GSL Shell 学習:string.format の %q

2016-03-09 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
7、2、0、0、1、 0、0、0、0、0(40)で、換算ポイント 88pt 。
「化学業界」「硝子業界」「FM COCOLO」「e-radio」、
「グルコサミン」「Firefox」bg値変動のみ。
「Perl」「C言語」「Python」「FM青森」全く変化無し。
・-・ - -・

さて、本文。


あれこれ、“Lua”コードのサンプルを見ていたら、
“%q”なる書式制御文字(?)が目に入った。

これって、何?

探してみたら、
Lua Memo/string/format …… 文字列の書式化
に載っていた。

  string.format .. 文字列の書式化
  string.format ( formatstring, e1, e2, ... )

  書式文字列は標準C関数のprintfと同じ。

  未サポート:*、l、L、n、p、h

  追加:q

  q オプションは、Luaインタプリタで安全に読み戻せる
   適切な形式の文字列に書式化する。
  この時、文字列はダブルクォートの間に書かれ、
   文字列中のダブルクォート、改行、
  埋め込まれたゼロ、バックスラッシュは正しくエスケープされる。

  ・・・・・
  ・・・・・

と云うことは、“%s”の拡張?

一応納得。



ところで、このページは何???


Lua Memo」サイトの中にある。

  Lua Memo とは

  Lua 5.1 を中心にした、Lua のメモを記録するための Wiki です。
  一緒にメモしていきたいという方は、その旨こちらまでご連絡ください。
  あるいは、コメント欄に自由にメモしてください。

  標準ライブラリ
  ・string
  ・table
  ・io
  ・file
  ・math
  ・os
  ・debug

  拡張ライブラリ
  ・luacom
  ・alien

  ・・・・・
  ・・・・・

ここから、
string
に飛ぶと、

 ・format

が見つかる。


これも、一つの学習参考資料ですネ。


本日はここまで。


Lua ( GSL Shell ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


160211
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク