Borland C++ 5.5.1:Python 埋め込み?

2015-04-15 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
6、1、1、0、1、 0、0、0、0、0(41)で、換算ポイント 76pt 。
3日前午前「グルコサミン」「Firefox」「FM COCOLO」でbg値が僅かにアップ。
一昨日朝方「Firefox」が5位にダウンし「グルコサミン」でbg値が僅かにダウン。
昨日朝方「Firefox」が4位にアップし「グルコサミン」でbg値若干アップ。
今朝方「Firefox」が3位にアップ。「グルコサミン」でbg値大幅アップ。
「C言語」「Python」には変化が無かった。
・-・ - -・


さて、本文。

前(2015-04-09)の記事:「PictBear:プラグインは、borland bcc32 で?
で、
  ・・・・・
  ・・・・・
  取り敢えず、「bcc32」を使えば、プラグインを作ることができそうだが、
  解決すべき課題が多い。
  ・・・・・
  ・・・・・
などと書いた。


そこで、1つ問題解決を図りたい。

つまり、C で作った「dll」に「Python」を埋め込む???


あちこち探していたら、
「とある社員のチラシ裏」ブログの 2011-04-12 記事:
C/C++ に Pyhton を 組み込み パート1
が見つかった。

この記事は、
Embedding Python in C/C++: Part I
の翻訳?

そこには、
  ・・・・・
  ・・・・・
  私は C/C++プログラマー向けに Python/C APIを解説します。
  それは、C/C++アプリケーションに、Pythonのモジュールを埋め込むのを
  手助けする、Cのライブラリです。

  パート1ではPython埋め込みの基本的な一連の流れについて述べます。

  パート2ではさらに踏み込んだ内容に焦点を当てます。

  このチュートリアルでは Pythonの言語構造について触れませんが、
  Pythonのコードが呼ばれたときにどうふるまうかの概要は説明します。

  PythonモジュールをC/C++アプリケーションへ
  どのように組み込むかに重点を置きます。

  (詳しくは)パート2をご覧ください。

  ソースコードを使用するために、最新のPython、VisualC++又は
  Linux上ではGCCをインストールする必要があります。

  私がテストで使用した環境はWindowsとLinuxのPython2.4で、
  Windows上のVisualC++6.0又はLinuxのRedHatLinux 8.0上のGCC 3.2です。
  ・・・・・
  ・・・・・

とある。
・・・嫌~な予感。

“Linux”なら「gcc」でも行けるようだが、
“Windows”だと、「VisualC++6.0」じゃないとダメ???


もう少し探してみたら、
How to embed Python with Borland C++ 5.02
が見つかった。
<紙>が使っているのは、「Borland C++ 5.5.1 for Win32」だが。

そこでは、
  ・・・・・
  ・・・・・
  I've tried to build Python with BC++. It's not simple ;-) .
  So I turned to Python15.dll and I've created Python15.lib with IMPLIB
  (because the .lib available uses the VC++ format)
  ・・・・・
  ・・・・・
とかある。

つまり、Windwos 版「Python」では、
“.lib”は、「VC++ format」
だから・・・・・???


もう一つ、「Grokbase」なるQAサイト(?):
Embedding Python w/ Borland C++ 5.5
では、
  ・・・・・
  ・・・・・
  I here attach a zip-ped archive of
   the most comprehensive guide I have found.
  It also include a pre-built Borland import library
   for the MSVC-compiled Python 1.52.
  You can also generate it for any version by hand:
    coff2omf -lib:ms pythonXX.lib pythonXX_bcc32.lib
  ・・・・・
  ・・・・・
とか。
つまり、“coff2omf”で変換が必要???


“.lib”を、“coff2omf”で変換し、
Python インクルード・ファイルのパスを指定したり(bcc32.cfg)
悪戦苦闘したが、<紙>には無理そう。


結論:
(1)VC++ に乗り換える:
  PictBear のプラグインは、VC++ でも作れるから。

(2)Python をビルドし直す:
  「Python 2.7ja1 documentation」の、
  「Python モジュールのインストール」の、
  「Windows で非 Microsoft コンパイラを使ってビルドするには」の、
  「Borland/CodeGear C++」節の記述に従って!!!
  ※ ここには、「GNU C / Cygwin / MinGW」向け手順も載っているが。


でも、そこまでヤルか???
諦めるか???


もう少し、学習してみよう。 ・・・・・・・・・・


本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


150321,22
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク