Pre3d:JavaScript 3d rendering engine

2014-07-11 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
4、2、0、3、0、 0、0、0、0、0(41)で、換算ポイント 68pt 。
特段のランク変動は無し?
・-・ - -・

さて、本文。

Matplotlib 3D WebGL」で検索。

例の「Stack Overflow」に、
javascript - 3d surface plot in browser
がある。

一番下の“回答1”に、
  You want to use Pre3d.
  It doesn't use WebGL.
  It uses canvas element.
  here is the example of it http://www.graphycalc.com/
つまり、
“Pre3d”を使ったらどうヨ。
それは“WebGL”を使っていない。
それは“canvas”要素を使っている。
その例は、ここ“GraphyCalc”にある。

と云うことで、
GraphyCalc
に行ってみた。

なかなか面白いサイト。

でも、この例では、座標軸に目盛が無い?


で、このページの右下に、

  Powered by Pre3d.

とある。

このリンクもクリック。

  Pre3d, a JavaScript 3d rendering engine

  Play with an application built using Pre3d, like ・・・

  See a demo like ・・・

  ・・・・・
  ・・・・・

殺風景(?)なページですね。

取り敢えず、
本日はここまで。

詳細は、別途???


Python 学習に続く???


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140708
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク