ローズダイアグラム って何?

2015-05-23 :  PCクリニック
某専門書を見ていたら、・・・・・
「ウインドローズ」なる名称のレーダーチャートの様で一寸異なる図を見つけた。

“風薔薇”??? どうも違う様ですね。

検索してみたら、
「ウィキペディア」に「風配図」があった。
  風配図(ふうはいず)またはウインドローズ(wind rose)とは、
  ある地点のある期間における、各方位の風向および風速の頻度を表した図。
  その場所の卓越風や、
  その他風の特徴を知ることを主な目的として作成される。
  ・・・・・
  ・・・・・
つまり、ヒストグラム(histogram)ですね。
それも、極座標(polar coordinates)の。


こんな グラフ(graph)? チャート(chart)? ダイアグラム(diagram)?

どうやって書けるの???


カレイダグラフ」では?
“ギャラリー”メニューには、
“極グラフ(polar graph)”即ち「レーダーチャート」しかない。


Igor Pro」では?
Packages」に、
  ・Polar Graph
が載っているが、一寸違う???
「HULINKS blog」の記事:
IGOR Pro/風向風速データをプロット(Vector Plot)
には、
  ・・・・・
  ・・・・・
  もう一歩進めて風配図(Rose Plot)を描いてみましょう。
  ウィンドウメニュー>新規>Packages>Rose Plot を利用します。
  ・・・・・
  ・・・・・
とあった。


Mathematica」では?
Circular Plot and Circular Histogram」に、
  ・Circular Plot
  ・Circular Histogram
  ・Rose Diagram
の3種類が載っているが、3番目が“風配図”ですね。


以上は、(<紙>が使える)有償アプリ。

以下は、フリーソフト。

Gnuplot」では?
「レーダーチャート」のみ?


Python」関連では?
matplotlib」でしょうか?
「StackOverflow」に聞いてみた。
Circular Histogram for Python」ですネ?
このQ&Aの回答(7)には、
  Building off of this example from the gallery, you can do

  “チャート”

  ソース・コード

  ・・・・・
  ・・・・・

とあり、
リンクが張ってある「this」は、
「matplotlib」の「pie_and_polar_charts Example」の
polar_bar_demo

つまり、「極座標」での「棒グラフ」と云うこと?


更に、
  In general, a browse through the matplotlib gallery is
  usually a good place to start.
とある。
訳すと(?)
  一般に、matplotlib ギャラリーをブラウズは通常開始する良い場所です。

いや、
  一般的に云って、先ずは matplotlib ギャラリーを見るのが良い。

ですね。


これ、即ち「matplotlib」の「polar_bar」について、
更なる学習です。


本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


150415
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク