XnView:機能まとめ

2015-02-06 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
5、2、0、1、0、 0、0、1、0、0(41)で、換算ポイント 71pt 。
「C言語」昨日2位にダウン。(一昨日のbg値大幅ダウンが影響)
「グルコサミン」は一昨日bg値大幅ダウンしたがなんとかキープ。
「Firefox」は一昨日bg値大幅ダウンで6位に、昨日8位にダウン。
・-・ - -・

さて、本文。

画像ビューアとして、「XnView」を、
5年ほど前(2010-04-05)の記事:
新PC:移行できたかな?
の如く、使い始め、そして現在では手放せ無くなっている。

最近では、2週間ほど前(2015-01-26)の記事:
GrowCut 3.0 + XnView
  ・・・・・
  ・・・・・
  “XnView”は、ただのビューアじゃなかった。
  こんなことも出来るのダ!!!
  ・・・・・
  ・・・・・
の様に、益々気に入っている。


そこで、これまでの学習結果(「XnView」の機能 )を纏めた。


1.“GrowCut3.0.8bf”の実行
  「GrowCut 3.0 + XnView
  で書いた如く。
  ・・・・・
  ・・・・・
  「XnView」のインストールフォルダ内の、
  <紙>の場合:“C:/Program Files (x86)/XnView/8bf/”
  ここに、「~.8bf」を入れれば良い?
  これで、「Adobe Photoshop」の「Plugin」が使える???
  ・・・・・
  ・・・・・


2.動画像ファイルの再生
  「ファイル」メニューの「開く」又は、ファイルのドラッグ&ドロップで可能。
  それも、
  「GIMP でアニメーションGIF
  「ImageMagick/convert でアニメーションGIF
  等々で作った、“アニメーションGIF”
  とか、
  「Python 学習:avi_for_Python
  「Python 学習:OpenCV で .avi 動画
  等々で作った、“~.avi”
  とか、
  ・・・・・
  但し、“.mp4”“.flv”はダメだが。


3.画面のキャプチャ
  「ツール」メニューの「キャプチャ」で可能。
  キャプチャ出来るのは、
  “デスクトップ”“アクティブウィンドウ”“ウィンドウ”“矩形”
  保存先は、
  “XnViewで開く”か、指定した“フォルダ”に指定した“形式”で。


4.静止画像のヒストグラム
  「ブラウザ」の3つのペインの1つ(標準では右下)に、
  “プレビュー”“プロパティ”“ヒストグラム”“EXIF”“カテゴリ”
  と5つのタブがある。


5.一括変換処理
  「ツール」メニューの「一括変換」で可能。
  ポップアップする窓には、“全般”“変形”の2つのタブがあり、
  それぞれで、多くの指定が出来る。
  “変形”タブの“フィルタ”では、18種類から選べる。
  参照サイト(例):画像変換ソフトとしても使える画像ビューア「XnView」


6.出力ファイル形式
  「XnView Support Formats」から抜粋
  以下の65種類?
  alias : Alias Image File
  arcib : ArcInfo Binary
  biorad: Bio-Rad confocal
  bmp : Windows Bitmap
  cin : Kodak Cineon
  csv : CSV
  dcx : Zsoft Multi-page Paintbrush
  dds : Direct Draw Surface
  degas : Degas & Degas Elite
  dkb : DKB Ray-Tracer
  dpx : DPX
  emf : Windows Enhanced Metafile
  fits : Flexible Image Transport System
  gif : CompuServe GIF
  gpat : Gimp Pattern
  grob : HP-48/49 GROB
  hru : HRU
  ico : Windows Icon
  iff : Amiga IFF
  jif : Jeff's Image Format
  jpeg : JPEG / JFIF
  jxr : JPEG XR
  kro : Kolor Raw Format
  miff : Image Magick file
  mtv : MTV Ray-Tracer
  ngg : Nokia Group Graphics
  nlm : Nokia Logo File
  nol : Nokia Operator Logo
  otb : Nokia OTA bitmap
  pabx : PABX background
  palm : Palm Pilot
  pbm : Portable Bitmap
  pcl : Page Control Language
  pcx : Zsoft Publisher's Paintbrush
  pdf : Portable Document Format
  pgm : Portable Greyscale
  png : Portable Network Graphics
  pnm : Portable Image
  ppm : Portable Pixmap
  prc : Picture Gear Pocket
  ps : Postscript
  psd : Adobe Photoshop
  psion3: Psion Series 3 Bitmap
  psion5: Psion Series 5 Bitmap
  qrt : Qrt Ray-Tracer
  rad : Radiance
  raw : Raw
  rawe : Raw
  ray : Rayshade
  rla : Wavefront Raster file
  sct : SciTex Continuous Tone
  sgi : Silicon Graphics RGB
  soft : Softimage
  tdi : Explore (TDI) & Maya
  tga : Truevision Targa
  ti : TI Bitmap
  tiff : TIFF Revision 6
  uyvy : YUV 16Bits
  uyvyi : YUV 16Bits Interleaved
  vista : Vista
  vivid : Vivid Ray-Tracer
  wbmp : Wireless Bitmap (level 0)
  wrl : VRML2
  xbm : X11 Bitmap
  xpm : X11 Pixmap

※.その他
  ・16ビット・グレースケールTIFFの読み込み:
   8ビット・グレースケールにスケール・ダウンする。

  ・より高機能な「XnviewMP」では、そのまま 16ビットで取り込むが、
   逆に、“GrowCut3.0.8bf”が使えなかった???


本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


150107-10
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク