AutoIt + PyAutoIt 学習 始め

2015-06-08 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
5、2、1、0、1、 0、0、0、0、0(41)で、換算ポイント 74pt 。
一昨日昼頃「グルコサミン」「FM COCOLO」「Firefox」bg値若干アップ。
昨日朝方「グルコサミン」「Firefox」bg値若干アップ。
今朝も「グルコサミン」「Firefox」bg値若干アップ。
この間「C言語」「Python」では変化は無かった。
・-・ - -・

さて、本文。

前回(2015-06-06)記事:「AutoIt:UWSC 相当?
の如く、

結局、「AutoIt」+「PyAutoIt」で行くことに決めた。

で、学習参考書(?)等を纏めた。

まず、前回記事の最後に書いた:

  ・・・・・
  ・・・・・
  pyautoit module は、DLL を使う。
  一方、pywin32 では、COM を使う。
  両者の違いは無い、
  ようだって。
  しかし、COM/DLL インタフェースでは、
  AutoItの全機能は使えない。
  とある。
  ・・・・・
  ・・・・・

は、重要


それから、
本家サイト「AutoIt」 の、
Online Documentation」から、
Function Reference
はダウンロード(即ち、名前を付けてページを保存)した。

ここには、例えば、
  WinWaitActive : Pauses execution
      of the script until the requested window is active.
があるが、
これを「PyAutoIt」で使うときは、
 「win_wait_active」
の様に、大文字を小文字に変えて、下線で区切る。


もう一つ必ず使うもの(?)
Send Key list
も、ダウンロード(即ち、名前を付けてページを保存)した。

特殊キーについて、「win32com」と異なるところがある。
 「win32com」については「ここで」書いたが、
  ・・・・・
  ・・・・・
  「Shift」は、'+'
  「Ctrl」は、'^'
  「Alt」は、{ALT} 又は '%'
  「Enter」は、{ENTER} 又は '~'
  ・・・・・
  ・・・・・

これに対して、

「AutoIt」では、
 「Shift」は、'+'
 「Ctrl」は、'^'
 「Alt」は、'!'
 「Enter」は、{ENTER}
 「窓」は、'#'

つまり、
「Shift」「Ctl」「Enter」は同じだが、
「Alt」が異なり、
「窓」が定義されている。


本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


150502
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク