Python 学習:FiPy

2014-09-07 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での、blogramのランクインカテゴリは、
3、2、1、1、0、 1、0、0、1、0(41)で、換算ポイント 58pt 。
「Firefox」3日前夕方8位に、続いて翌日夕方9位に迄ダウン。
「グルコサミン」昨日夕方、3位にダウン。
・-・ - -・

さて、本文。

前回(2014-09-04)の記事:
Python 学習:SfePy
では、
  ・・・・・
  ・・・・・
  C言語ソースから(?)、コンパイルしないとダメ???
  暫く、Web検索して見たが、・・・・・
  この問題は、解決できない。
  もっと修行してみます。
  ・・・・・
  ・・・・・
と云うことで、終わっていた。


さらなる検索の結果、例の「Stack Overflow」に、
What are some python libraries that use ・・・
  Using Numpy/Scipy or any other library,
  I am interested in solving 2D and 3D frame analysis problems.
  So far I came across sfepy.
  Although, it is a fully functioning FEM package,
  I was wondering if there are any alternatives?
なる質問があった。

回答には、
  To the best of my knowledge
   the most commonly used Python Finite Element library is FiPy.
つまり、
  私の知る限り、最もよく使用される Python 有限要素ライブラリは FiPy です。

とある!

この「FiPy」に注目???


取り敢えず、確認・・・
いつもお世話になっている「Gohlkeさんのページ
即ち、
Gohlkeさんのページ
にあった。


そうならばと、・・・・・
FiPy」に行ってみた。

  FiPy: A Finite Volume PDE Solver Using Python

  FiPy is an object oriented, partial differential equation (PDE) solver,
   written in Python, based on a standard finite volume (FV) approach.
  The framework has been developed in the Materials Science and
   Engineering Division (MSED) and Center for Theoretical and
   Computational Materials Science (CTCMS),
   in the Material Measurement Laboratory (MML) at
   the National Institute of Standards and Technology (NIST).

  The solution of coupled sets of PDEs is ubiquitous to the
   numerical simulation of science problems.
  Numerous PDE solvers exist, using a variety of languages
   and numerical approaches.
  Many are proprietary, expensive and difficult to customize.
  As a result, scientists spend considerable resources repeatedly
   developing limited tools for specific problems.
  Our approach, combining the FV method and Python,
   provides a tool that is extensible, powerful and freely available.
  A significant advantage to Python is the existing suite of tools
   for array calculations, sparse matrices and data rendering.

  The FiPy framework includes terms for transient diffusion,
   convection and standard sources, enabling the solution of
   arbitrary combinations of coupled elliptic,
   hyperbolic and parabolic PDEs.
  Currently implemented models include phase field ・・・

等々と有る。・・・チンプンカンプン(汗;

何とかなるか、成らないか、???


Examples
を見てみた。

  ・Diffusion Examples
   ・examples.diffusion.mesh1D
   ・examples.diffusion.coupled
   ・examples.diffusion.mesh20x20
   ・examples.diffusion.circle
   ・examples.diffusion.electrostatics
   ・examples.diffusion.nthOrder.input4thOrder1D
   ・examples.diffusion.anisotropy

  ・・・・・
  ・・・・・

  ・Fluid Flow Examples
   ・examples.flow.stokesCavity

  ・・・・・
  ・・・・・

ン?
1次元か2次元だけ???
3次元の例が無い!!!

3次元でも使えるのかも知れないが、
やはり、ド素人には無理がある???


本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


140813
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク