GSL Shell 学習:LuaJIT で IupLua は …

2016-03-15 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
7、2、0、0、1、 0、0、0、0、0(40)で、換算ポイント 88pt 。
「Perl」「C言語」「化学業界」「硝子業界」「グルコサミン」、
「Python」「Firefox」bg値変動のみ。
「FM COCOLO」「e-radio」「FM青森」全く変化無し。
・-・ - -・

さて、本文。

前(2016-03-13)の記事:「GSL Shell 学習:IUP - Portable User Interface
の最後で、
  ・・・・・
  ・・・・・
  でも、“IupLua”は分からない???
  もっと学習ダ。
  ・・・・・
  ・・・・・
と書いた。

で、あっちこっち探していたら、

[Iup-users] luajit
が見つかった。


質問は:

  I am using IUP with Lua without any problem.
  Can I use LuaJit (http://luajit.org) with IUP?

  According with http://luajit.org/install.html :
  "LuaJIT is API-compatible with Lua 5.1.
  If you've already embedded Lua into your application,
   you probably don't need to do anything to switch to LuaJIT,
   except link with a different library"

  But in this case, my program hangs in function iuplua_open(..).
  Do I need recompile IUP and link in with Luajit instead Lua?

===例の翻訳サイトの結果:

  IUP Lua と任意の問題もなく使っています。
  IUP の LuaJit (http://luajit.org) を使用できますか。

  Http://luajit.org/install.html によると:
   "LuaJIT は API と互換性のある Lua 5.1 で。
  アプリケーションに既に Lua を埋め込んだ、
   おそらく別のライブラリとのリンクを除く、
   LuaJIT に切り替えるには何もする必要はありません。

  しかし、この場合、私のプログラムは、
   関数 iuplua_open(..) でハングアップします。
  しないでください私必要と再コンパイル IUP Luajit で
   リンク代わりに Lua?

?????


その回答は:

  I have no idea. I never used LuaJIT.

  But IUP and IM have Lua files that are compiled with luac,
   converted with bin2c and loaded during run time.
  Maybe these files need to be rebuild using
   a luac "with LuaJIT" support (?).
  But I maybe saying something stupid here.
  Really have to take a look at LuaJIT to check that.

  If you can't figure out that you should ask in the Lua list
  if luac "with LuaJIT" generates files different than a normal luac.


で、更に続く回答は:

  LuaJIT doesn't support bytecode loading,
  so this won't work --- you'd have to load from source code instead.

つまり、

  LuaJIT はバイトコード読み込み、
  ので、これは動作しません---代わりにソース コードからロードする
  必要がありますをサポートしていません。

??? 余計分からない?


要は、

  LuaJIT はバイトコードの読み込みをサポートしていない。
  だから動かない。 --- 代わりにソースコードからロードする必要がある。


と云うことですネ。


IupLua は、LuaJIT では使えない

と判明した。

何とかすれば使えるのかも知れないが、
<紙>のレベルでは、ムリです。

前回のコードの様に、
“ffi.cdef”を使って“dll”内の関数を直接呼ぶコトにします。


更なる学習ダ。


本日はここまで。


Lua ( GSL Shell ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


160216
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク