Portable Apps:LibreOffice 導入

2015-07-27 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
6、1、1、0、1、 0、0、0、0、0(41)で、換算ポイント 76pt 。
「Firefox」が3日前夕方5位にアップしたが、
一昨日朝方、一気に7位にダウンし、昨日6位、7位とアップ・ダウンで、
今朝方一気に5位に戻った。
3日前夕方「C言語」「Perl」「化学業界」「Python」、
「FM COCOLO」でbg値が若干アップ。
「グルコサミン」ではbg値が若干アップ/ダウン。
・-・ - -・

さて、本文。

困っていたことがあった。
某マシン(Windows7x64)に入れているMS-Office2010のEXCELでは、
どんなに足掻いても「.csv」ファイルを関連づけることが出来なかった。

そんなとき、ふと「Calc」を思い出した。

「Calc」を入れたいが、どの「Office」が良いか?
探してみた。
・・・・・
・・・ -- 2大オープンソースオフィススイートの違いは
が見つかった。

   筆者は先日、2大オープンソースオフィススイートの違いについて、
  複数の読者から質問を受けた。
  エンドユーザーにとって、これは極めて妥当な疑問だ。
  それぞれの説明を読んでも、差異はほとんどない。説明を見てみよう。
  ・・・・・
  ・・・・・

   まずは、名称を整理しておこう。
  筆者がここでOpenOfficeと呼ぶものは、
  正式にはApache OpenOfficeのことだ。
  これは、かつてOracleが所有し、
  Apacheに譲渡されたソフトウェアと同じものだ。
  これらのソフトウェアタイトル(OpenOffice.orgやApache OpenOffice、
  LibreOffice、「NeoOffice」など)はすべて「StarOffice」
  (実はプロプライエタリなソフトウェアだった)から派生した。

   いずれのツール(LibreOfficeとApache OpenOffice)も
  無料のクロスプラットフォームオフィススイートで、
  極めて効果的に作業を遂行できる機能をユーザーに提供する。
  しかし、どちらかを選ぶときは、何を判断材料にすればいいのだろうか。
  ・・・・・
  ・・・・・

で、
どちらも「Portable App」にあった。
Office」→「Office Suites」


結局:
LibreOffice Portable
を入れることにした。


ダウンロードしたのは:
「LibreOfficePortable_4.4.3_MultilingualStandard.paf.exe」123MB
( 詳細は、4.4.3.2 ですが、現在の最新版は「4.4.4」ですね。 )


そして、「D:/TOOL/LibreOfficePortable/」にインストール(展開?)した。
270MBでした。


これだと、
当たり前ですが、「.csv」ファイルを対応づけることが出来た。


つまり、「.csv」ファイル・アイコンを
ダブルクリックすることで「Calc」で開くことが出来た。


本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


150602
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク