GSL Shell 学習:特有な関数定義形式

2016-02-16 :  PCクリニック
GSL shell documentation」での学習。

改めて、
第1章「GSL Shell introduction
を見ると、
“Lua”関数の定義について、「GSL Shell」特有の定義形式が書いてある。


Lua 純正(?)の定義形式は、・・・・・
function  f(x)
return math.sin(x)/x
end
の様なもの。

これに対して、
GSL Shell 特有の形式は、・・・・・
f = |x|  math.sin(x)/x



更に先に進むと、
  Short Function Notation
段落に、
f = function(x)  return math.sin(x)/x  end
でも同等。
とある。


本日はここまで。


Lua ( GSL Shell ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


151230
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク