NYAOS:Execメソッド使用

2016-08-30 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
7、2、0、0、1、 0、0、0、0、0(40)で、換算ポイント 88pt 。
「Firefox」5位アップ。「Perl」「化学業界」「硝子業界」「FM COCOLO」、
「e-radio」「グルコサミン」bg値変動。「C言語」「Python」「FM青森」変化無し。
・-・ - -・

さて、本文。

前(2016-08-28)の記事「マウス・カーソルの制御(2)」まで、

“メモ帳”の立ち上げは、

最初(2016-08-24)の記事「NYAOS で“メモ帳”操作」以来の、

WshShellオブジェクトの Run メソッドを使っていた。


しかし、(<紙>にとっては)より機能がある、
Exec メソッドを使う方が良さそう。


“Windows管理者のためのWindows Script Host入門:”の
第5回 WshShellオブジェクトの詳細(1)(2/4)」に、
違いの説明が載っている。

一番欲しいのは、“プロセスIDの取得”機能の有無。

つまり、

  2つ(以上)のプログラムを立ち上げて、
  対象を切り替えたい場合、
  対象の識別を“プロセスID”で行える。

ですネ。


前回記事のコード流で、2つの“メモ帳”立ち上げ、切り替える例:
----- test_Run_notepad_3.lua -----
a = nyaos.create_object( 'WScript.shell' )

b1 = a:Exec( 'notepad' )
os.execute( 'echo Wscript.Sleep 200 > %TEMP%\\s.vbs & cscript.exe %TEMP%\\s.vbs > nul' )
c1 = b1.ProcessID

b2 = a:Exec( 'notepad' )
os.execute( 'echo Wscript.Sleep 200 > %TEMP%\\s.vbs & cscript.exe %TEMP%\\s.vbs > nul' )
c2 = b2.ProcessID

a:AppActivate(c1)
a:SendKeys( 'hogehoge-1' )

os.execute( 'echo Wscript.Sleep 100 > %TEMP%\\s.vbs & cscript.exe %TEMP%\\s.vbs > nul' )

a:AppActivate(c2)
a:SendKeys( 'hogehoge-2' )
これで行けますネ。


本日はここまで。


NYAOS 学習は続く?


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


160730
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク