gnuplot:コマンド+データ

2014-08-28 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、3、0、1、0、 2、0、0、0、0(41)で、換算ポイント 60pt 。
blogram は、前記事の4日前からトラブっていた?
今日まで若干アップ/ダウンもあったが、
結果的に現時点で変わらないので、このままとする。
・-・ - -・

さて、本文。

“gnuplot”について、
先々週(2014-08-12)の記事:
gnuplot:3Dグラフ表示
で、
  ・・・・・
  ・・・・・
  ただし、“関数”を表示するのではなく、
  点の集まりからなるデータを元に表示するには、
  “gnuplot”コマンドと同列には書けず、別ファイルを用意する必要がある???
  ・・・・・
  ・・・・・
と書いた。

そして、先週(2014-08-20)の記事:
Python 学習:Gnuplot.py モジュール
で、Python プログラムを作った。


だが、・・・・・

更に、調査していたら、
4 C言語からgnuplotを操作する
を見つけた。

このページの中に、
  ・・・・・
  ・・・・・
  4.3.2 配列のデータをグラフ化
  数値計算の場合,配列にデータが格納されることが多い.
  配列に格納されたデータを gnuplotに送には,次のようにする.
  複数のデータがある場合は,付録に載せている.

  1.まずは,配列のデータを送る準備が必要である.21行目のように,
       plot '-' [オプション]
    とする.
  2.データの送信は,24行目にように
       fprintf(パイプを表すファイルポインター,データの並び)
    とする.
  3.eを送れば,データの終了となる.27行目にように
       fprintf(パイプを表すファイルポインター,"e\n")
    とする.
  ・・・・・
  ・・・・・
とあった。


と云うことは?

別ファイルにあるデータを読んでグラフ表示するところ、
ファイル名を '-' とすると、
それ以降にデータを置ける???

と云うこと。
ですか?


取り敢えず、
「wgnuplot」コマンドで、GUI版gnuplot を立ち上げ、
  plot '-' w l
  1 2
  2 4
  3 3
  e
と、順に打ち込んでみると、
グラフが表示された。

更に、
上記の5行からなる「hoge.plt」ファイルを作り、
GUI版gnuplot 窓にドラッグ&ドロップしたら、・・・

・・・ 表示されました。


もっと云うと、
GUI版gnuplot を終了させて、
「hoge.plt」ファイルをダブルクリックするだけで、

・・・ 表示され、そのまま表示!!!


結論=====

gnuplot コマンドと表示するデータを合わせた、
「ほにゃらら.plt」ファイル1つあれば、
これをダブルクリックするだけで、
表示され続ける。



非常に単純!!!


本日はここまで。


Python 学習は続く???


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140811
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク