GSL Shell 学習:Lua ドキュメント・サイト

2016-03-28 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
7、2、0、0、1、 0、0、0、0、0(40)で、換算ポイント 88pt 。
「化学業界」「硝子業界」「FM COCOLO」「e-radio」、
「グルコサミン」「Python」「Firefox」bg値変動のみ。
「Perl」「C言語」「FM青森」全く変化無し。
・-・ - -・

さて、本文。

“Lua”については、
今年初め(2016-01-02)の記事:「プログラミング言語 Lua
以来、学習を続けている。

ここで、これまでの記事等から、
文法書、他言語比較、学習参考書、等々をまとめてみた。
出来るだけ日本語のドキュメントを優先する。


先ずなんといっても文法書ですね。
Lua 5.2 リファレンスマニュアル

言語の概要を(15分程度で)学ぶには、
Learn Lua in 15 Minutes

本格的に学習するなら、
Programming in Lua (first edition)
  これ、フリーで提供されている。現在は第3版が出ている。これは有償。

他言語との比較には、やはり、
Programming Languages - Hyperpolyglot
  “Lua”は、“Perl”“Groovy”と並んで、「Scripting Languages II: 」に分類されている。

1月の(“ファイル入出力”に関する)記事:Lua 学習:tutorialspoint サイトで書いた、
tutorialspoint
  このサイトの中の「Tutorials Library」の中の「Programming」の中に
  各種言語が載っている。でもここには“C”や“R”はあるが、“Lua”は無い。
  “Lua”は、「Script」に分類されている。“Python”“Perl”とともに。



序でに、“Lua”の拡張系についてもまとめる。

“LuaJIT”で追加された“FFI”のドキュメントは、
・「The LuaJIT Project」の「Extensions

“GSL Shell”に関するドキュメントは、
・「GSL Shell Home - Savannah」の「GSL Shell User Manual



以下は、追加モジュールの個別のドキュメントになる。

大物(?)では、“OpenCV”でしょうか?
2月の記事:「GSL Shell 学習:OpenCV 使えそうダ?」でまとめている。


続いて、“GSL Shell”の基である GSL - GNU Scientific Library の、
GSL Reference Manual - HTML


その他は、単なる過去記事へのリンクだが、
time
IM ( An Imaging Toolkit )
StringIO
fun
LFS
IUP - Portable User Interface



本日はここまで。


Lua ( GSL Shell ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


160300
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク