Lua 学習:tutorialspoint サイト

2016-01-20 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
6、3、0、1、0、 0、0、0、0、0(40)で、換算ポイント 88pt 。
「Firefox」今朝方4位にアップ。「化学業界」「硝子業界」、
「グルコサミン」「Python」「FM COCOLO」bg値変動のみ。
「Perl」「C言語」「e-radio」「FM青森」全く変化無し。
・-・ - -・

さて、本文。

Lua での“ファイル入出力”に関して検索していたら、・・・

Lua - File I/O
が見つかった。

  I/O library is used for reading and manipulating files in Lua.
  ・・・・・
  ・・・・・

ではじまり、“解説書”の様ですネ。

このページは、
tutorialspoint」サイトの中の、
「Tutorials Library」の中の、
「Learn Lua」=「Lua Tutorial」の中にある。

このサイトの「ABOUT US」の「Mission」には、
  Our mission is to deliver Simply Easy Learning with clear,
   crisp, and to-the-point content on a wide range of technical
   and non-technical subjects without any preconditions and impediments.
つまり?
  私たちの使命は、前提条件、障害なく技術的および非技術的な
  主題の広い範囲で明確な鮮明なとポイントを
  コンテンツと単に簡単な学習を提供することです。
なんだか分からないが(汗;

学習教材としては、非常に有益なモノのようダ。


それで、幾つか学習した。

1.変数名の先頭にアンダーバー「 _ 」が許される。

  ・・・この1文字でも変数名として正しい?


2.“関数”を変数に代入出来る。


3.文字列変数 sss が、例えば 'is EQ %.2f' の様な時、

  string.format( sss, 5.876 )



  sss:format( 5.876 )

は同じコト。


4.配列の添字は1から始まる。

  ・・・しかしながら、“ゼロ”や“負”でも使える。


5.string.byte(文字) → 数値
  string.char(数値) → 文字


6.二次元配列の定義法

  → 「Lua - Arrays


本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


151220
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク