expected to work but not yet tested and interface may be different to that described below
   ・ Acrobat 3D and Acrobat Pro 9 Extended are commercial software but frequently are available at special academic and education prices
  ・・・・・
  ・・・・・
つまり、有償製品:Adobe Acrobat が必要
それも、Standard 版ではダメ。

で、当該サイトには、
  Acrobat 3D とアクロバット Pro 9 拡張は商用ソフトウェアですが
  頻繁に学術・教育の特別価格でご利用いただけます
とあった。


本日はここまで。

Python 学習は続く、・・・


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140330
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク